A Certain Trigger がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

A Certain Trigger Limited Edition, Import

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,616 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の マキシモ・パーク ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • A Certain Trigger
  • +
  • Our Earthly Pleasures
総額: ¥3,911
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/5/31)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: Limited Edition, Import
  • レーベル: Warp Records
  • ASIN: B00094OBX4
  • JAN: 0801061813024
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,052,297位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Signal And Sign
  2. Apply Some Pressure
  3. Graffiti
  4. Postcard Of A Painting
  5. Going Missing
  6. I Want You To Stay
  7. Limassol
  8. The Coast Is Always Changing
  9. The Night I Lost My Head
  10. Once, A Glimpse
  11. Now I'm All Over The Shop
  12. Acrobat
  13. Kiss You Better

ディスク:2

  1. Signal And Sign
  2. The Coast Is Always Changing
  3. Graffiti
  4. I Want You To Stay
  5. Limassol
  6. Once, A Glimpse
  7. Kiss You Better

商品の説明

商品の説明

MAXIMO PARK A Certain Trigger (2005 UK limited edition 2-disc set comprising of the 13-track CD album including the singles Apply Some Pressure and Graffiti plus a BONUS DISC featuring 7 tracks recorded live in Tokyo picture sleeveWARPCD130X)

Amazonレビュー

ロンドンのレーベル、ワープは、オウテカ、スクエアプッシャー、ボーズ・オブ・カナダなどのアーティストの主なCDをリリースしてきた、知的でやや厳格なエレクトロニカのパイオニアとしてのほうがよく知られている。しかし、ワープが新たにギター主体のサウンドに踏み出してみて発見したのは、感銘を与えることにかけてはそれも劣らないということ。それが、すでにブロードキャストという華やかなバンドを売り物にしていたワープが、数限られたロック・アーティストの登録リストにマキシモ・パークを加えたことで立証された事実だった。マキシモ・パークの音楽は、ザ・フューチャーヘッズやブロック・パーティーらポストパンクのコンテンポラリーにゆるくフィットする(なるほどと思われるのは、3つのバンドはいずれもプロデューサーをポール・エプワースが務めていることだ)。しかし、このクインテットはかき鳴らすギターにもしゃれたスーツにも異なる感性を持ちこんだ。まず、このバンドは北イングランドのニューキャッスル・アポン・タイン出身なのだが、『A Certain Trigger』のたくさんある楽しみのひとつとして、ヴォーカルのポール・スミスの訛りがめったにない温かみを歌に与えている。次に、マキシム・パークの音楽には、ぴったりの歌詞よりもぴったりのネクタイを探すほうに頭がいっぱいになっているほかのバンドには欠けていることが多い情緒的な響きがある。スミスの声には、思うままにかき鳴らし続けるバンドに乗って、生来の緊迫感と情熱が鼓動する。それが、そっけなく加速していく「Once a Glimpse」や激しい「Apply Some Pressure」のようなトラックでは、曲が終わった後も長く余韻を残している。(Elisabeth Vincentelli, Amazon.com)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
あのWarp(!)が送り出す、ニューキャッスル出身の新人ロックバンドです。
「最近の…」というか、多分に漏れずポストパンク/ニューウェイヴのリバイバル的。ポストパンク的なリズム感、コード感。80's的なシンセのダサ~いスペイシーさと、UKロックの歴史を凝縮したようなキャッチーかつロマンティックなメロディ。XTC譲りのヒネクレPOPな要素も見え隠れします。フューチャーへッズやデパーチャ-ズ、カイザーチーフ等などに似たような印象です。
最初聴いた時には瞬間最大風速的。面白いんだけども後に残らず、ス~っと過ぎ去って終わりかな…とか思いました。
が、しかし!そこかしこに「引っかかる」のです。
このテの音なのでどーしても後発的なイメージ、「またかよー」みたいのがあったのですが、(強いて言うなら、彼らはもう少しパンクっぽいノリも持っていますが)
何より曲が抜群に良いのです!全てにおいて高水準なんです。
今はこんな感じでも、色んなタイプ/音楽性の曲が書けそうです。将来的には(こんな例えはどうかとも思いますが・笑)blur級のポテンシャルをも秘めているような…さすがWarpです。
後で知ったのですが、ポールのキャラクターも特異で面白いですね。
例えばザ・レイクス(必聴!)などもそうですが、ここにきて他と一線を画す才能を持つバンドが出てきました。
彼らの今、そして未来を思うと興奮します。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
某音楽雑誌の付録CDに収録されていた
「Apply Some Pressuer」を聴いた時から
気になっていたMaximo Parkのデビュー・アルバムが
ついに発売!ということで、試聴もせずに即購入してしまいました。
それぐらい、このアルバムが素晴しい物であるっていう確信があった。

そして実際、このアルバムは素晴しい。
ちょっと奇妙なイントロから始まって
サビではハッピーな感じに、と曲の中で何度もガラッと
調子や雰囲気が変わるので聴いていてとても楽しい。
歌詞も独特でヒネリがきいています。
彼らの作る曲はどこかユーモラスでありながら、
パワフルで、鋭さもあり、その多面性に惹かれます。

そして彼らのパフォーマンス!GrafittyのPVを見ましたが
ヴォーカルであるポールのダイナミックな動き(と、髪型)に
目が釘付けでした。是非あれを生で見てみたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
90年の英国音楽シーンを席巻したブリット・ポップの熱狂を

彷彿させる勢い目覚ましい昨今のUKロック界において、最も

注目されているバンドのひとつ、Maximo Parkのデビュー作、

A Certain Trigger。Indie-pop王道の楽曲を軸にしながらも、

ひねくれたギター・リフと、ギリギリのところで陳腐にならずに

効果を添えたキーボードが全編に華を添えている。

“Apply Some Pressure”は、斬新な転調の妙技が光る、

躍動感溢れる渾身の一曲。現代ロックのセンスが際立つ

秀作である。“Postcard Of A Painting”はモータウンの

リズムにメロディアスな旋律を乗せたキャッチーなナンバー。

バンドの存在感には天性のオリジナリティというよりも、

むしろ日々磨きをかけて築いた後天的な才能を感じる。

"Going Missing”や“Once A Glimpse”の気取りのない

メロディ・ラインなど、奇抜さとは皆無だが、口ずさみやすい

親しみがある。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
どの曲もポップなメロディと捻りの効いた展開の連続でなかなか楽しめます。

(個人的には「THE COAST IS ALWAYS CHANGING」がお勧め、歌詞も良いです。)

ただし、他の方も書かれている様にアルバムを通して聴くと、なんだかみんな同じ様な曲に聴こえてきてダレてしまうのが惜しい。

次回作ではその辺のメリハリを期待します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー