CYCLE HIT 1997-2005 Spitz... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,355
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection

5つ星のうち 4.6 47件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,880
価格: ¥ 2,218 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 662 (23%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで5%OFF対象 1 件

在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の スピッツ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • J-POPのCDとまとめ買いで、スマホへ直接CD音楽が取込める「CDレコ」「DVDミレル」が5%OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection
  • +
  • CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
  • +
  • 醒めない(通常盤)
総額: ¥7,581
ポイントの合計: 324pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/3/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサルJ
  • 収録時間: 66 分
  • ASIN: B000E6FT3I
  • EAN: 4988005420169
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 1,151位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
5:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
3:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
4:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:37
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
5:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
4:43
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

2006年にデビュー15周年を迎えるスピッツ。初のメンバー公認年代別コンプリート・シングル・コレクションが、デビュー記念日に2枚同時リリース。この「1997-2005」盤では、1997年4月リリースの「夢じゃない」から2005年4月リリースのシングル「春の歌」までをリリース順に収録。大ヒット曲ばかりがずらりと並ぶ最強コレクション!

メディア掲載レビューほか

爽やかなポップチューンから大人し系ラブナンバーまで様々なスピッツが堪能できるナンバー集!1997年4月リリースの「夢じゃない」から2005年4月リリースの「春の歌」までを年代順に収録した初のメンバー公認コンプリート・シングル・コレクション。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
スピッツがデビュー15周年を迎えた記念すべき2006年3月25日、

メンバー公認のシングルコレクションアルバムが二枚同時リリースされました。

この15年にリリースしたシングルは30枚。

このCDは16作目の「夢じゃない」から

30作目の「春の歌」までがリリース順に収めたアルバムです。

リリース順に並べられていることで、

バンドの成長や変化が強く感じられます。

特に歌詞はどんどんわかりやすく、イメージしやすくなってきていると思います。

ジャケットには曲数と同じ15個のさまざまなダイヤルが!

これはおそらく「正夢」の歌詞に出てくる“ダイヤル”という言葉と関連させた演出だと思われます。

こういった小さなこだわりはとてもスピッツらしい♪

正直な話、スピッツが「ロビンソン」でブレイクした時期というのは、

ミリオンヒットが連発し、音楽業界がもっとも活気のあった時期でした。

あの頃に比べると今は本当にCDの売れない時代。

スピッツのシングルもあの頃に比べると随分と売れなくなってきました。
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 かつての僕のスピッツの聴き方というのは草野氏の「歌」に魅力を感じ、そこをのみひたすら聴いていた気がする。しかしあるときから=年代で言うと2000年くらいを境にスピッツのバンドとしての総合音にも魅力を感じるようになった。実際にアンサンブルも面白くなったし、ドラムベースギターボーカル、どの楽器に照準を合わせて聴いても楽しく聴ける。だから特にこのアルバムでいうと後半あたりの流れは相当愛着を感じる構成だと感じました。

 あとこれは提言なのですが日本一の「桜」ソングをいつか発表してもらいたいです。福山氏の「桜坂」にも森山の「桜」にもケツメイシにも負けない日本を代表する桜ソングを期待したい!スピッツならどんなロマンチックな桜ソングを歌うだろうって何度も思ったことがあるのでそれを提言してみます。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
暖かいジュウタンの上に、メカニックなネジ。男の子も、女の子も気に入りそうなそのデザイン。そして、ますます洗練された、草野マサムネの詩的ワールド・・。

何回見ても、何回聴いても、心に染み渡る。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
テレビ番組で使われたりして、まだ記憶に新しい曲もあれど『らしさ』は変わっていません。

曲調が最近のものになってもこれはスピッツなのだ。

それを再認識しました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lovin.K 投稿日 2006/3/8
形式: CD
デビュー前、スピッツという名の由来通りにパンクっぽい曲ばかりをやっていた彼らだが、とある日にブルーハーツというバンドのライブを目の当たりにして、その凄まじさにショックを受け、半年ほど活動を休止してしまう(その当時のスピッツの理想はブルーハーツに限りなく近いモノだったらしい)。そして後に、再活動するスピッツが手にした武器はアコースティックを主とした、いわゆる癒し系、変則的な音楽だった。

その武器を頼りに快進撃を続け、彼らはメジャーアーティストにまで登り詰めることができたのだが、「ハイ、それでお終い」といかないのがスピッツというバンド。

インディゴ地平線、フェイクファー、そして問題作のハヤブサをリリースし、その時に草野マサムネは「30を過ぎて、ようやくこういう音が出せるようになった」と語る。おそらく長い試行錯誤の末、自分達の理想が掴めてきたのだろう。

こちらのシングルコレクションではその試行錯誤具合がよくわかると思う。アマチュアの頃から彼らの目指していたモノ、それが少しづつではあるが形となっていく。決して色あせない、むしろ濃くなっているかのような感覚・・。少し前に草野マサムネが「どんなことをしてもスピッツという鎧に守られ、スピッツになるんだなぁと思った」という発言をしていた。だが自分はそうは思えない・・・、おそらく今のスピッツはいい意味でその鎧を脱ぎかけている気がするからだろう。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/3/26
形式: CD
夢じゃない〜春の歌まで、スピッツの進化を手にとって見れるようなアルバムです。

私は最近スピッツのアルバムを集めだしたのですが、まだ1995〜1998年あたりの曲しか知らなかったので、2000年以降の曲がとても新鮮に感じました。昔のスピッツのほうが好き、と言う人が周りに多いのですが…私はこの変化こそが、スピッツがまだまだ現役で進化し続けている証拠なんだなぁと思い、何だか感動してしまいました。だから、年代順に曲が並べられてる所もまた良いです。

私のようなスピッツ初心者には本当にオススメしたいです!
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック