CUTE がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,694
1pt
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

CUTE

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,000
価格: ¥ 2,693 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 307 (10%)
この商品の特別キャンペーン CDと楽器・オーディオ機器 まとめ買いで1,500円OFF 1 件

残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 2,693より 中古品の出品:1¥ 1,920より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の TOWA TEI ストア

ミュージック

TOWA TEIのアルバムの画像
TOWA TEIのAmazonアーティストストア
49 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • 【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • CUTE
  • +
  • META
  • +
  • 【Amazon.co.jp限定】EMO 【紙ジャケット仕様】 (特典CD-R付)
総額: ¥8,081
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2015/7/29)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: MACHBEAT.COM
  • 収録時間: 37 分
  • ASIN: B00XL01PQO
  • JAN: 4573159630214
  • その他のエディション: LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 12,190位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. FLUKE
  2. TOP NOTE
  3. LUV PANDEMIC
  4. NOTV
  5. HEAVEN
  6. SOUND OF MUSIC
  7. TRY AGAIN
  8. CUL DE SAC
  9. BARU SEPEDA
  10. CHAISE LONGUE

商品の説明

内容紹介

【トラックリスト】
01. FLUKE
02. TOP NOTE
03. LUV PANDEMIC
04. NOTV
05. HEAVEN
06. SOUND OF MUSIC
07. TRY AGAIN
08. CUL DE SAC
09. BARU SEPEDA
10. CHAISE LONGUE

参加アーティスト:細野晴臣、METAFIVE、Atom™ 、NOKKO、UA、水原佑果 ほか
ジャケットデザイン:五木田智央

CUTE TOWA TEIからラブパンMV完成!
CAVIAR製作、水原佑果高橋幸宏細野晴臣小山田圭吾¬LEO今井とのテイ・トウワ流グループサウンズで夏を乗りケロ!


アーティストプロフィール (2015年5月29日現在)
TOWA TEI / テイ・トウワ
94年『Future Listening!』でソロ・デビュー。その後、98年『SOUND MUSEUM』、99年『SWEETS ROBOT AGAINST THE MACHINE』、
99年『LAST CENTURY MODERN』をリリース。
2002年にはSWEETS ROBOT AGAINST THE MACHINE 名義で『TOWA TEI』をリリース。
軽井沢への移転を機に創作活動は更に活発化し、05年『FLASH』、09年『BIG FUN』
11年『SUNNY』13年『LUCKY』とコンスタントに作品をリリースする。オリジナル作品以外でも楽曲制作、プロデュース等数多く手がけ、07年に松本人志監督の映画『大日本人』のサウンドトラックを担当。
また、音楽制作の傍らで作り続けたアートコラージュ作品を集めた展覧会 『ecollage』展を 12年に東京と京都で開催。
ソロ活動20周年となる14年は『94-14 REMIX』『94-14COVERS』
『94-14』を20周年企画として、リマスタリング3部作リリース。2015年、7月29日、ニュー・アルバム『CUTE』発売。

メディア掲載レビューほか

音楽が一番キュート。『LUCKY』(2013年作)に続く、テイ・トウワ通算8枚目のアルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1曲目FLUKEを聴いて、(あっ、FLASH以降のテイさんのアルバムと何か違う!)と思い、

2曲目TOP NOTEでテイさんのセンスにノックアウトされ、3曲目LUV PANDEMICで完全にトリコになりました。

6曲目SOUND OF MUSICで、Technovaを最初に聞いたときのような圧倒的なスケール感に涙が出てしまいました。

そして10曲目CHAISE LONGUEでまたしてもノックアウト!未だに進化しつづけています。

個人的には、1stの様な圧倒的なスケールを見せながら、どこか都会的であった2ndのアルバムとしてのまとまり、

そして00年代以降のテイさんが追い求めてきた音の結晶化のアルバムとして、傑作だと感じています!

CDに入ってたシールもおしゃれで、iPod touchの裏に貼っちゃいました笑
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mikari 投稿日 2015/12/30
形式: CD
造形的とすら言える音楽表現の素晴らしさが存分に感じられて、聴いていて楽しいです。

アルバム中の1曲「Sound of Music with UA」で言うと、まず素敵なのはシンセの音。
この曲は無機質なクリック的リズムから始まりますが、
意表をつくように突然、美しいシンセの音が空間に広がります。
存在感はありつつも柔らかな音色や響きとメロディーが堪らなく気持ち良いのです。

また、男性ヴォーカルと交互にUAのヴォーカルが入るところも素敵です。
荒々しい男性ヴォーカルと対照的に、UAのヴォーカルが女性的な柔らかさに溢れています。
その歌詞もどこか愛らしいです。

この曲を聴き、音楽に対して新鮮な刺激を久々に感じました。
シンセの音が心にストンとはまる、そんな感覚でした。

硬いリズムの音、柔らかいシンセの音、
荒々しい男性の声、柔らかな女性の声、
金属が散りながら空間に溶け込んでいくさま、
これらが、あたかも肌ざわりのような生々しい立体感、温度感、躍動感を持って響きます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ソロ活動20周年の節目となった2014年に、集大成アルバム3枚をリリースしたTOWA TEIが、「LUCKY (2013年)」に続くオリジナル・アルバム「CUTE」を届けてくれました。
前作と聴き比べると、地に足がついているというか、落ち着いたサウンドに仕上がっていると思います。
トータル37分ちょっとと短めですが、未来派サウンドに包まれた過不足のない出来栄えは流石。
冒頭の「FLUKE(まぐれ)」から、音があたかも立体的な形状を伴い、スピーカーから飛び出してくるようで、その生々しい音塊にビックリ。
続く「TOP NOTE」も未来志向のサウンドで、SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINEの頃を思い出させます。
3曲目「LUV PANDEMIC」は、高橋幸宏、細野晴臣、小山田圭吾など豪華メンバーがヴォーカルで参加。TOWA TEIらしいキャッチーでウキウキするような、正にキラー・チューン。細野さんは、スタジオに遊びに来ました感があり、この曲を更に楽しく彩っています。
4曲目「NOTV(ニュース・オン・テレビジョン)」は、1人YMOか、はたまたビートを強調したKraftwerkのイメージがあります。テクノの魅力あふれる曲。
5曲目「HEAVEN(天国)」は、幸宏さんが命名したというバンドBE
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
テイトウワは変な路線に舵切ることなくブレない。いつも変わらずキャッチーで素晴らしいよ!
サウンド的にはMETAFIVEの影響が若干出てるのか、本作はよりテクノにミニマル的要素が強く出てる気がする。
メロディー的にはかつてなく強い出来栄えで、音的には聴いたことない変な実験的な音が散りばめられてるし、かなり力作。
幸宏(今やここだけのテクノヴォーカル)、細野さん(一言だけなのに圧倒的な存在感)、UA(特筆もの!唯一無二)、
家入レオ(昔のサンセッツの久保田真筝みたい)等ゲストの配置も今回も絶妙だね!ほんと絶妙。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す