通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
CSS3&jQueryで作る スマートフォンサイト... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

CSS3&jQueryで作る スマートフォンサイトUI図鑑 (WEB PROFESSIONAL) 大型本 – 2015/2/20

5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 1,612

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • CSS3&jQueryで作る スマートフォンサイトUI図鑑 (WEB PROFESSIONAL)
  • +
  • 現場のプロが教えるHTML+CSSコーディングの最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール4
  • +
  • HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる)
総額: ¥8,316
ポイントの合計: 459pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

何度もコピペして使いたい定番43パーツを厳選。
スマホサイトのUIの名前と使い方、ソースコードをまとめました。

「コーチマークってどんなUI?」「タイムラインってどうやって作るの?」
本書は、スマートフォンサイトの制作で欠かせないUIパーツの「名前がわからない」「使い方がわからない」「作り方がわからない」を解決する本です。

定番の43パーツを体系化して収録。豊富なビジュアルを使ってUIパーツの構成要素や挙動を解説、実際に使われているサイトやアプリの事例をまとめました。
さらに、HTML/CSS3、jQueryで実装する方法と、コピー&ペーストで使えるソースコードも紹介しています。

UIをデザインするデザイナーはもちろん、企画や仕様策定に関わるディレクター、実装を担当するマークアップエンジニアにも役立つ図鑑。
スマートフォンサイトやWebサービスの制作にぜひご活用ください。


■おすすめポイント
・「わかる」「選べる」だけじゃない! すぐに「作れる」UIブック
・商用利用OK! コピペで使えるサンプルファイル43本を提供
・スマホ、タブレットでも本書が読める! 「まるごと1冊PDF」を提供

著者について

■礒田 優(いそだ・ゆう)
1993年生まれ。Webデザイン系の専門学校を卒業した後、2014年3月から株式会社まぼろしにフロントエンドエンジニアとして入社。マークアップ、JavaScript実装をメインにWebサイト・Webアプリ制作の業務を行なう。

■久保知己(くぼ・ともき)
1985年生まれ。専門学校でグラフィックデザインを学んだ後、デザイナーとして制作会社に入社。その後、2014年に株式会社まぼろしのマークアップエンジニアとして入社する。個人の活動では、ブログ「KOJIKA17」(http://kojika17.com/)の運営や執筆、登壇などを行なっている。著書に『プロとして恥ずかしくない 新・WEBデザインの大原則』『現場のプロが教えるWeb制作の最新常識』(いずれも共著、MdN刊)などがある。

■近藤直人(こんどう・なおと)
1990年生まれ。2011年からSEO会社でWeb制作を学び、2014年にフロントエンドエンジニアとして株式会社まぼろしに入社。個人の活動として「isee」(http://isee-web.net/)というブログを運営。

■早川 稔(はやかわ・みのる)
HTML/XHTMLのマークアップ、CSSの設計、JavaScript/jQueryを用いたフロントエンド実装を行なう。開発会社、フリーランスを経て、2011年よりビジネス・アーキテクツに入社。同社を退社後、2013年に株式会社まぼろしのフロントエンドエンジニアとして入社。著書に『CSS3でつくるスマートフォンサイトデザイン』(共著、ソシム刊)がある。

■宮田優希(みやた・ゆうき)
1986年生まれ。システム開発会社を退社後、専門学校、アルバイト等を経て、2014年よりWebデザイナーとして株式会社まぼろしに入社。サイトデザイン、HTML/XHTMLのマークアップ、CSSの設計等を行なう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 192ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048690132
  • ISBN-13: 978-4048690133
  • 発売日: 2015/2/20
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 21 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 321,610位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
最後までページをめくり終えた後の感想は、「買わなきゃ良かった」。
『図鑑』と名乗るほどUIを網羅しておらず、ネット上に溢れるWeb制作系ブログで十分という印象が残る。

書籍サイズはタイトルの通り、大型本を一回り大きくしたもので、文字や画像が大きく見やすい。
しかし、妙に凝ったページデザインが鼻につく。

見出しの下線にテクスチャが入っていたり、ドロップシャドウを付箋風にしていたりと、頑張るところはそこじゃない。
見た目をカッコ良くすることが目的化していて、UIの意味を瞬時に理解できないこともしばしば。

あと、jQueryのバージョンくらいは書いておくべき。
掲載しているUIは .click() メソッドを多用しているのでさほど問題ではないが、これが .on() メソッドだと、1.7.0 からしか使えない。
その場合、初心者はそこでつまづいてヤル気をなくすだろう。

IT系の参考書を有料で出版するのはどういうことか、もう一度きちんと整理してから、出版し直した方が良いのでは?
何というか、もうちょい頑張れ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この手の本は、広い範囲について書いてあるので、深く知りたい人には向かないかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
スマホのいろんなUIが載っている本ということで購入しました。

本を見てまずすばらしいと思ったのは目次です。普通は文字で名前が書いてあるところに、この本の場合はUIのサムネイルが並んでいます。
そうそう、文字でUIの名前を書かれてもそもそも名前がわからないと探せないんですよね。これはありがたい。

中身の方は、 よく見かけるUIを1つずつ、名前と説明、使い方の事例、作り方を紹介しています。図鑑とあるので、どちらかというとカタログ的な感じなのかなと思っていたんですが、作り方もちゃんと載っているのはいいですね。
サンプルはダウンロードもできるので、すぐにそのままコピペして仕事で使えそうです。

本のデザインもおしゃれでかわいくきちんとデザインされていて、眺めているだけでもわくわく楽しめました。

1点、惜しむらくはボリュームでしょうか。もうちょっと全体の数が多ければもっとよかったですが、、、続編に期待します。

最近、ようやく(いまさら?)スマホの仕事がメインになってきたのですが、これから手放せない1冊になりそうです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 montaro 投稿日 2016/10/7
形式: Kindle版
自分のレベルだとあまり為にならなかったです。
本の内容も薄くブログでよくない?と思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告