Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,000
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[横木安良夫]のCRP W あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975  JAPANES EDITION CRP-W
Kindle App Ad

CRP W あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 JAPANES EDITION CRP-W Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/2/12
"もう一度試してください。"
¥ 1,000

紙の本の長さ: 349ページ

商品の説明

内容紹介

CRP W JAPAN あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 Japanes Edition
横木安良夫 よこぎあらお

CRPホワイトバージョンは、ページ数価格など自由なバージョンです。

これは2006年アスコムより出版された、
写真集「あの日の彼 あの日の彼女1967-1975」の完全デジタル版です。
この写真は僕が日大芸術学部写真学科に入学した18歳から篠山紀信氏の
アシスタント経てフリーになった1975年26歳までの個人的な写真です。
時代は世界中でスチューデントパワーが吹き荒れ、神田カルチェラタン、
10.21新宿騒乱、東大安田講堂などが写っています。
最初のページから海外のような写真が続きましが、
横田基地のある福生での撮影です。
僕が生まれ育った千葉県市川市の風景、房総、湘南、神奈川、
静岡、軽井沢、新宿、江古田、原宿、青山、銀座など
当時僕が動き回った場所が多く撮影されています。これらの写真は目的はなく、
僕が身の回りから惹かれたもの、そして友人たちを撮っています。

僕は何も見ていなかった。
だからこれは僕の見た、あの日の記録なんかじゃない。
これは僕が吸った空気、あの日の一日、若く生きた気分の記録。
あの頃がよかったなんて、懐かしんでいるんじゃない。
誰にでも一度はある若い時代、世界と遭遇して、感じ、掠めとった寓話。
昭和42年の春の一日から始まった18歳、そして26歳まで、
僕は夢中になってシャッターを切った。

後半、オリジナル写真集とでは小説家の角田光代さんに、
短い小説「あの日の彼 あの日の彼女」を書いてもらっています。
デジタル版も許可を得て再録しています。
角田さんはこの写真集のはじまる1967年に誕生しています。
この写真の時代に同じ空気をすっていたことから、
当初は推薦文を書いてもらうつもりでしたが、
あったとたん小説を書いてくださいとお願いしてしまいました。

角田さんの小説のあと、写真集ではページごとに、年号と場所を記録してありますが、デジタル版にあたって写真一枚一枚にキャプションを新たにつけました。

この写真集は、日本版です。英語版を現在製作中です。角田さんの小説を英訳しています。
そちらも出版できたらお知らせします。

すでにこの本のテスト版をお買いになった方は、
Amazon 0120-999-373(24時間対応)ヘ電話して、
最新版、Kindle Book CRP「あの日の彼 あの日の彼女 1967-1975 」
ダウンロードしてください。 

モノクロ 349p 写真323点

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 82854 KB
  • 紙の本の長さ: 349 ページ
  • 出版社: PHOTO CAMP (2016/2/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BQ8BYW2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 61,157位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
あの頃の空気に溢れた写真は観ているとワクワクしてくる。
もっと時代の空気を胸いっぱい吸っておけばよかったと切なくなる。
そしてこんな風に写真を撮ってみたいと強く思う。
それは自分には無理なこととわかっていても。

できることなら大きなモニターで観ることをお勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
プリントに近い質感は書籍の方が勝っている。
紙面の都合や出版時期の都合であろう、電子版には各作品の撮影年と場所、コメントがある。これが面白さを引き立てる。
記録写真でもあるが写真が持つ文化、芸術的な側面も兼ね備えている。
当時を生きた者には懐かしく感じられ、生まれていない世代の者には昭和後期が新鮮に映ることだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover