Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 250
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[タカギトオル]のCRP JAPAN NADA-OJIKOEN I'm home: I m home

CRP JAPAN NADA-OJIKOEN I'm home: I m home Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/12/26
¥ 250

商品の説明

内容紹介

Two and a half years have passed since I started living near “Ohji-Koen” station which was once called “Nishinada”. This is the second station when you take the Hanky train from “Kobe Sannomiya” toward “Osaka”.
In this narrow land, having the mountain in the north and the sea in the south, three train lines run parallel. This is the place where these train lines, Hankyu, JR, and Hanshin from the mountain side, get the closest each other.
Because the access is easier to my workplace in Osaka, I usually take the JR train. It takes 10 minutes from my home to JR “Nada” station and I walk there morning and night.
Compared to the other area, around the next station or along the Hanshin line where many houses had destroyed in the Great Hanshin Earthquake, the damage has been relatively small here in this area. However, you can see some houses partly cracked and damaged on the wall when you walk to the station.
Apartments and old houses, which still remain but their lives as a house to live in has already finished, will probably be demolished someday. Actually some of the buildings in this book have already lost in this two and a half years.
I watch those buildings which lost the purpose of being ”home” and shoot photographs of them once in a while when I walk along this street.
I leave home in the morning and come back at night every day like that way.
This is where I come back.
I'm home.

神戸三ノ宮から阪急電車に乗って大阪方面に向かって2駅め、
かつて「西灘」という駅名だった「王子公園」駅の近くに住み始めてから2年半が過ぎた。
南北を山と海にはさまれた狭い土地を山側から順に阪急電車、JR、阪神電車が平行して走る阪神間にあって
各路線が最も近づいて敷設されているところだ。
降車後の便利が良いので大阪にある仕事場への行き帰りにはJRを利用していて、至近の「灘」駅まで朝夜10数分歩く。
阪神大震災で多くの家屋が倒壊した隣駅周辺や阪神電車沿線と比べて、このあたりは比較的被害が少なく、
それでも一部損壊や壁にいくつものひび割れをこしらえた家屋が、駅までの道には今も残っている。
建ってはいるが人が住めなくなったアパートや古い家屋は、そのうちに取り壊されていくのだろうし、
ここに写るいくつかの建物も2年半の間にすでになくなってしまったものもある。
「人が住む」という目的をなくした建物をぼんやりと眺めたり、ときに写真に撮ったりしながら、
私は今日も変わることなく夜には家路につき、朝になればまた駅へと向かう。ただいま。わたしの住処。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7607 KB
  • 紙の本の長さ: 40 ページ
  • 出版社: PHOTO CAMP (2015/12/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019UQDHZO
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 191,548位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年3月17日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年2月3日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク