通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
CONTENT'S FUTURE ポストYouTu... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X) 単行本(ソフトカバー) – 2007/8/2

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現場から大激論!このままではコンテンツ亡国だ!
さまざまな業界の第一線で活躍する9人の至言を収録

2007年、日本のデジタルコンテンツをめぐる状況は「コンテンツ立国」の
かけ声むなしく、著作利権者と違法アップローダがいたちごっこに明け暮れ、
放送業界と通信業界の融合の夢も遠く、漁夫の利のように
YouTubeだけがひとり勝ちしていく。

コンテンツ産業も知的財産保護もそれを生み出すクリエーターがいてこそなのに、
その肝心が見失われているのでは? このままでは
「コンテンツ亡国」への道まっしぐら……。

そう危惧する新進気鋭のジャーナリスト2人が、テレビ、ラジオ、音楽、
ネットとさまざまなジャンルの第一線でコンテンツと向き合ってきた9人と
本音トーク。日本のクリエイティビティはいまどこへ向かおうとしているのか、
いや向かうべきなのか。激論のすべてを大収録です。

【本書に登場する9人(敬称略)】
土屋 敏男(第2日本テレビ エグゼクティブ・ディレクター)
草場 大輔(東京MXテレビ 報道制作局ディレクター)
椎名 和夫(音楽家、実演家著作隣接権センター運営委員)
遠藤 靖幸(価格.com マーケティング部)
江渡 浩一郎(産業技術総合研究所 研究員)
西谷 清(SONY ビデオ事業本部長)
長谷川 裕(TBSラジオ「Life」プロデューサー)
中村 伊知哉(国際IT財団 専務理事)
松岡 正剛(編集工学研究所)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小寺/信良
AV機器テクニカルライター。コラムニスト。1963年宮崎県生まれ。テレビ映像の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、94年にフリーランスとして独立。以降映像・音楽を軸に、AV機器からパソコン、放送機器まで、幅広く執筆活動を行う

津田/大介
IT・音楽ジャーナリスト。1973年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。コンテンツビジネス周辺や著作権、IT・ネットサービスやネットカルチャーをフィールドに、新聞、雑誌など多数の媒体に原稿を執筆。2002年よりコンテンツ配信関連の情報を扱うブログ「音楽配信メモ」を運営。2006年より文部科学省文化審議会著作権分科会私的録音録画小委員会専門委員。2007年より文部科学省文化審議会著作権分科会過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会専門委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2007/8/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798114014
  • ISBN-13: 978-4798114019
  • 発売日: 2007/8/2
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 964,871位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
身も蓋もない言い方をすれば、売れるか売れないか、予算がつくかつかないかがコンテンツの優劣を決している。
市場主義の透徹した世の中だから、文化的価値なんてなかなか言っていられないのは、しょうがないことだ。
そのことを重々わかっていて求められる結果を出しつつも、でもそれだけじゃなくて未来を構想してやろうというギャンブラたちが本書のインタビュイたちである。

コンテンツは確かに商品だけど感動を扱うものでもあり、どれがあたるかは不確定。
そんなヒリヒリした感じと、コンテンツに向き合う真摯さが伝わってくるからこそ、各人の言葉に説得力があり、魅力となっている。

コンテンツビジネスは問題が山積だけど、解決の糸口は示されている。
私たちは製作の現場にすぐさま立てるのだし、コンテンツを消費するだけじゃなく、コンテンツの作り手の心意気も込みで消費することで、ちょっとした支持を表明できる。

何ができないか、ではなくて何ができそうか、を示してくれる良書。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 quantum 投稿日 2007/8/15
形式: 単行本(ソフトカバー)
レビューの書き方によって、レビュアーの知能レベルを見透かされるような気がするから、あまり込み入ったことは書かないでおきます。

コンテンツと著作権の将来について
これほどまでに冷静な視座が存在することに驚き。

そして、メディアに関するさまざまな立場の人が、それぞれの立場のなかでぎりぎりの論戦を繰り広げている。
そうした複雑さを見据えて逃げないこと、それがこの本の存在意義を高めているのではないかと考えます。

メディアってどこに行くんだろう?ということ考える人にとって、必読書じゃないでしょうか?

あと、テレビに携わる人はバカじゃないんだけど、
テレビって基本的に一生懸命見るメディアじゃないんだって
始めて知ったかもしれません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
登場する9人のチョイスが秀逸で
ネット時代の新しい論点が多数網羅されている。
触発された!買って良かった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック