COBALT HOUR がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

COBALT HOUR

5つ星のうち 4.9 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,109 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 462 (18%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,109より 中古品の出品:5¥ 1,125より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • COBALT HOUR
  • +
  • MISSLIM
  • +
  • ひこうき雲
総額: ¥6,699
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/4/26)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B00005GMFO
  • JAN: 4988006166332
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,671位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. COBALT HOUR
  2. 卒業写真
  3. 花紀行
  4. 何もきかないで
  5. ルージュの伝言
  6. 航海日誌
  7. CHINESE SOUP
  8. 少しだけ片想い
  9. 雨のステイション
  10. アフリカへ行きたい

商品の説明

商品の説明

1975年発表のアルバムをリマスタリングして再発売。「卒業写真」「チャイニーズ・スープ」他、全10曲を収録。 (C)RS

メディア掲載レビューほか

1975年発表のアルバムをリマスタリングして再発売。「卒業写真」「チャイニーズ・スープ」他、全10曲を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 コージ 投稿日 2016/6/10
形式: CD Amazonで購入
昔を思い出します。素晴らしい!ゆったりとした時間を過ごせます。曲順がいいです。ユーミンの集大成だと思います。そしてこのジャケットの絵が素晴らしい!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
このCDは、LPレコードを持っていますがもう聞けないと思っていました。非常に懐かしく聞けてます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
荒井由美の時のユーミンが好きですね、このアルバムの曲はどれも良いのですが、私が好きなのは、何もきかないで、ですね、この曲を聴きたいがため購入しました、バックのアーティストも一流の方ばかりです!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2007/7/16
形式: CD Amazonで購入
僕はこの後ユーミンのレコードを買わなくなってしまった。3枚目まで買ったわけですね。今から考えると壮大なユーミンワールドのほんのイントロで手を引いてしまったのですが。意外と回りには同じような連中がかなりいる。いわば「谷町」的感覚でひいきにしていた若手が一本立ちして羽ばたいていった・・という気分です。これを聞いたときはいい感性してるって正直思ったものです。
一言でいえばアメリカンポップスの魅力というのか、キャロル・キングとゲリー・ゴフィン、それにフィル・スペクターのころの曲のリズムと節回しとユーミンの持っている独自の感性が実にうまく合わさった1枚だと思っている。「えっこんなんが作れんか?」と思いました。それと歌詞もまだプロとしての曲つくり屋さんよりアマチュア時代からの「こんな曲作ってみたい」感がまだまだ詰まっている感じが僕にはしててすごく親しみが持てた記憶がありますね。
本当に今でもよく聞きます。ベストよりこれだと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 20代の頃に良くユーミンの曲を聴いていました。
何枚かユーミンのCDを持ってるんですが、持っていない曲が
入っていたので購入しました。

何時聴いても、良いなと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
荒井由実がどんだけ天才なのかは、このアルバムを聴けばよくわかります。
プロペラの音であっという間に引き込まれると、あとはユーミンファンタジーに浸ったまま極上の音楽体験。
あの効果音は調布飛行場のでしょう。

ティンパンの演奏は言わずもがなの超一流です。ぼくが好きなのはベースライン。
細野晴臣の美意識というか、ポップスに対する考え方のような気がします。ベースを聴いているとうっとり。
主旋律を聴きながらぜひベースも気にしてください。
荒井由実時代の4枚のうち、このアルバムは最も演奏が尖ってると思います。
コーラスは山下達郎・吉田美奈子・大貫妙子だもんね。贅沢。

「卒業写真」「雨のステイション」「コバルト・アワー」「ルージュの伝言」「航海日誌」
いずれも後世に残る品質の名作です。75年の発売ですからすでに40年経過してますが、色あせない。
メロディのカンブリア紀、ビートルズを消化吸収した世代が放つ名曲が連なる70年代後半から80年代前半の端緒を開いた名アルバムと言ってよいと断言します。日本の戦後世代が生んだ天才荒井由実。レコード会社に主導されていないアルバムとして、ここまでのものが出来たとは驚愕です。
本当の意味で国宝と言えるでしょう。文化勲章いっちゃえ。<
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
いいですよコバルトアワー

すきです、良かったこのアルバム

当時の思い出が蘇えりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 卒業式の歌としてスタンダードナンバーになった「卒業写真」や代表曲のひとつ「ルージュの伝言」が収録された名作中の名作。

 タイトル曲の『COBALT HOUR』は、まだ荒井由実の頃、ユーミンが六本木などで遊び歩き、八王子方面に帰ってきた夜明け(朝焼け)の色からヒントを得て書かれた曲とか。
 そうしたタイトルセンスもさることながら、未来・過去・現在をゆるやかな曲、シンプルな歌詞でも自在に行き来する、天才的な歌詞のクオリティーに驚かされます。

 隠れた名曲として、ユーミンファンの間で人気なのが『花紀行』。ユーミンの好きな金沢・浅野川の桜並木のことを歌っています。「中間色」長く余韻を引くコード進行に加え、「薄紅がなんて優しいの拾い集める人もいないのに」という一節のように、芸大出身だからこそ表現できる、「絵画的」で「映画的」なストーリー性にも注目★

 リリースから36年くらいも経つのに、まったくそのきらきらした、夢のような時間は『COBALT HOUR』を聴くたびによみがえるはず。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す