中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

CLAYMORE 11 (ジャンプコミックス) コミックス – 2006/11/2

5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

獅子王リガルドの獰猛なる爪が、クレアら覚醒者討伐隊の命を次々と奪っていく!! 同じ頃、ピエタに全勢力を注ぎ込んだ三強覚醒者の一人・イースレイは元ナンバー2・プリシラとラキを伴い移動を続けていた…。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088742818
  • ISBN-13: 978-4088742816
  • 発売日: 2006/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
他の方も仰っていますが、この漫画の良さは無駄の無さだと思います。

某漫画だと戦闘シーンでギャグを入れたり、やたらと長く対決を引き伸ばしたり、何の根拠も無く新必殺技が出たりするのに、それがありません。

そして登場するキャラクターは常に死に直面しているということを、読者も意識せざるを得ない展開。

シリアスな展開だからこそ、ほんの1コマ2コマの息抜きシーンがより映えていると思います。

友情だの熱血だの仲間がどうのと声高に歌うことはないので派手さはないかもしれませんが、だからと言って無味乾燥な話ではありません。

絵には好き嫌いが出るかもしれませんが、それさえクリアするならば、ぜひたくさんの人に読んでもらいたい作品です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
クレア達を遥かに凌ぐ実力を持つ強敵獅子王リガルドの参戦により、傷つき倒れていった仲間達の敵を討つために、自らの限界を超えて、全身ボロボロになり、体も次第に人としての形を崩し、異形の存在に近づきながらも、リガルドに向かっていくクレアの姿が、痛々しくて切なくて、涙無しには見られないエピソードです。

戦い続けるたびに、いつ自分も覚醒して、異形の怪物と成り果ててしまい、人としての肉体だけでなく心までも奪われてしまうという爆弾を抱えているクレア・・・。

八木先生の描かれた表紙カラーイラストのクレアが、強敵に対峙する勇ましい表情の中にも、哀しみや憂いを含んだ目をしているようにも見えて、美しく切ない印象を受けました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
死んだ仲間の敵を討つべく、リガルドへ切りかかるクレア。圧倒的な力の差の前に、クレアは四肢を完全覚醒させて立ち向かう。もうクレアの一撃が決まった時の心地よさといったら・・・溜飲が下がるとはこのことだと思いました。しかしクレアの体にも限界が・・・人としての意識を持ったまま命を絶とうとするクレア。そんな彼女の前に進み出たのは・・・。ここは悲しいシーンです。実際に読んで見てください。そして北の地から、全てのクレイモアの妖気が消え去る。彼女たちの生死は一体!?後半は組織の下卑た一面や「深淵の者」同士の戦いが見られます。もう続きが待ちきれないクレイモア。今後にますます期待です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
八木教広氏によるCLAYMORE第11巻。
月刊少年ジャンプ2006年4月号~2006年9月号掲載分収録。

獅子王リガルドに追い詰められたクレア達。
ミリアだけは殺させないと奮闘するものの歯が立たない。
思うと獅子王リガルドはリーダー格以外は殺害しなかった故に
死ぬことになった気もする。

クレアが奮戦の末、四肢を覚醒化させることで獅子王リガルドを倒す。
元に戻れそうにないと仲間に首をはねることを依頼するも
No9ジーンが命をかけて元に戻すことに協力してくれた。
残り6人になったクレア達。
その灯火も消えた・・・

南に向かった覚醒者達をNO1アリシア、NO2ベスによる攻撃で撃破
アリシアはベスと双子で覚醒し闘うことが可能という
トンデモ設定。覚醒者、深淵の者を倒す為の組織の切り札という訳か。
イースレイは南のルシエラとの闘いに挑むが・・
かつてもアリシア、ベス達と似た実験を姉妹で行い組織が壊滅しかけた。
その時の覚醒したのが南のルシエラ、
生き残ったのがNO5ラファエラだった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻では今まで姿を見せなかった南の覚醒者や組織のNo.1,2のアリシアとメグの姿が見れます。

もっと後にとっておくと思ったんですけど,やりますね作者さん!

そして相変わらずストーリーの展開の速さは素晴らしい!

いつもながら気になる所で終わりなので,せっかく新刊が出たというのに続きが待ち遠しいです!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 この作品は、集英社が発行した『月刊少年
ジャンプ』で連載され、現在『ジャンプ SQ.
(スクエア)』で連載されているダークファ
ンタジーの第11巻です。独特の世界観を持
ち、展開されていくストーリ−が面白い作品
です。
 11巻の特徴は、ピエタでの死闘の話がメ
インとなっています。獅子王リガルドの圧倒
的な力の前に、クレアがとった行動とは…!?
 また、後半では、謎に包まれていた組織の
ナンバー1と2のアリシアとベスの実力が分
かります。そして、深淵の者同士の戦闘が開
始されます。この巻のバトルシーンはとても
迫力があり、面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告