現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

CFD販売 SSD M.2 接続 NVMe PG2VN シリーズ 512GB CSSD-M2B05GPG2VN

5つ星のうち4.5 25個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.
容量: 512GB
512GB
この選択に基づいて他のオプションを更新しました

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • Phison製ハイエンドコントローラ E12と3D TLC(BiCS3)を採用
  • Sequential / Random の読み書き性能は業界最速クラスの処理性能
  • Intelligent Thermal Throttling controllerを搭載で最適な温度管理をSSDのコントローラで実行
  • 記録容量:512GB
もっと見る
SSD買い方ガイド
パソコンの起動・動作が重いなどのお悩みを解消!内蔵SSDガイドはこちら "SSDガイド"はこちら

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

容量:512GB

詳細情報

登録情報

商品の説明

容量:512GB

【フォームファクター】M.2 2280
【容量】512 GB
【インターフェース】PCI Express 3.0 (x4)
【プロトコル】NVM Express 1.3
【コントローラーチップ】Phison E12 (PS5012)
【Sequential Read (Max)】3400 MB/s
【Sequential Write (Max)】2000 MB/s
【Random Read (Max)】357K IOPS
【Random Write (Max)】445K IOPS
【TBW】800
【MTBF】180万 時間
【保証期間】5年
【ヒートシンク】有

類似商品と比較する


CFD販売 SSD M.2 接続 NVMe PG2VN シリーズ 512GB CSSD-M2B05GPG2VN
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵SSD 500GB WD Blue SN550 (読取り最大 2,400MB/秒) NVMe WDS500G2B0C-EC 【国内正規代理店品】
Crucial SSD P5シリーズ 500GB M.2 NVMe接続 CT500P5SSD8JP 5年保証 国内正規代理店品
CFD販売 PG3VNFシリーズ 500GB (読取り最大 5,000MB/秒) 【PlayStation5 動作確認済】M.2 2280 (NVMe) 接続 PCIe Gen4x4 内蔵 SSD 5年保証 CSSD-M2B5GPG3VNF
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵SSD 500GB WD Blue PC M.2-2280 SATA WDS500G2B0B-EC 【国内正規代理店品】
Team M.2 2280 NVMe SSD 1TB PCIe Gen3x4 MP33シリーズ 日本国内5年保証 正規品
カスタマー評価 5つ星のうち4.5 (25) 5つ星のうち4.6 (1454) 5つ星のうち4.4 (284) 5つ星のうち4.6 (383) 5つ星のうち4.5 (1066) 5つ星のうち4.4 (143)
価格 使用不可 ¥6,738 ¥8,040 ¥9,498 ¥5,980 ¥10,980
出荷 情報が提供されていません 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
販売者 情報が提供されていません Amazon.co.jp sea orizon ReLiCo-CTストア Amazon.co.jp メモリ市場
対応アイテム デスクトップパソコン、ノートパソコン ノートパソコン デスクトップパソコン、ノートパソコン デスクトップパソコン ノートパソコン 情報が提供されていません
HDD容量(GB) 512GB 500GB 情報が提供されていません 500GB 500GB 情報が提供されていません
パッケージ寸法 14 x 8 x 2cm 12.8 x 10.3 x 2.8cm 13.1 x 9.8 x 1.6cm 14 x 8 x 1.9cm 13.6 x 10.2 x 2.2cm 12.3 x 9 x 0.7cm
パッケージの重さ 40.00グラム 30.00グラム 40.00グラム 20.00グラム 40.00グラム 20.00グラム
最大メモリ容量(GB) 2000GB 500GB 情報が提供されていません 500GB 500GB 情報が提供されていません
サイズ 512GB 2)500GB 500GB 1)500GB 2)500GB 1TB

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
25 件のグローバル評価
星5つ
67%
星4つ
26%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
6%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年3月19日に日本でレビュー済み
容量: 2TBAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 性能高いのに残念なSSD
ユーザー名: こうちゃん、日付: 2019年3月19日
読み込みと書き込みは高水準で非常に性能高いです
その性能を打ち負かすような欠点がありました
もっとも高温となるコントロールチップにヒートシンクが引っ付いていません
Webサイトには正確な温度を測るためにヒートシンクに接触していないと言っておきながら
センサ5でSSDチップ温度を測定した結果とSSD内部の温度がかけ離れている上に
気温(センサ8)よりSSD内部温度が低く計測しています。
しかも温度データが20度くらい極端に上がったり下がったりを計測していますが外部センサ5より低い温度です
なにをどうやって正確な温度を測定しているのか?不良品ですか?と言いたいですが
ストレージとしては正常ですし、温度計測で言い訳しまくりですので不良品と認めるとは思えません。
素直な温度計測とヒートシンクなしで売った方がいいですね
次のロットでは改善されることを切に願います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
85人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年4月7日に日本でレビュー済み
容量: 1TBAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 ヒートシンクを交換すると原因不明の速度低下
ユーザー名: 顔面直撃アワビーム、日付: 2019年4月7日
ヒートシンクを交換してベンチマークテストをしました。
結果から言うとヒートシンク交換前が良い結果を出しました。
普通に使用される限りヒートシンクは交換しない方が良いと思います。

過酷な使い方をする人はヒートシンク交換するのもありかも知れません。
過酷な使い方ってベンチマークくらいですし一度やれば十分ですけど。

ベンチマークテスト結果を画像にて添付してます。
WIN10や最新チップセットを使ってたら、もっと良い結果が出てたと思います。

【ベンチマークテストの差について】
標準のヒートシンク使用時が一番良い結果になりました。原因は不明です。

考えられる原因
1. NANDメモリは使用するほど速度低下するのでそれが原因かな?
3~4回程度のベンチマークで速度低下するとは思えませんが。

2. 温度センサーにまで熱伝導パッドが当たってるので、高温を感知し
最大性能が発揮できなかった可能性。
ヒートシンク触っても少し温かいかな?くらいでしたけど

3. 厚めの熱伝導パッドに交換したので、放熱がしっかり行われてない可能性。
厚いと熱が伝わり辛い。

4. 室温の差が原因かも。夜と昼で計測したので室温で差が出てます。
ただヒートシンクの有無や、エアフローの有無で計測しましたが、計測結果への影響は皆無でした。
ヒートシンク無しとエアフロー(扇風機強)で差がでないとなると、温度は関係無さそうです。

原因究明する気力はもう無いです。。
一度熱伝導パッド貼り付けたので剥がすのは大変です。

【ヒートシンク交換方法について】
ベンチマーク後なら自身の熱で剥がれやすいかな?って思ってました。
少し熱がある程度でしたので、まるで剥がれませんでした。

ドライヤーの低速モードで使いました。
高速モードで使用すると急速加熱されるので危険です。
ドライヤーを少しずつ当てながら、ヒートシンクを回すように剥がします。
ドライヤーを当てては少し剥がしてを繰り返します。
チップを壊さない様に焦らずゆっくりやって下さい。

【ヒートシンクの隙間について】
チップの種類で厚みがそれぞれ違うので段差が出てます。
NAND・キャッシュ・コントローラー等チップで種類が違います。
段差を吸収するには厚めの熱伝導パッドにすると良いでしょう。
ただ厚めの熱伝導パッドだと熱がヒートシンクに伝わり辛いです。悩ましいですね。
薄めの熱伝導パッドをチップによって重ねて使うのも有りかもです。

【ヒートシンク外す必要あるのか】
無いと思います。保証無くしてまで原因不明の速度低下とか無駄としか思いません。

【計測環境】
1TB CSSD-M2B01TPG2VN:データ空っぽ状態で計測
計測ソフト:CrystalDiskMark

OS:WIN7
CPU:Core i7 4770K
マザーボード:ASUS MAXIMUS VII RANGER
チップセット:Intel Z97
接続方法:拡張カードPCI-E3.0 4レーン
拡張カード:AINEX AIF-08
ヒートシンク:AINEX AIF-08

【注意点】
win7で使用するにはドライバ「KB2990941」が必要です。
最大性能を出すにはPCI-E3.0の4レーンを使用して下さい。
4KiB Q8T8 Write計測時にCPU負荷が最大になりました。
4KiB Q8T8 WriteはCPU次第で結果が大きく変わるかもです。

PCIe NVMeを起動ドライブとして使うには3つの方法があります。
1. 対応チップセットを使う。Z97は対応してました。
2. 起動ドライブ対応の拡張カードを使う。凄い高価です。
3. 起動ドライブ対応のNVMe SSDを使う。この製品は対応していません。

レビューは以上になります。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト1000レビュアー
2019年6月17日に日本でレビュー済み
容量: 512GBAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 面白い特性です
ユーザー名: さいとお@宇都宮、日付: 2019年6月17日
OS: Win10 home 64bit
CPU: Core i7-6700
MB: H170 Pro4
Mem: DDR2133 16GB
と結構古い構成ですが、あまりほかでも変わらないかなと。

ファームは12.2でした。
ちなみに懐中電灯でも光が透けない程度には全チップヒートシンクに密着しております。

面白い点
・どつくと速度が乱高下する
・ヒートシンクを触る場所で速度が乱高下する
・値段が乱高下する(当方購入時は7100円でした)

イマイチな点
・本番測定に限って予想外の挙動をする
・やはり放熱には課題あり

……M.2 PCIEで512GBがこの値段と思えば面白いです。
イヤな人はお金かけて冷却とノイズ対策をがんがんにしてくださいませ。

※Crystaldiskmarkがバージョン古かったので、6にしてベンチしなおしました
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年6月29日に日本でレビュー済み
容量: 512GBAmazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年6月13日に日本でレビュー済み
容量: 512GBAmazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年6月14日に日本でレビュー済み
容量: 512GBAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 コスパいいと思う
ユーザー名: lala neko、日付: 2019年6月14日
PCがcrossfireを利用しているので、x4で接続するとグラボが2枚使えなくなるのでx2の接続にしました。一枚目の画像はx4接続とcrucial mx300の速度比較です。二枚目はx2接続の速度です。

一部がヒートシンクに接してないとのことでしたが、何度かcrystal diskを回すしたあとに押さえつけるとくっつきました。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年7月17日に日本でレビュー済み
容量: 2TBAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 動作温度は正しいのでしょうか?
ユーザー名: まっちゃん、日付: 2019年7月17日
2TBのものを購入し、問題なく使用できており、性能も皆さんと同じ値が出ます。
気になるのは、動作温度が定常(時々データをバックアップ、1日1回システムバックアップ)状態で約23度前後、バックアップなどで負荷がかかると45度近くまで上昇します。他のM.2 SSDも使用していますが、大体38度前後ですが、本製品だけ23度という低温?なのですが、これは正しい値でしょうか?
なお問題になっている隙間は、改良されたのかありませんでした。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2019年11月12日に日本でレビュー済み
容量: 2TBAmazonで購入