この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

CDNプロトコル入門 単行本 – 2003/4/26

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 9,373
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ネットワークの発展に伴い、新たなビジネスモデルが次々と登場している。Webでの商取引、コンテンツの配信など、データの流通量が著しく向上した結果、それらのデータを蓄積、配信し、保護する仕組みが開発されてきた。CDNはその1つで、負荷分散や暗号化などを統合的に扱う技術である。本書はそのCDNについての解説書である。

   前半ではCDN技術の概要からはじまり、イーサネット、HTTP/WWW、SSL、DNSといった基本技術の解説が扱われている。ここではCDNサービスの根幹となる技術の概要が述べられており、基本的な仕様や動作の説明のほか、実験を通じて動作を確かめるといった解説も行われ、内容がより理解しやすくなっている。後半はさらに具体的な技術としてWebキャッシュやサーバの負荷分散、セキュリティの強化、VRRPとHSRPなどについて解説している。負荷分散に利用できる製品も紹介されており、実際の機器設定例も掲載されているので具体的なイメージをつかめるだろう。

   各章の最後には理解度をチェックするための演習問題が付属しているので、学習効果が高いのも本書の特徴である。ただし基本技術の解説はあくまでCDNを中心に行なわれるため、Webやネットワークの技術についてはある程度知っている必要があるだろう。

   Webサーバをはじめとするネットワークの負荷分散技術は芸術的職人技と言われるほどに完璧にこなすのは難しいものである。本格的な大規模サイトへの負荷分散の利用には経験が必要であるが、本書はCDNの全体を把握し、理解するための入門書として役立つはずだ。(斎藤牧人)

内容紹介

Webコンテンツを効率よく転送(配信)するためのネットワーク技術(CDN:Content Delivery Networks)について詳述した解説書です。サーバーとネットワークの両面からの総合対策を、具体的に解説します。取り上げる主な技術は、キャッシュ技術、負荷分散のための新しいルーティング技術(VRRP、HSRP)、サーバー自体の負荷分散技術、セキュリティ技術などです。Webの負荷分散+スループットの向上+レスポンスの高速化に向けたWebトラフィック総合対策の実践ガイドを詳述しています。本書の前半では、関連するWebプロトコルの解説により読者の知識の整理を図り、後半では、CDNの個別技術を取り上げます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 509ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2003/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822281639
  • ISBN-13: 978-4822281632
  • 発売日: 2003/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 18.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 982,307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
CDNプロトコル入門

自分自身が、システムフロント/サーバフロントののアプライアンスを主に
扱っていますが、システムフロント/サーバフロントといわれる部分を一通り
まとめた一冊になっています。

負荷分散、インターネットウェブ技術、インターネットに興味を持っている
学生の方から、社会人としてインフラを勉強しなおしたい方まで幅広い方に
推奨できる一冊だと思います。

Webサーバ、サーバセグメント、帯域制御、サーバロードバランシングなど等の
用語を聞いたことがある方、案件に携わっている方であれば、エンジニア、
コンサルの方に読んでいただきたい一冊だと思います。

矢向
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
インターネットWebアクセスをサービスする側から見ると、トラフィックの変動や何らかの理由による急激なアクセスの増加は、予測できないだけに、頭の痛いことです。従来の負荷分散の書籍は、ネットワークについてのものと、マルチプロセッサ間のCPU分散、ディスク分散など、個別の技術の紹介に終始し、それらを組み合わせた総合対策については、あまり触れていませんでした。本書は、負荷分散についての総合対策を、実践的に解説した初めての書籍のように思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ほしいものとは異なる内容。なかなか、プレビューではわかならい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告