中古品
¥ 309
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Heart is Good
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【除菌クリーニング済】表紙に薄汚れがありますが、本文はキレイな状態でございます。お客様からのご注文お待ちしております。 最後までご覧いただきありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

CDJournal2016年 11月号 (CDジャーナル) 雑誌 – 2016/10/20

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2016/10/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,780 ¥ 308
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【表紙&巻頭】 アンジュルム
今月の表紙&巻頭は、笠原桃菜が新加入、9人となったアンジュルムが全員で登場です。
ハロー! プロジェクトのトップを走る存在との呼び声も高い存在感とパフォーマンス。
絶好調のアンジュルムの現在(いま)に迫るロングインタビュー! 3人ずつ3グループにわかれてじっくり話を聞きました。
対象商品:アンジュルム/上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる(hachama・HKCN-50507)※9月21日発売

【裏表紙】 B i S H
今年3月の表紙も好評だったBiSHがメジャーファーストアルバム『KiLLER BiSH』をひっさげ裏表紙に登場です。
現体制として初のインタビューとなる今回、はたまた下ネタ談義になるのかそれとも……!?

【特別企画】ハロプロスッペシャ~ル 矢島舞美&鈴木愛理(℃-ute)
【連載】柚木麻子&朝井リョウのハロプロの行間を徘徊する
今月のハロプロ スッペシャ~ルは来年解散することが発表された℃-uteから矢島舞美&鈴木愛理が登場です。
ニューシングルのこと、解散のこと、最後のハロコンのこと……2人だからこそ話せるロングインタビューです。
そして、好評連載の『ハロプロの行間を徘徊する』、今回のお題はモーニング娘。「すき焼き」、むてん娘。「あっぱれ回転ずし!」、アンジュルム「カクゴして! 」、カントリー・ガールズ「どーだっていいの」です。

【特別企画】ハロプロスッペシャ~ル 矢島舞美&鈴木愛理(℃-ute)
10月号の表紙&巻頭も大好評だったKinKi Kids。新作をひっさげての武道館ライヴの模様をレポートします。音楽雑誌ならではのKinKi Kidsレポをお楽しみに。

【そのほか】
オアシス/トクマルシューゴ/デヴィッド・ボウイ/アップアップガールズ(仮) ほか

この雑誌について

オールジャンルの音楽専門誌


登録情報

  • 雑誌: 160ページ
  • 出版社: 音楽出版社; 月刊版 (2016/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LBFWIRK
  • 発売日: 2016/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

160ページのCD Journal の1/10を費やしてハロープロジェクトからのグループが掲載されています。今週新譜の出たアンジュルムから全員と、再来週に新譜が出る℃-uteから二人が登場です。

アンジュルムは特に本誌のハロプロ特集の中で最も小さな文字の級数で、いかに大量に話が載っているかという所です。℃-uteは解散発表の8月20日の当日の現場の模様をどの雑誌より丹念に話しています。

両グループに共通するのは、狙いも隠しも嫌がりもなく、思うまま、感じるままに話すこと。これがハロプロのハロプロたる所以かなとも思う位の素直さです。それだけ大人と話す事もこの世界で話す事も、自分の一部にしている証拠なのかも知れません。

だからこそ、ホントの本音はどうなのかとも感じます。それがアンジュルムに最新加入の笠原さんから類推出来そうかもと思う。全くの見当違いの可能性もあるけれど。つまり、自分のそれまでの好きや平安を崩しても「仲間」に入らないといけないのかという真っ当な感覚。先輩たちは休日にも全員が集まって遊ぶときた。「私もそうしなきゃ?」と芯がある程、抵抗を感じるでしょう。私ならそうです。仲がいいとは良い言い方なだけで、皆と同じ様にするのは環境に負けているのでは?とも思う。その意味では笠原さんの個性は、菅谷梨沙子さんのそれと似ている
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック