¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
CD活用 フランス語拡聴力 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

CD活用 フランス語拡聴力 単行本 – 2000/10/1

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 290

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • CD活用 フランス語拡聴力
  • +
  • フランス語リスニング(CD2枚付)
  • +
  • CD付 フランス語シャドーイング入門: 聴くと話すが同時に身につく
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 199pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最も効率的だと思われる<方法>と<順番>と<素材>とで、聴き・書く聴力を体にしみこませる→拡聴力を養成できると判断したものを結晶化したものです。仏検3級準備レベルから1級レベルまでのディクテ用"聴力"を鍛えます。

内容(「BOOK」データベースより)

1年分の留学体験に匹敵する実力が身につく。仏検3級準備レベルから1級レベルまでのディクテ用“聴力”を鍛える!耳で聴き、的確に書きとれる能力、それが拡聴力。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 107ページ
  • 出版社: 駿河台出版社 (2000/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 441100478X
  • ISBN-13: 978-4411004789
  • 発売日: 2000/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 437,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
一年前仏検3級に合格した際,ほぼ満点だった筆記に比べ,聞き取りでは6割程度しかできなかったため,2級以上に向けた聞き取り強化を目指し,本書に取り組みました。
 全23課中,最初の10課が書き取りや聞き取りのポイントとなる文法,発音の復習,聞き取りや書き取りの基本練習,11‾16課が笑い話や諺による応用練習,17‾20課が書き取りの急所となる文法の復習を兼ねた応用練習,21‾23課が雑誌・新聞記事等を題材とした総仕上げとなっています。1課分はそれぞれ見開き2ページの手頃な分量で,巻末の解説も詳しく,大変取り組みやすいはずです。最後の総仕上げは1級準備段階まで拡張されるので,私はまだ20課までしか終っていませんが,何回も練習したおかげで,自ずと書き取りや聞き取りに必要な基礎力が身につきました。
 欲を言えば,全体を仏検のレベル別に分け,仏検本番の出題形式と同様に,書き取り用のポーズが入った音声も用意してくれていれば文句なしに星5つですが,これについては,過去問や「完全予想 仏検2級書きとり問題・聞きとり問題編」等で練習すればいいでしょう。ただし,後者の書き取り問題は実際の問題より数段難しいので,まずは過去問の書き取りに取り組んで自信をつけてください。
 ここまでやれば,本番の問題はそれほど難しくは感じないはずです。私も2級の本番では目標の8割は軽くクリ
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/23
形式: 単行本
2年程「不真面目に」仏語を独学しています。まだまだ仏語を聞いて的確に理解するようなレベルには程遠いのですが、France InfoやNHK World Newsなどの仏語を聞き流してさっぱり理解できずにいたときに、本書を聞いてみたら、だいぶ聞けるようになりました。文法や単語など、最低でも仏検3級くらいのレベルがある人のほうが、挫
折せずに続けられるのではと思います。初級、中級の人にオススメです。本書のCDで仏語のリズム、つづりとの関係が感覚として理解できるようになると、新しい単語や動詞の活用も、頭に入ってき易くなります。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 フランス語の検定試験の準備する際、久松健一氏の本は今や参考書の定番で、私も以前、仏検2級程度の実力をつけるべく勉強をした折に、検定試験の過去の問題と合わせて、久松氏がモーリス・ジャケ氏と一緒に出版された「《仏検》準1級・2級必須単語集」(旧版)のお世話になりました。その本は、単語集と名づけられながらも、実際は、あるまとまったフランス語の例文を読み、聞き、それを書き取るという形式の問題集です。かつて大学入試の際に活用した原仙作氏の「英文問題精講」を思い出させる作りで、フランス語の読解や聞き取り、書き取りの練習をしながら文化的な知識も吸収できるものとなっています(内容的には原仙作氏の本と比べてフランス現代社会の紹介という側面が強いですが)。語学力とともに教養も補強できる、いわば、学習者の欲張りな要望に応えた一冊ですが、敢えて難点を挙げると、例文単位の問題集なので、こと聞き取りや書き取りという観点で言うと、学習者が自分の弱い部分を補強しようと思っても同じ例文を繰り返し解答する以外に方法がありませんでした。そこで、この「CD活用 フランス語<拡聴力>」が、そういった難点を克服するべく企画されたのではないかな?と勝手に思っています。実際、同書では、聞き取りや書き取りの際に間違いやすい文法事項を始め、どうしても識別が難しい、例えば、[l]や[r]といった類音の問題がそれぞれ個別に章立てされて...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/6
形式: 単行本
とりあえず、基礎的なことを1冊学んだ後にやると効果がもっともあがると思います。内容的には、久松健一氏のフランス語テキストははずれがなくて、良いと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
仏語検定に関する対策本を数多く上梓している著者による学習書だけあって、
仏検2級以上のディクテ問題対策を念頭に、
日本人学習者の「聴き取り」の上での弱点を
巧妙についた本。

書き取りを誤った単語について、辞書で発音記号を調べること多数。
同じように発音しているように日本人の耳には聞こえるけれど、
仏語使いにはまったく違う発音であるものについて狙い撃ちです。

文法の穴埋め問題、並べ替え問題はばっちりでも、
ディクテで、しゃべられている内容を書き取れないといううことは、
文法について理解できていないのと同じ、
くらいの厳しいスタンスで取り組めば、
相当、仏語力(聴き取りの力だけでなく総合力)が付く構成だと思います。

仏語の文法知識をひととおり身に着けた学習者(「中級者」)が
「一皮剥ける」(「上級者」の域に手をかける)には、
仏語使いのこころに横たわる背景事情
(仏語の「かたくなさ」や、仏人哲学者のテクスト、
仏語のことわざなどを通じた仏語使いの事物に対するスタンス)を
知ることが必要である、というメッセージが散りばめられていて、
それらに取り掛かるきっかけを与えてくれる本
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー