¥ 2,052
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】 単行本 – 2003/9/30

5つ星のうち 4.1 76件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
単行本, 2003/9/30
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】
  • +
  • 声に出して読みたい日本語 2
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

 「てまえ持ちいだしたるは、四六のがまだ」「生麦生米生卵」。目次を目にするだけでも声に出して読みたくなる口上や早口言葉、古典の名句を集めた暗誦のテキスト。ページをぜいたくに使い、大きめの活字でぱらりと配してある言葉はなじみ深いものが多く、目で追ううちにいつしか口に出している。

   こうした言葉は「日本語の宝石」、暗誦することによってその宝石を「身体に埋め込む」ことができると著者は言う。声に出し、身体で美しい日本語を覚えれば、意味はわからずとも潜在的な日本語の力を身につけることができる。

 「腹から声を出す」「リズム・テンポに乗る」などのグループごとに選ばれた宝石たちは全部で76。「祇園精舎の鐘の声」(『平家物語』)といった古典の名句のほか「どっどど どどうど どどうど どどう」(『風の又三郎』)「はっきよい、のこったのこった」(行司のかけ声)など楽しいものがたくさん収録されている。

   各文には作品が書かれた背景、声に出すときのポイントなどを丁寧に書いた解説がついている。著者自身の体験や、「兼好法師は『上達論おやじ』である」といった独自の言いまわしがまたおもしろい。気に入った言葉を覚え、ひとり朗々と暗誦したり、親子で声をあわせるのもいい。漢字にはふりがながふってあるから、子どもひとりで暗誦することができる。

   読む、のではなく著者が言うように「使い切る」ことによって本領を発揮する良質の日本語テキストだ。(門倉紫麻) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

かつて暗誦することは言語感覚を養い、心と身体を鍛える訓練法の一つだった。
忘れられつつある伝統的暗誦文化の復活を説く簡便で洒落た文章集成。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 112ページ
  • 出版社: 草思社 (2003/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794212399
  • ISBN-13: 978-4794212399
  • 発売日: 2003/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 15.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者は暗誦の大切さを説いている。私は暗誦ということに対して、よいイメージも悪いイメージもなかった。
しかし、著者はこの本の中で、以下の様に述べている。
「幼い頃に、意味のわからない文章を覚えさせるのは拷問とも言える強制だという考え方がある。私はこうした考えに与しない。できるだけ早い時期に最高級のものに出会う必要があるとむしろ考える。意味がわかるのはそのあとからでもよい。たとえ意味がわからなくとも、その深みや魅力は伝わるものだ。よしんばそのときに魅力を感じなかったとしても、後年それを覚えたことに感謝するときが来る。」
なるほどなと思った。暗誦に対する考え方を変えた。この本の中で、私は般若波羅蜜多心経がとくに印象に残った。声に出してみて、とても懐かしい感じがしたのだ。多分、今までにも何回かどこかで聞いたことがあって、心のどこかにあったからだと思う。
この本には暗誦するべき最高級の材料がのっている。 
コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
150万部のベストセラーにかかわらず、割と批判的な意見の
人が多い。そういった人たちは「なんでこんな当たり前のことを
いまさら・・・」と言う意見のようだ。もっともだと思う。ただ、
家庭教師のバイトで、小学生、中学生、高校生などを教えている
自分の経験から言えば、この本はまさに「目から鱗」である。
自分自身も若い方だけど、今の十代は、「本を読まない」のではなく、
「本を読めない」。難しい小説の話ではなく、教科書にあるような
文章を最後まで読むことは殆ど不可能だ。頭のいい子も悪い子も、
「文章を読む」「内容を理解する」と言う事がとても下手だ。
「たった10歳くらいしか離れてないのに、なんで・・・」と
思ったものだ。数行読むのに、何分もかかることさえある。
ゆとり教育のせいと、テレビ、ゲーム、マンガなどばかりで
遊ぶようになったので、能力以前に「本を読む経験」が余りに
乏しいんじゃないかと思った。また親や教師が、数学・英語にばかり
熱をあげているために基本的な日本語が身についてないのだろうと
感じた。
この本は、20代以上の人間にとっては、日本語の再確認として、
こどもにとっては、日本語や国語教育への基本書として、
...続きを読む ›
1 コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
斎藤先生は、当初自分の声で読むことを優先していたそうです。
広くて深い「日本語(のリズム)」の伝承が行われていない現在
(まず自分がそうですし、私より若い世代はもっと)
英語学習にネイティブのテープを聞いて練習するように
日本語すら、本来のリズムをきちんと受け継いでいるモデルが
どうしても欲しかったのです。
そんな中で、ついに出ました。CD版!
書籍だけよりもよほど気を使ったと書いてある通り
各界の第一人者による朗読は、本当に充実しています。
日本語のもつリズム、息吹、エネルギーが見事に現れており
字面だけではとっつきにくそうな古文・漢文すら
底に脈打つ「日本語の源流」を感じ取ることが出来ます。
これを取っ掛かりに、それぞれの原典なども読み込!んでみようと思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 社長 VINE メンバー 投稿日 2006/10/21
形式: 単行本
本書が世に出されて5年

他のレビュアーもおっしゃっているように意外にも批判的な意見が多いことに対して正直驚いている

私は家庭教師を4年間続け、小中高合わせて20数名を教えてきた(別段ひけらかす意味合いはないので悪しからず)

私は小学生を教えるとき、本書をテキストの一つとして愛用している

また、中高生に対しては本書の存在を教え、自主的に読むことを奨めている

端的にいって効果は絶大である

子どもの知的好奇心というものは、ときに戦慄を覚えるほどに凄まじいものがあると日々実感している(大仰と思われるかもしれないが・・・)

その自らの拙い実体験を思うとき、本書の批判者は果たして本書が出された”真価”を理解できていないのではないかと思ってしまう

本書は俗にいう理論家が批判する類の本ではない

何故ならば、本書は教育を実践する者、そして何より教育を受ける子ども達に向けて練り上げられたものである

その点で、批判者は大きな勘違いをしているのではないだろうか!?

著者は誰もが気づき得ることを”初めて”した人である

誰もが気づき得るから大したこと
...続きを読む ›
1 コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック