この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

CAPCOM vs. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001

プラットフォーム : Dreamcast
5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 20,128より 中古品の出品:20¥ 980より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B00005QXH1
  • 商品パッケージの寸法: 14.5 x 12.6 x 6.7 cm
  • 発売日: 2001/9/13
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 17,970位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonより

   2D対戦格闘メーカーの雄、カプコンとSNKのキャラクターたちが夢の戦いを繰り広げるアクション。アーケードからの移植作で、同名タイトルの3作目にあたる。
   特筆すべきは、PS2で発売されている同名タイトルと、KDDIの「マルチマッチングサービス」を利用した通信対戦が可能なこと。これまで夢だった「家にいながらにしてハードの垣根を越えた戦い」が実現されている。デフォルトで登場するキャラクターも『ストリートファイター』や『キング オブ ファイターズ』など、両社を代表する作品から44名が参戦。

   さらに、それら過去の対戦格闘作品のシステムを踏襲した「GROOVE」と呼ばれるシステムも、任意に選択可能。選んだキャラクターのパワーバランスを決定できる「フリーレシオシステム」と相まって、あらゆる2D対戦格闘を網羅した集大成といえる作品になっている。(片井 美樹雄)


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
2D格闘ゲームとしては間違いなく最高峰の作品。
キャラクター数とグルーブの組み合わせでバリエーションが果てしなく大きい。
にも関わらずバランスが非常にとれていて、完全に破たんした対戦カードはあまりない。

前キャンやオリコンなど人によっては不評なバグもあるけれども、きちんとやりこんでいる人には読みあいを楽しむ要素となっていて面白みが深く、
対戦ツールとして一つの頂点を極めた作品といえる。

何よりも、読みあいの果てに決める連続技やスパコンの威力が高いうえに爽快。

昨今の格闘ゲームにありがちな、ただでさえ威力が低いうえに連続技に組み込むとさらに威力が目に見えて低下する「超必殺技」とは爽快感がけた違い。

バランス感覚だけを重視して最適化しすぎた現代格闘ゲームが失ったものがここにある。

面白い、楽しい。そしてやりがいがある。
たぶんいつまでもプレイしつづけると思う。
本当に最高のゲームです。
カプコンありがとう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2D不滅。このゲームに記されているキャッチフレーズ。
あながち大袈裟ではなく、2D格闘ゲームの原点復帰ともいえるそのデキには誰もが納得いくはず。
格闘ゲームという事以外でも、このゲームには特筆すべき点がある。ひとつはカプコン、SNKという2D格闘世界では外せない2大メーカーとの共同開発。昔からお互いをライバル視してきた両メーカーが本当の意味で闘う光景を目の当たりにする日が来たということ(実際には、3作目に当たるんだけど)。
もうひとつは、PS2、DCというハードを越えた通信対戦が可能となったこと。ユーザー層にまで闘いの幅が広がったことは言うまでもない。アーケード版も含めるとなると全国各地で闘いが繰り広げられていると考えるだけでもその凄さはわかると怡う。
凄いのはそれだけじゃない。いざゲームスタートしてみると、そのキャラクターの多さに驚愕するはず。カプコン、SNK両メーカーを代表するキャラ達がギッシリと詰まったそのゴージャスぶりは歴代の格闘史上でも類を見ない数だと私は思う。しかも、「グルーブ」と呼ばれる6つのスタイルにより様々な組み合わせが可能なため、その戦略性にも大きな魅力がある。「グルーブ」には往年のカプコン、SNKファンにとっては馴染みあるものが揃っており、どれもが個性的で何を使うか迷ってしまうほどバランスも優れている。もちろん格闘初心
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カプコンのキャラとSNKのキャラが一同にあいして戦う格闘ゲームが三度登場!!
カプコンからはストリートファイター系のキャラが多いですが、中にはジャスティス学園・ヴァンパイアシリーズなども参加、SNKサイドは主にKOFシリーズをメインに我狼・月華の剣士・サムライスピリッツなどからも一人位づつ参加しています。

元々会社の違う格闘キャラを一つの格闘ゲームに融合させた上で両者の良い所を潰してしまわずに再現出来てるとこには本当に感服。
対戦バランスも非常に良く過去に出た両者の格闘ゲームの特徴的なシステムを6つのグルーブに分けてプレイヤーの馴染んでるものをセレクトというのも画期的なアイディアだと思いました。

悪い所は、SNKサイドのキャラが一部古いバージョンで最近のKOFに慣れている方には少々戸惑うかと・・・
さらにプレイアブルキャラが総勢48人と多いけど、結局は波動拳・昇竜拳系が多いのもちょっと、もっと癖のあるコマンド技のキャラなども入れて欲しかったかな、最後にラスボス及び隠しキャラがアレはつまらない。

カプコンの2D格闘の集大成的ゲームだと私は思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/10/11
前作に比べてキャラ、システム共に大幅ボリュームアップ。キャラに適した6つのグルーヴシステムを選べるが、その分かなり複雑で大変。でも、長く遊ぶには問題なし。ゲーセンの練習用としておすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告