CANSAY nu board ホワイトボードマー... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 972
+ 関東への配送料無料
発売元: 株式会社 南信堂
カートに入れる
¥ 972
+ ¥ 82 関東への配送料
発売元: えこじじいの店 [全品、お急ぎ便(地域による)、お届け日時指定便が使えます]
カートに入れる
¥ 972
+ ¥ 324 関東への配送料
発売元: カウモール
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

CANSAY nu board ホワイトボードマーカー3本セット(黒) BSLC00BL03

5つ星のうち 3.7 20件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 972 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 972より
  • カラー:ブラック
  • サイズ:[本体]幅10×高147mm、[筆記線]幅0.6mm


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランド欧文印刷
製品型番BSLC00BL03
線種超極細
線幅0.6
インク色
  
登録情報
ASINB00MHDGR64
おすすめ度 5つ星のうち 3.7 20件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 文房具・オフィス用品 - 1,131位 (ベストセラーを見る)
発送重量18 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/8/21
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

「nu board 新書判 FME(ファイン・マーカー・エディション)」に添付されているドイツ製の超極細ホワイトボードマーカーです。

<特長>
・線幅0.6㎜の超極細ホワイトボードマーカーです。
・インクが乾くとボード面にしっかり吸着するので手で触れた際に誤って消してしまったり、持ち運び中のカスレを防止できます。
・消去する際はペン後部のイレーザーでこするだけです。小型イレーザーなので狭い面積もラクに消すことができます。
・本製品は水拭きでも消すことができます。

【使用上のご注意】
・インクの吸着力が通常のボードマーカーより強くなっています。消去する際はペンの後ろにあるイレーザーでこすってください。
・書いたものを消す際はインクが乾いてからイレーザーをお使いください。乾く前にこするとインクの汚れが広がる場合があります。
・ボード面全体の汚れを落とす際には柔らかい布などで水拭きしてください。
・汚れがひどい場合はホワイトボードクリーナー、またはアルコール分 を含んだウェットティッシュをご利用ください。
・書いた部分に触れると、その部分が消えたり手や衣服が汚れる場合があります。
・保管の際はマーカーが横置きになるようにしてください。
・幼児が使用する場合は、保護者と一緒に使用してください。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

本製品は、「STAEDTLER Lumocolor Correctable Pen Fine Point」と同一製品あり、軸のデザインが異なるものだそうです。
国内ではこの製品はSTAEDTLERブランドでは流通させておらず、欧文印刷さんのオリジナルブランドとして卸しているとのこと。
本来はカラー展開もある製品ですが、国内では黒色のみなのがちょっと残念です。
STAEDTLERブランドとして購入しようとすると、海外Amazonに発注して輸送費も時間も掛けなくてはなりませんが、1色だけとはいえ国内で気軽に購入できるのは有難いですね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
消えるのが便利なホワイトボードマーカーなのに、消えないのがウリ!
おもしろいですね。
通常のホワイトボードなら問題ないのですが、ノート型ホワイトボードnu boardの場合、机において書くとついつい手で書いた場所を触ってしまい、書いたものが消えてしまう。
その問題が、このペンで解決できます。
しかも細いので、新書サイズのnu boardでもかなり細かく書き込めます!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sunta13 VINE メンバー 投稿日 2014/9/4
 0.6cmとの謳い文句通りで、普通のボールペンよりちょっと太いくらいの字や描画が可能です。新書判でも充分に字や図を書くことができます。後のクッションできれいに消せますが、消しカスが出ます。消しカスが気になる場合は、柔らかい紙や布で拭くと解消します。新商品ゆえ使い込んではいませんが、先はつぶれやすくはないと思います。数秒手を止めただけで乾いて字が書けなくなり、しかもボードに跡だけついてしまったりしますが、フタをすると瞬時に回復します。

 あるようでなかった、たいへん良い商品なので、赤や青、緑、さらにはパステルカラー、レフィルインクなどラインナップが増えて欲しいです。取り扱い店が少ないのはAmazonがあるからいいとして、やっぱり高いと思います。nu board自体もとにかく便利だし紙不足対策にもなる、画期的な製品ですし、ペン開発も頑張って、もっともっとメジャーになって、世界に羽ばたいてほしいです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
購入動機
付属のマーカーのインク切れのため

良い点
細字なので細かく書ける。

悪い点
書きづらい
書いてすぐに消すと汚く消える

ホワイトボードとしてnu boardを使おうと思うと単純に書きづらいです。
メモ帳として使うには滑りすぎるので、なんとも使い勝手が悪いです。
擦れに強く消えづらいというのは非常に面白いアイディアですが、書くことに神経を使わせるペンなら使いたくないという感じ・・・
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「消せるのに消えにくい」ペンが欲しかったので、コチラを求めたところ、バッチリです。
1-2週間の間は常時手元に置いて、消したり書いたりを繰り返し、最終的には要らなくなるので消したい。
そんな目的でnu boadを買ったのですが、付属ペンがPILOTのボードマスターSで、これは「よく消える」のが自分の用途には合いませんでした。このペンのおかげでストレスなく作業することができるようになりました。ただ、新書サイズのnu boadだとこの芯の細さでもよいのですが、面積が広いボードになると、もう少し太いペン芯のバージョンが欲しくなります。あと、赤、青、緑が欲しいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
手につかないのは良いですが、消しにくいです。
イレイサー部分も消すというよりは、削る感じ。
ホワイトボードに傷が…。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ボード付属のペンは、インクがすぐ無くなったり、先が乾いて書けなくなりやすいのですが、これはインク量も多く細く書けていいです

ビジネスマンほどは使用量は多くないかも知れませんが、パイロットのマーカーは、毎日使って1年で5本ほど使いました
こちらはまだ使いはじめですが、かなりもちそうな感じがします

また、こすれに強いのも良いです
パイロットのペンでは、nu boardを閉じていても薄くなってしまうことがあります

難点は付属の消しゴムで消すと、薄く残ることがあること
ボードの消しゴムの方ではきれいに消えるので、併用しています
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー