中古品の出品:3 ¥4,099より

この商品をお持ちですか?

C.P.E. バッハ: 4つの管弦楽のシンフォニアWq.183 no.1-4 チェロ協奏曲 イ長調 [Import] (SYMPHONIES NOS 1-4 CELLO CONCERTO (HYBR))

5つ星のうち5.0 4個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, Hybrid SACD, SACD, 2006/11/9 Hybrid SACD, インポート
¥4,099

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 製品サイズ : 13.34 x 15.24 x 1.27 cm; 90.72 g
  • メーカー : Harmonia Mundi Fr.
  • EAN : 0093046740368
  • レーベル : Harmonia Mundi Fr.
  • ASIN : B000I5YVHA
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 4個の評価

商品の説明

内容紹介

快進撃のとまらないマンゼ&イングリッシュ・コンソート、次なる新譜は、C.P.E. バッハ。バロック時代と古典派時代のちょうど端境期に生きたC.P.E. バッハの作品は、なんといってもきらきらと輝く生命力が魅力です。マンゼのエネルギッシュで推進力に溢れた統率は見事。オケのメンバーが一丸となって縦横無尽に駆け巡る音型を熱演、時に激しく時に甘くやわらかな魅力に満ちており、気分爽快にしてくれることうけあいです。カップリングのチェロ協奏曲でソリストをつとめているアリソン・マクギリヴレイは、グラスゴー出身。学生のころから様々なアンサンブルに参加、ホグウッド率いるアカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックでも重要なメンバーとして活躍し、イングリッシュ・コンソートのプリンシパルチェロ奏者です。マンゼの快活な指揮のもと、伸びやかで魅力的な演奏を繰り広げています。

Amazonレビュー

Carl Philipp Emanuel Bach (1714-1788), Johann Sebastian's prodigiously talented second son, acquired his musical skills at his father's knee, but emerged from the paternal shadow before he was 25. His reputation as a keyboard player was cemented--and perpetuated--by his "Essay on the True Art of Playing Keyboard Instruments"; as a composer, he developed a style distinctly his own: innovative, adventurous, deliberately willful, yet characterized by an inward, subtle sensitivity. He exerted a profound influence on succeeding generations; Mozart reportedly said, "He is the father, we are the children."

These four symphonies, written in 1775, all have three movements connected by a fermata or short cadenza. Within this form, Bach achieves extraordinary diversity of character, mood, and expression, with contrasting articulation, rhythm, and dynamics; the conversational juxtaposition of winds and strings creates variety of color and texture. The fast corner movements are sparkling and gracious, with trills adding spice and humor; the slow middle movements sing serenely and lament mournfully. The Cello Concerto, composed around 1753 during Bach's 30-year employment at the court of Frederick the Great, is very beautiful; the slow movement with its Neapolitan chords and chromaticism is deeply moving. It also exists in versions for flute and harpsichord, the former written for the Emperor, the latter probably for Bach himself. The cello version, which combines the flute's sustaining quality and the keyboard's nimbleness, is considered the most successful; the solo part is extremely difficult, with leaps, jumps, and runs. The period instrument orchestra, tuned a half-step low, is most excellent; the solo cello sounds a bit subdued, but the performance is brilliant and expressive. --Edith Eisler

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
4 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

日本からの0件のレビューとお客様による0件の評価があります

他の国からのトップレビュー

valerie nailor
5つ星のうち5.0 Well worth listening to.
2019年7月6日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
DDSC
5つ星のうち5.0 Discover the other Bach
2007年8月25日にアメリカ合衆国でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告