Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 3,888
ポイント : 815pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[Sasha Goldshtein, Dima Zurbalev, Ido Flatow]のC#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法
Kindle App Ad

C#プログラマのための.NETアプリケーション最適化技法 Kindle版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888 ¥ 3,583

紙の本の長さ: 408ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

.NETアプリケーションのパフォーマンスを追求するすべての開発者へ

システムやアプリケーションの最適化と高速化の基本は、アルゴリズムの見直しとソースコードの冗長性の排除にあります。しかし、昨今はそれだけではありません。Windowsベースのアプリケーションであれば、.NETランタイムやOSの機能として提供されているI/OやGCとのタイミングを考慮した設計・開発が必要です。また、運用開始後もツールなどを使用し、たゆまぬチューンナップも必要でしょう。本書は、そういった、アプリケーションだけではなく周辺機器や機能をも視野に入れた最適化技法を、実践に即した形で詳解し、いかにしてスケーラビリティをあげつつ可用性を確保するかを解説していきます。

※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

内容(「BOOK」データベースより)

ソースコード、バイナリ、システム、設定ファイル、アルゴリズム、アーキテクチャ。ボトルネックとなる場所をすべて洗い出し、より高速で安定したアプリケーションを作る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 23856 KB
  • 紙の本の長さ: 565 ページ
  • 出版社: 翔泳社; 1版 (2013/7/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00G9QJ91K
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 87,816位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
一般的に知られている、.NETの機能やクラスの断片、使用方法から、それがどのように実現されるのかというところへ、いきなりx86アセンブリコードまで駆け下りて解説したりと、とても面白いです。段階的に積み上げて説明しないので、直感的に理解しやすく、かつ本当のところはどうなっているのかが、表面的な問題と対比しやすいです。そのため、.NETだけではなく、C++やx86/x64アセンブリ言語も分かっていれば、.NETアプリケーション全体でどうやればパフォーマンスを改善できるのか、スムーズに理解出来ると思います。

CLRのJITがどのように動作するか、またガベージコレクタの動作詳細、MSILの基礎やダイナミックなコード生成など、非常にテクニカルな情報が分かりやすく記載されており、久しぶりに純粋に面白いと思える本だと思いました。

.NETアプリケーション最適化技法というタイトルがついていますが、以上のような内容なので、どちらかというとプリミティブな性能向上に重きを置いています。ネットワーク通信・ストレージアクセス・ユーザーインターフェイスの最適化などは、この本の直接的な範疇ではないので、別の本をあたると良いでしょう。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マニアックな本だと思います。
.NETの仕組みを知りたい方には良い本かと。
なぜ.NETは遅いのかというのが良く解りました。
ただ、そこまで気にしないと、ネイティブ相当にはならないの?と感じました。

最適化技法という点では、最適化技法はそれほど書かれておらず、で?結局どうしたらいいの?とか、結局それ?といった感じでした。

タイトルと内容が合ってない印象でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この本は新規開発の開始前に読んでおくことが、効果を発揮する大前提になってくると思います。
つまり、通常の開発工程が

機能仕様設計->構成仕様設計->詳細仕様設計->実装->単体テスト->結合テスト

であるなら、スケジュール策定段階で単体テストか結合テストの前にパフォーマンス改善を1工程としてはさんでおき、機能仕様設計段階でも明確なパフォーマンス目標を確定する工数分を余計に盛り込んでおくことがこの本を活用する大前提です。
ですがまぁ、たいていの場合、パフォーマンス改善対処の必要性が発覚するのは開発が終盤に差し掛かって、全機能が動くようになって、動かしてみたら絶望的に遅かった、というパターンですので・・・
問題が発生してからこの本を読んでも遅い。この本は転ばぬ先の杖であって、すでに転んでしまった老人には何の手助けにもならないのです。
どう作業を効率化しても、プロジェクト終盤で1工程分の工数を捻出するなんて不可能ですから。

実用性では微妙。だからこそ、このレビューを読んで、この本に興味をもち、未読であるなら、今すぐに購入して読んでください。
それこそ、あなたの今までのコーディングスタイルを変えるほどのインパクトがあるかもしれません。
そして、将来あなたが遭遇するはずのデスマを回避することになるかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover