中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

C言語ポインタが理解できない理由 単行本(ソフトカバー) – 2002/3/8

5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2002/3/8
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ポインター」は、C言語の習得における"大きな壁"です。本書は、C言語の基礎を学んだプログラマーがポインターでつまづいた際に、その壁を乗り越えるための一助となる1冊です。本書は2002年に発売になった、初版本を改定・増補したものです。2011年になっても、ポインターがC言語学習における壁である事実は、全く変わっていません。本書を読めば、C言語のポインターが理解できることでしょう。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、ポインタを中心にして、C言語を解説していくものである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 327ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2002/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774114316
  • ISBN-13: 978-4774114316
  • 発売日: 2002/3/8
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 742,816位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、C言語の勉強、簡単なプログラム作成を一通り2年前に行いました。
本書は、この2年の間に曖昧になっていたポインタの再勉強をしようと思い購入しました。
基本的には初心者向け、大体計7‾9時間で読み終わりました。

ポインタやC言語のいまいち分かりにくい部分を初心者向けに分かりやすく解説されています。
ただし、あくまで初心者向けであると感じました。
C言語の入門、再確認などには最適ではあるが、これを読んだだけでは実際に仕事は行えないでしょう。

個人的には、この本の内容を正確に理解した後に、さらに深いC言語の仕様や歴史、使い方を解説した本を一冊読むのがベストだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tafken 投稿日 2005/7/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
初心者向けのポインタの解説書です。
一通りまとめてあるので、その点ではわかりやすいのではと思います。
但し、これですぐ開発をしようとする人には、まだ足りないのでは無いでしょうか。
老婆心ながら、開発時に一点だけ注意した方が良いと思われるのは、エラー処理の時、goto文とerrorラベルを使うところの説明です。ここで、エラー処理と通常の処理の兼用、処理の流れをスッキリさせるとありますが、むしろ
関数の出口を1つにすることが目的であるはずです。この約束を守らないとパステストが保証されません。つまり、品質が保証できないことになります。
errorラベルではなく、EXITラベルにするべきでは?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
C/C++を勉強してて、ポインタというのは本当に難しいです。入門書ではさらっと数ページで解説していますが、わかったようでわからないものです。
ポインタ自体は難しくないんですが、配列とのからみ・文字列とのからみなど、ポインタと○○とのからみが分からない方にはぴったりではないでしょうか。
ポインタについて、これでもかーというくらいにわかりやすく書かれています。
この本は本当によくできてていいんですが、私は、まだ完全に身についてません・・・。
開発してバグ出してこれを読み返しながら、理解しつつあります(だと思う)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書の前後半について書評を書きます.

前半部分は,ポインタの基礎の解説ですが,
他の(ポインタ解説を売りにしていない)C言語の書籍にあるポインタの説明と何ら差異
は無かったと思います(★-1)。よって,劇的に分かるということは無いですので,過度
な期待はしない方が良いです。また,メモリ図を使って説明しているのですが,率直に
言って図を活かせていません(★-1)。

後半部分は,ダブルポインタの説明があり,正誤例をそれぞれ挙げているのですが,
なぜ一方は誤りで一方は正しいのかが,何度読み返しても全く分からない文章です。
わざと難解に書いているのでは,と錯覚するくらい複雑です(★-1)。
メモリ図を使って図解出来れば,ダブルポインタの仕組みが見え易くなるのに
非常に残念です。さらに,後半になればメモリ図が減る点もマイナスです(★-1)。
(メモリ図は元々活かせていないので意味無しかも)

個人的には,
「C言語ポインタ完全制覇」
「エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層」
のポインタの説明が非常に有益でした。

で「ポインタが理解できない理由」の答えって結局,何だったの?
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
理解できない理由不述
アセンブラが理解できればポインタは理解可とあるも
アセンブラでのポインタ使用例記述なし
上記、ほとんどのC言語入門書も同じ
ローカル変数とスタックの関係、記述あり、他書には無く良
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ポインタが理解できない理由は一向に分からない。
表題と内容が一致しないから、「何故いまこれを学んでいるんだろう」
と思う瞬間が度々あった。ポインタについて網羅している本ではあるのかもしれないが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー