Buzz Songs がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆【商品状態】ケースに小傷がありますが、ディスク盤面良好です。良い状態です。◆こちらの商品はクリスタルパックで包み保護をした上でamazonの倉庫に保管されておりますので、ご注文確定後はamazon配送センターより迅速に発送致します。また、安心してご購入頂けますよう、商品に説明外の不具合がございましたら、Amazonのカスタマーサービスにて迅速に返品、返金の対応をさせて頂きます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,638
通常配送無料 詳細
発売元: NPNMN web shop (出品者情報から商品をカテゴリ別に御覧いただけます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

Buzz Songs

5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,638 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 494 (16%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Dragon Ash ストア

ミュージック

Dragon Ashのアルバムの画像
Dragon AshのAmazonアーティストストア
55 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Buzz Songs
  • +
  • Viva La Revolution
総額: ¥5,343
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1998/9/2)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 55 分
  • ASIN: B00000JO94
  • JAN: 4988002373352
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 4,355位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
1:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
2:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
7:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
7:14
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   ロックをベースにさまざまな音楽テイストを取り入れた、Dragon Ash のセカンドアルバム。ジャジーなリズムからパンキッシュな演奏へと展開する<3>、静かなギターの調べと女性コーラスが安らぎを与えてくれる、セカンドマキシングルのアルバムバージョン<6>など、ほれぼれするような音楽アプローチを披露。なかでも、ファーストマキシシングルとして発売された、生きることへの高き誇りをヒップホップで掲げる<11>は、日本の音楽シーンに残すべきメロウラップの代表曲だ。(武村貴世子)

メディア掲載レビューほか

シングル「陽はまたのぼりくりかえす」、「Under Age`s Song」を収録した、セルフ・プロデュースによるアルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
この作品には、本当に驚かされる。
この作品を作った当時、降谷建志がまだ十代だったという事実は、特筆すべきだろう。
Dragon Ashの一連の作品の中では、最もパンキッシュな作品だと思う。
序盤のジャジーなアプローチはかなりクールで、とても十代のセンスだとは思えない。
また哀愁漂うメロディーはDragon Ashの魅力の一つだが、それが最も秀逸な形で表現されているのが「Invitation」ではないだろうか。
そして音数の少ないトラックとリスナーを勇気付けるリリックが印象的な「Under Age's Song」、
多くのリスナーが人生の転機で必要とし、またこのバンド自身の転機にもなった「陽はまたのぼりくりかえす」という2大名曲が収録されているのも魅力的。
また全体を通して、Vo.降谷建志の声がクリアだというのもこの作品の長所だろう。
十代とは思えない音楽的アプローチ、しかし十代だったからこそ書けたリリック。
ややこしく入り組んだこの世界で、また大人と子供のはざ間で、「何かやってやろう」という意気込みが伝わってくるような音楽。
そして「何かやってくれそうだ」という可能性を感じさせてくれる音楽。
思えばこれが「革命」の始まりだったのかもしれない。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ニック 投稿日 2008/3/28
形式: CD
kj自身の「青春」であった、ロックやパンクを全面に押し出したアルバムである。ティーンエイジャーである僕らには、当時19才のkjが書いた等身大のリリックと、パンクサウンドが絶妙にマッチして、前作「Mustang」よりも心に響いてくる。
ブルーハ−ツやスマパンといったkjが当時傾倒していたサウンドにヒップホップを絡めた名曲「陽はまたのぼりくり返す」が、彼らの最初のヒットソングとなったのも、この点から言える。この後、kjは青春であるロックから、彼の「全て」であるヒップホップへと傾倒していく。このアルバムは、彼の青春からの脱却を意味する物であり、また、僕らティーンエイジャーにとっても青春からの卒業を意味するものである。
このアルバムはできれば、18・19ぐらいの人に聞いてもらいたいです。色んな意味で、勇気付けられる一枚です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
陽はまたのぼりくりかえす....

この世のなかで最高の楽曲だとおもいます。笑

本当に涙がでます。

7分半、この曲は聞いている人に語りかけてきます。

何かになやんだり落ち込んでる時に聞いてみてください。

きっと前を向けるはずです。

楽曲としても、落ち着いたアコースティックギターの奏でる旋律の中に入ってくるキツく歪んだエレキのリフやサビの躍動感あるベースラインがこの曲の完成度かつ感動度を演出していると思います。

なにより、降谷建志の感情のこもったボーカルに泣かされます。

最高の曲です。

ただし、この曲はアルバムを聞く上で最後に聞いて欲しい。

そこにも意味があるはず。

陽は.....のほかにも

m−3、5、6、7、9、10がおすすめ。

ボーナストラックのICEMANはテンションめちゃ上がります!!

アルバムを深く聞いていけばm−9 Melancholy の素晴らしさに気づくとおもいます。

なんしかBuzzはアッシュで最高のアルバムだと思います!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今作のシンプルなサウンドは、非常に研ぎ澄まされたソリッドさで我々を魅了します。ですがただのパンクではなく、様々なジャンルが緻密に融合され太くハイセンスに構成された骨組みで、どっしりと深みを醸す曲ばかりなのです。これが今改めて聞き直すと凄いなと思います。
そんな今作は当にエポック・メイキングな一枚でしたね。ミクスチャーという方法が10代に火をつけるとDRAGON ASHの名は一気に広まり、我々10代のエネルギーを放出、高揚、加速させる代弁者でした。その攻撃的なサウンドの一方で、心洗われる綺麗なメロディが流れてきた際の、kjの柔らかい歌声と優しさが伝わる言葉は、本当に若いリスナーの心を勇気や希望で満たしていました。そこにはその後シ−ンに氾濫してゆく聞こえのいい言葉だけを並べたバンドの浮ついたライムではなくて、落ち着きしっかりとした足取りで誠実な眼差しがあったのです。

流れも完璧ですよね。パンクの2から、その攻撃性を引継ぎ更にジャズの知的さを獲得した3「Don’t worry 'bout me」が非常にクール。ベースソロのインタープレイからパンクロックが融合してゆく様は聴き所です。そこへ4の裏拍がやって来て、静かな日本語で機運が高まる5「Invitation」へ。そして必殺の6「Under Age’s Song」ですからね。この曲のアコースティックで優しい
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す