Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,728

¥ 324の割引 (16%)

ポイント : 362pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[岡本 泰治, 橋野 学]のBtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門 (NextPublishing)
Kindle App Ad

BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門 (NextPublishing) Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 2,779

紙の本の長さ: 204ページ

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

顧客データを分析してセグメントごとにシナリオを設計し、さまざまなチャネルを組み合わせて顧客の行動に応じたコミュニケーションを自動的に行うクロスチャネル・キャンペーン・マネジメントCCCM(シーシーシーエム)。急成長するマーケティングオートメーション分野のソフトウェアの中でも主にBtoCビジネス向けに高度なパーソナライゼーションを実現するソフトウェアとして注目されています。本書は、そのCCCMの成り立ちや機能、選定から運用までの実践方法、DMPをはじめとするアドテクノロジーとの連係や主要ベンダー動向まで、使いこなすための知識を網羅したCCCMの教科書です。単なるEメールの一斉配信やオウンドメディアの発信から一歩抜け出し、顧客の行動に応じたデータドリブンなマーケティングを実現したい人におすすめの一冊です。
【目次】
第1章 One-to-Oneマーケティングを実現するCCCM
第2章 CCCMとアドテクノロジーの連係は何をもたらすのか
第3章 One-to-Oneコミュニケーションチャネルを理解する
第4章 実践CCCM ~選定の注意点~
第5章 実践CCCM ~運用~
第6章 日本におけるCCCMベンダーの分類と解説
第7章 大手ITベンダーインタビュー

出版社からのコメント

※本書の印刷書籍には単行本版とオンデマンド版の2つの製品形態があります。単行本版は従来型の書籍で、オンデマンド版は注文時製造のため品切れがなくいつでも購入できる特長があります。電子版も含め、用途に応じてご利用ください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12738 KB
  • 紙の本の長さ: 180 ページ
  • 出版社: インプレスR&D (2015/7/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012CIAYXK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,644位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
ダイレクトマーケティングを長年実践してきた岡本氏ならではの書籍で、決して上っ面でない、しっかりとした入門書になってます。CCCMの基本であるOne to Oneをしっかりと今の時代に適応させた形で解説していて、とても分かり易い流れです。運用の基礎的な事項についても触れられており、また、最後には乱立するMAツールの特徴を簡便に紹介しています。MAを考えてみようかと思っている方はまずこの本を読むと全体像がわかるのでお薦めです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
CCCMとDMPとの関係など、また、MAとの違いなど、
ネット上でいろいろ雑多に情報を得ていたことがすっきりしてよかった。

正直、、DMPあたりはまだ混とんといているイメージもあるし、
DMPを前提として、データ活用をする製品やサービスが増える中、
CCCMという概念というかカテゴリが一つの方向性を示しているようにも思える。

このペーパーバックシリーズは実際の企業で実践している人が書いているので、
製品面の宣伝が強いのかと思えばそうではなくて、
実践からわかる知見が集まっているので、実用性が高いなと。

文章的な部分としては、練れてない部分もあるけど、それは特に問題ないな。
(逆に親近感がわく)

世には、キャッチーなタイトルの割に、単に情報を整理しただけのもの、
紹介しただけのものが多い中、実践に近い部分での書籍として良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: オンデマンド (ペーパーバック)
最近よく聞く、マーケティング用語もわかりやすく解説されている。マーケティングオートメーションについてもわかりやすくまとまっているので、
基本的なことが理解できる本
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover