この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

The Boy Who Lost His Face (英語) ペーパーバック – 1997/4/15

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

その他(12)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 1,981 ¥ 3,334
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 529 ¥ 550
ペーパーバック, 1997/4/15
¥ 665 ¥ 2,239
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

The classic novel from Newbery Medalist and National Book Award winner Louis Sachar (Holes), with a brand-new cover!
 
David is only trying to be cool when he helps some of the popular kids steal Old Lady Bayfield’s cane. But when the plan backfires, he’s the one the “old witch” curses. Now David can’t seem to do anything right. The cool kids taunt him and his only friends are freaks. He even walks into Spanish class with his fly unzipped! And when he finally gets up the nerve to ask out a cute girl, his pants fall down in midsentence. Is it the Bayfield curse at work? Or is David simply turning into a total loser?

著者について

Newbery Award winner Louis Sachar is the author of Dogs Don’t Tell Jokes, the Marvin Redpost books, and the much-loved There’s a Boy in the Girls’ Bathroom, winner of 19 child-voted state awards.
 
Louis Sachar’s book Holes, winner of the 1999 Newbery Medal, the National Book Award, and the Boston Globe–Horn Book Award, is also an ALA Best Book for Young Adults, an ALA Quick Pick, and an ALA Notable Book, and was made into a major motion picture.


登録情報

  • ペーパーバック: 224ページ
  • 出版社: Yearling (1997/4/15)
  • 言語: 英語
  • 対象: 9 - 12歳
  • ISBN-10: 9780679886228
  • ISBN-13: 978-0679886228
  • ASIN: 0679886222
  • 発売日: 1997/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 13.3 x 1.3 x 19.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 40,556位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
人気ものの友だちにダサイやつだと思われないために、ひとりもののおばあさんに悪戯をしかける仲間に入ってしまった主人公。ところが、そのおばあさんから逆に呪いをかけられた後、彼の生活はどんどんみじめなものになっていく。これは本当に呪なのか、それともただ、彼がだめなやつだっていうことだけなのか。
「穴」伏線の見事さが好きだった人には気にいられると思います。伏線、構成とも見事。特に最後の最後のページでは、思わずすごい、とうなってしまうことでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Holesと同様に「呪い」がモチーフになっています。ただ舞台が普通の学校なので、リンカーンの演説を暗唱したり、技術で犬小屋を作ったりと、より話が身近に感じられました。いじめっ子がいて、とりまきがいて、憧れの女の子がいて。仲間はずれが怖くて「no]といえなかった主人公がだんだんと変わっていきます。学校物の好きな人に。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
大親友が、彼らと一緒だとクールだと思われる!という仲間を連れてきた。その仲間と一緒にお婆さんに悪戯をして呪いの言葉をかけられる。それから悪い事ばかり。仲間からもクールじゃないと追い出されるし、好きな女の子の前で恥はかくし...それは呪いのせいなのか?ただ彼が本当に負け犬なのか?好きな女の子をデートに誘えるのか!彼の成長を応援しながら読みました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
物語のタイトルにもなっているLost Faceという単語は日本語から引用されているものです。そしてこの物語のキーワードにもなっています。
子供の視線で物語が生き生きと描かれていて、特に会話部分は英語を学習している私には学ぶところが多かったです。
すいすい読めました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック