中古品
¥ 330
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送無料★ 表紙にスレと細かいキズがあり、ヤケがあります。その他はあまり損傷がなくて良い状態です。AMAZON配送センターより速やかに発送されます。万が一、商品をお気に召さ ない場合でも、評価前でしたら誠心誠意対応させて頂きます。 なお、当社基準でタバコ臭がある場合は慎重にコンディションに記載する努力をしておりますが、あくまで中古品ですので過度に神経質な方のご購入は、予めお断りしております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Boy: Tales of Childhood (英語) ペーパーバック – 2001/4/5

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

その他(30)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック, 2001/4/5
¥ 5,802 ¥ 63
CD, Audiobook, CD, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 885

この商品には新版があります:

Boy: Tales of Childhood
¥ 1,294
(21)
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

This is the remarkable story of Roald Dahl's early years at school and with his family.

内容(「BOOK」データベースより)

短篇の名手から愛らしい贈り物が届きました。おもしろいエピソードが盛りだくさんの自伝。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 176ページ
  • 出版社: Puffin Books; New版 (2001/4/5)
  • 言語: 英語
  • 対象: 9 - 12歳
  • ISBN-10: 014131141X
  • ISBN-13: 978-0141311418
  • ASIN: 0141311401
  • 発売日: 2001/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 1.3 x 12.7 x 19 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 597,579位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
Roald Dahlの作品には、
(子供向けでも大人向けでも)いつも皮肉とユーモアが利いています。
あのちょっと意地悪なユーモアセンスは何所からきたのか?
ズバリ、この本。
彼の少年時代の体験や生活から来たに違いないと思わせます。
彼本人の少年時代のこととはいえ、
伝記のようなものではなく、
しっかり面白可笑しく書いてあるので、
凄く読みやすいです。
あと、その当時のイギリスの学校の雰囲気
(噂に聞く厳しい校則とか)等が解かるのが嬉しいですね。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 いつのまにか、「主人公 ダール君」に感情移入してしまって、「昔の学校は、有無を言わさぬ生徒の従わせ方といい体罰といい、ひどいなあなどと思ってしまいますが、実はダールのいたずらの方も「笑って済ませる」範疇を越えています。作者は、子供の本のみならず大人の本も、愉快でなければいけないと信じているかのように、自分の自伝さえも面白い物語の様に読ませてくれます。また、ダールの作品を愛読しているものには、ダール自身の人生の中に、後日の名作を書く糸口らしきものがちりばめられているのが分かりとても興味深く読めました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 puf 投稿日 2004/2/5
形式: ペーパーバック
ダールの子供時代の思い出を、読者への語り口調でつづる楽しい本です。イラストも絶妙で、いたずらシーンには笑いがこみ上げます。作家として後に大ヒットした作品の素材が本人の体験をもとにしているのがよく分かります。他の作品を読んだ後でも、よけいに楽しめると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
友人の英国人が作品に登場するダールの母校の出身者だ。この本の中では学校のシーンが抜群のできだったので「あのダールがキャンディー万引きした駄菓子屋はまだあるのか」と聞くと苦笑いしながら「さあ、どれのことか分からないよ」と言われてしまった。本国ではとくに有名な本ではないようだ。彼も読んでなかった。あと鞭打ちとか校内のいじめのシーンも最高だ。君もやったか?とわくわくして聞くと「個人的にああいう文化が嫌いなので僕は下級生いじめはしなかった。でも不思議なことにいじめないと下級生から逆に軽蔑されるんだ」。ふーん。とにかく面白いです。学校物が好きな人にお勧め。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: カセット
この本を読んだら、大人になってしまった私は、子供のころを自然に思い出しました。
子供の頃、えこひいきする美術教師を人間的に尊敬できない卑しいやつだと軽蔑していた私は、ダールに感情移入できます。
ダールは相当子供の頃、いやなおもいでがあったのでしょうね。
ダールの両親や兄弟たちも本に登場するのに相応しい,びっくりするような人々です。
中に入っている写真もなかなか味わいのある物です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
話が、子供時代の回想録なので難しい単語もなく、何しろページ数が少ない!と
いうのは、冗談で、本当の感想は、子供時代のワクワクした気持ちをもう一度
味わえるというところでしょう。

関心させられるのは、よくこれだけ、鮮明に(その時の気持ちの変化なども含
めて)幼少時代の事を思い出せるな、ということです。おそらく、お母さんに
宛てた手紙が残っていて、それをもとに書いているのだと思いますが、それに
しても、子供でないと考えつかない発想やなどが、とても可愛らしくて、それが、
裏表紙のおじいさんだとはとても思えません。

さし絵や写真も多いので、ページをどんどん進められて、通勤中でもすぐに読み
終えられそうな、楽しい本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
ダールといえば、「奇妙な味」の短編作家としての一面しか知らなかったので、これは嬉しい発見となりました。子供向けの作家としても有名なことを最近になって知り、ダールという人物に興味がわいて読んでみたくなったのがこの本です。冒頭に述べられているように、自伝にありがちな退屈さはどこにもありません。抱腹絶倒ないたずらの数々はもちろん、聖職者でもあった校長先生が当時公然と行っていた体罰に対する反撥心、そこから芽生える宗教への疑問など、考えさせられるエピソードもあり、様々な角度から感銘を受けました。でも、なんといってもすごいのは、表現力です。テンポの良い文章に導かれて、心情や情景が鮮やかに再現されていきます。「英語って面白いな!」と再確認させてくれたダール先生㡊??自伝の続きが読みたくなりました。"Charlie and the Chocolate Factory"も実体験を基に書かれたようですが、こちらの方が絶対面白いです。これで、私もすっかりダーリアン(?)です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック