The Bourne Supremacy がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,013
通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

The Bourne Supremacy Soundtrack, Import

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,013 通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 1,622より 中古品の出品:6¥ 1,001より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の John Powell ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • The Bourne Supremacy
  • +
  • Bourne Ultimatum (Score)
  • +
  • Jason Bourne
総額: ¥5,331
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/7/27)
  • オリジナル盤発売日: 2004/7/23
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack, Import
  • レーベル: Varese Sarabande
  • 収録時間: 108 分
  • ASIN: B0002IQI3I
  • JAN: 0030206659221
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 61,659位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Goa
  2. The Drop
  3. Funeral Pyre
  4. Gathering Data
  5. Nach Deutschland
  6. To The Roof
  7. New Memories
  8. Berlin Foot Chase
  9. Alexander Platz/Abbotts Confesses
  10. Moscow Wind Up
  11. Bim Bam Smash
  12. Atonement
  13. Extreme Ways

商品の説明

Amazonレビュー

Novelist Robert Ludlum's amnesia-plagued, tough-as-nails spy/assassin Jason Bourne again proves that success begats sequels, be they literary or cinematic. As he did for the saga's initial big screen installment, composer John Powell concocts an electro-orchestral fusion score that seasons its tense, bristling rhythms with dollops of melodicism, synth-atmospherics and staccato string figures. Those welcome touches hearken back to composer's similar work on the '03 action-thriller The Italian Job, with Powell initially evoking the film's exotic locales by employing a savory synth pop-meets-Eastern European palate. The tension-building rhythms and percussion flourishes familiar from Powell's other action-centric scores are the score's musical pulse -- even if they eventually upset the finely honed balancing act by boiling over into the familiar explosive cliches of all too many thriller scores. --Jerry McCulley


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
続編もの・スパイ映画でここまで凄まじい音楽は後先出るか出ないか…‥。

マットデイモン演じる寡黙なジェイソンボーンという男を音楽で表すとこうなる。作品がスパイ映画の一級品ならば音楽もまさに一級品。格好いいだけでは済まされないのがボーンシリーズ。上っ面では語れない類を見ないサントラと言えるでしょう。
個人的に好きな11曲目は本当に凄い。カーチェイスに使われる曲なのですがテンポが非常に良いのと本編カーチェイス後半のトンネル内での音楽はまさに胸を締め付けられるほど息をのむ。
そして、エンディングに至ってはまさかの前作の使い回し…‥ではなく、素晴らしいの一言。ボーンのテーマ曲としてこれ以上のものはないでしょう。本編最後の続編への期待に引き付けさせといてジェイソンボーンが去ると同時に流れだすこの曲、もう言うことないです。次回作のエンディングにも使用して欲しいですね

ジョン・パウエル氏だからこそ成せたこの作品、この世界観を一層引き立たたせてくれるのはこのサントラ。
ボーンシリーズを好きな方、またはスパイ映画好きな方には是非、お薦め致します。損は絶対にしないはずです。

そして、3作目となる『boune ultimatum』の公式ページを見る限りではまたやってくれそうな勢いですね。予告編に使われる音楽もまた引き付けられます。

気になる方は見てみて。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
続編もの・スパイ映画でここまで凄まじい音楽は後先出るか出ないか…‥。

マットデイモン演じる寡黙なジェイソンボーンという男を音楽で表すとこうなる。作品がスパイ映画の一級品ならば音楽もまさに一級品。格好いいだけでは済まされないのがボーンシリーズ。上っ面では語れない類を見ないサントラと言えるでしょう。
個人的に好きな11曲目は本当に凄い。カーチェイスに使われる曲なのですがテンポが非常に良いのと本編カーチェイス後半のトンネル内での音楽はまさに胸を締め付けられるほど息をのむ。
そして、エンディングに至ってはまさかの前作の使い回し…‥ではなく、素晴らしいの一言。ボーンのテーマ曲としてこれ以上のものはないでしょう。本編最後の続編への期待に引き付けさせといてジェイソンボーンが去ると同時に流れだすこの曲、もう言うことないです。次回作のエンディングにも使用して欲しいですね

ジョン・パウエル氏だからこそ成せたこの作品、この世界観を一層引き立たたせてくれるのはこのサントラ。
ボーンシリーズを好きな方、またはスパイ映画好きな方には是非、お薦め致します。損は絶対にしないはずです。

そして、3作目となる『boune ultimatum』の公式ページを見る限りではまたやってくれそうな勢いですね。予告編に使われる音楽もまた引き付けられます。

気になる方は見てみて。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
エンドロールに流れる、この映画の主題曲ともいえる「Extreme Ways」
3作目では、レコーディングをしなおしたらしく
バックの演奏はクラブミュージック風に。
歌も録り直しをしているようです。
さらに、女性コーラスなども入っていて
3作目を見終えた時に「あれ?」と感じました。

1~2作目で流れる方は、当時流行っていたドラムループが全面に押し出されていて
特に、ハットの音色がカッコいいと思っていました。
エレクトリカル・ロックといった印象がカッコよかったのですが
3作目では、録り直しでその匂いが消えてしまいました。

そこで、iTunesを検索してみるも
アルバムやシングルで掲載されているのは
3作目の録り直しされたバージョンのみ。

色々と検索していてたどり着いたのがこれ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告