この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Born Under a Bad Sign CD, Import

5つ星のうち 5.0 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 4,873より 中古品の出品:7¥ 2,010より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の アルバート・キング ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック


登録情報

  • CD (2002/6/18)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Stax
  • ASIN: B00006878K
  • EAN: 0025218860628
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 188,734位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:47
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
2
30
2:33
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
3
30
2:33
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
4
30
2:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
5
30
2:11
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
6
30
2:45
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
7
30
3:31
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
8
30
4:30
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
9
30
3:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
10
30
3:48
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 
11
30
3:49
ライブラリで再生 購入: ¥ 200
 

商品の説明

Amazonレビュー

Born Under a Bad Sign dates back to a time when albums were collections of singles, and when singles, designed for radio and jukebox play, seldom ran more than three and a half minutes. That limitation meant that artists had to make an impact quickly and firmly. In blues, the tendency of songs to go on a bit had to be curbed to produce performances with punch and point. There are few better examples of this process in action than Albert King's 1960s tracks like "Crosscut Saw," "Born Under a Bad Sign," and his story of hot whispers during the hot-wash cycle, "Laundromat Blues." With his thick voice and no-nonsense guitar, King brought absolute blues credibility to the well-made commercial single, and even tracks that were recorded purely for the album, like the aching slow blues "As the Years Go Passing By," became classics. Reissued with the original funky cover art, Born Under a Bad Sign is one of the foundation stones of a blues collection. --Tony Russell


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
10
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(10)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
(1),(2),(4),(9),(10),と彼の出世作を収めたオリジナルアルバム。特に(9)は'66年のStaxにおける初録音で、この頃に彼のスタイルが完成されたと思われる。そんなにたくさんフレ-ズは持っていないが、オリジナリティ溢れるフレ-ジングで聴く者の心を揺さぶる。ミディアムからスロ-あたりのブル-ズで彼の本領が発揮される。その後、彼の信奉者であるスティ-ビ-レイボ-ンによってこのAlbert Styleが広くロックファンにも知られるようになった。そのAlbert Kingの絶頂期の姿を捉えた、stax時代のスタジオ録音盤であり、Blues史上に残る大名盤である。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 「こりゃ凄い、こんなのありか」、”As The Years Go Passing By”を聴いた後思わず口にできた言葉だった。 元々クリーム(Born Under A Bad Sign)、フリー(The Hunter)のオリジナルを聴くのが目的だったのだが、この曲にハマってしまった。もちろん全体としても見事の一語につきる出来栄えで、録音当時A.キング42‾44歳と油ののりきった頃で、歌と歌の間にギターを入れるオーソドックスなスタイルながら、スタックスサウンドとホーンセクションを得て洗練された仕上がりになっている。稲妻のように鋭いトーンとビブラートを多用しない突き刺すようなチョーキング、簡潔かつ無駄のないプレイ、閃きと独特の揺らぎが彼の奏法の特徴で”Personal Manager”あたりではそれらを集約的に聴くことができる。ゴスペルを背景としている味のあるボーカルも劣らず魅力的だ。”I Almost Lost My Baby”ではほぼ歌だけで勝負できているほどの素晴らしさである。

 一見ベタだが、タイトルを象徴する(13日の金曜日、黒猫、スペードのエース等)ジャケットも楽しい。ロックファンにもとっつきやすい作品集と言える。当然買いの一枚。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ブルースロックの教則盤の一番手に挙げたい永遠の名盤です。あのクラプトン先生もお手本(下敷き?)としております。かの「レイラ」の元ネタとなった曲も含まれる本作品を聞き込んでブルースの輪を広げましょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アルバート・キングはいわゆる3キングの内、最もとんがっていないと言うか、まろやかと表現したら良いのか・・・と感じる。
楽曲にはどうしても人柄も出ることだろうし、その時の気分も正直に出てしまうものだと思う。
アルバート・キングのアルバムは、ほとんどが包み込まれるような優しく語り掛けるブルースであると感じるのは私だけではないでしょう。是非とも彼のブルースに包み込まれて下さい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1967年作品。邦題:「悪い星の下にうまれて」まずジャケット。黒猫やら13日の金曜日のカレンダーやらの絵がクール。

名盤だとのことでこのアルバムを聴いたが、1967年はクリーム、ジミヘンも活躍中の時代、そのなかでブルース・ロックをファンキーなムードで演じられています。「これがブルースじゃあ、若造ども!」と気合いが感じられます。

2曲目「Crosscut Saw」が大好きです。

語り継がれる名盤の意味を理解しました。いいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック