この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Boost C++をチューンアップする最先端ライブラリ 単行本(ソフトカバー) – 2008/10/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 972
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Boostを活用して、次世代C++プログラミングを学ぶ!
本書では、中上級のC++プログラマに向けて、オープンソースライブラリである「Boost」の使用方法と、そのベストプラクティスおよび実践的テクニックを紹介します。C++標準ライブラリをはるかにしのぎ、エレガントで、頑健で、生産性の高いプログラミングを可能にします。
Boostの代表的なエキスパートである著者は、Boost ライブラリ全体を概説し、その中から日々のプログラミングに有用な12 のライブラリを厳選して解説。それぞれのライブラリがコードの改善にどのようにつながるかを指南します。本書を読めば、一段高い設計技術を身に付けるのに役立ち、今まで以上に簡潔で表現豊かで読みやすいコード作成が実現できるでしょう。ひと足早く次世代のC++標準ライブラリを体得できます!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

カールソン,ビョルン
ReadSoft社のシニアソフトウェアエンジニアであり、C++を用いたシステムの設計とプログラミングに多くの時間を割いています。『C/C++ Users Journal』、『Overload』、オンラインジャーナルの『The C++ Source』といった刊行物に、C++やBoostライブラリに関する記事を多数執筆しています。また、『The C++ Source』におけるアドバイザリーボードの一員であり、『C/C++ Users Journal』の編集委員を務めてきており、エキスパートフォーラムにおけるコラムも執筆しています。Boostニューズグループに参加し、Boost‐Usersのモデレータの一人でもあります

村上/雅章
1960年生まれ。1982年京都産業大学外国語学部言語学科卒業。1982年~1999年国内情報処理企業にてSEとして勤務。現在、ニュージーランドにて翻訳およびシステム開発に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 396ページ
  • 出版社: ピアソンエデュケーション (2008/10/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894714191
  • ISBN-13: 978-4894714199
  • 発売日: 2008/10/7
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 531,423位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
Boostは、個人的にかなり気に入っているため本書を購入しました。
本書に取り上げられているライブラリのうち、よく使うのは
Regex, shared_ptr, lexical_castです。

とりあえず、その3つについて読みましたが、こんなところにも
気をつけないといけないんだなといった箇所が何点かありました。

本書は、基本的にそれぞれのライブラリによって何が出来るようになるのか
といったことの説明となっています。かなり、突っ込んだところまで
説明してありますので、しっかり読めばそれなりに理解が深まると思います。

Effective C++とかに比べ、ちょっと重要度は低いかと思いますが、
Boostを深く理解したい方にはお勧めです。

手っ取り早く使いたいって方は、「Boost C++ Librariesプログラミング」
がよいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告