Blow By Blow がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Blow By Blow CD, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.7 108件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,185 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 561より 中古品の出品:15¥ 417より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジェフ・ベック ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Blow By Blow
  • +
  • ワイアード-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション-(紙ジャケット仕様)(完全生産限定盤)
  • +
  • ジェフ・ベック・グループ-SACDマルチ・ハイブリッド・エディション-(完全生産限定盤)(紙ジャケット仕様)
総額: ¥11,379
ポイントの合計: 540pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2001/3/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Epic Records
  • ASIN: B00005AREQ
  • JAN: 0696998544024
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 108件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 31,625位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. You Know What I Mean
  2. She's A Woman
  3. Constipated Duck
  4. AIR Blower
  5. Scatterbrain
  6. Cause We've Ended As Lovers
  7. Thelonious
  8. Freeway Jam
  9. Diamond Dust

商品の説明

Amazonレビュー

   バンドを組むたびに成果を生んできたという経歴をもちながら、性格的に自らのバンドを続けられない。そのため、ついにバンドはあきらめ、ソロ名義で作ってしまった1975年発表の全編インストゥルメンタルのアルバム。とはいえバックにバンドはいるが…。
   プロデューサーは「ビートルズの第5のメンバー」と言われたジョージ・マーティン。ジェフの、テクニシャンでクロスオーバーな部分と、熱い魂をもった若く勢いのある部分とが絶妙の均衡で溶け合っている。天才ギタリストの旬の瞬間をとらえた作品といえる。(麻路 稔)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
国内盤のSACDがステレオなので、マルチ-チャンネル盤がどうしても手に入れたくてこれを購入しました。再生してみるとやはりステレオ盤とは違うオーバーダビングで、今まで聴いたことが無いリズムギターの音がします。なんでもオリジナルのレコードが発売された当時は「4chステレオ」がブームだったので、それに便乗して4ch盤をリリースしたとか。

 その時の4ch音源をSACDの5.1ch用にリマスターしたのが本作だそうです。30年前から現在まで「ブロウ・バイ・ブロウ」はLP盤を2回、CDはリマスターされる度に3回も買い換えてきましたが、このSACDは音質の良さ・ミックスのレア度ともに最高ですよ。特にギター・ソロの音はリア・スピーカーに定位するので聴いててとても心地良いです。

 値段の高い国内盤SACD・ステレオ仕様より、米国盤のマルチ-チャンネル仕様を手に入れるべきです。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この作品を前にして、技術がどうのこうのとか曲がどうのこうのとか、そんなことは些細な事に過ぎないです。
そんな風に思わせてくれる作品がロック、ましてやギターが主人公の作品にどれだけあることでしょう?

天才、鬼才と言われるJeff Beckのインスト時代幕開けのBlow by blowは間違いなくそんな風に思わせてくれる作品です。
これは織田信長でいえば桶狭間合戦ようなもので、Jeff Beckというギタリストが荒削りながらも初めてその才能を完全放出した音楽といえるでしょう。
そして、人間の持つ感性の一番奥の方にあるものをグッと鷲掴みにされる。そんな作品です。
ちなみに曲ごとのレビューはほかに山ほど素晴らしいものがあるので、ここでは僕は書きません。

もちろんこれ以降も彼は素晴らしい作品を次々と世に送り出し、ライブでの演奏は進化することをやめません。
むしろ21世紀にはいって、彼はまた異次元へと飛び立っていった気がします。
しかしこの作品だけは何かWiredともGuitar shopともWho elseとも最近のライブとも違う、特別な何かを持っているような気がします。

それは狂気でもあり、芸術性でもあり、音楽的なものでもあります。
もちろんプロデューサー
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
追記)以下は、2014年に発売された日本盤SACDで、5.1マルチチャンネルと2chのSA-CD層とCDの3つが一枚になったハイブリッド盤について書いています。

音質は、いいと思います。ステレオのCDと比べて、5.1chは、目の前で演奏しているかのようでした。クリアさも全然違います。違いが分からない私でも分かりました。
演奏は、従来のものと少し違っています。つまりクアドラフォニック用の演奏があったということのようです。ただ、私は、従来のステレオの演奏の方が良かったと思います(聞き慣れていることを差し引いても)。
 良くない点は、SA-CDであること。PCに取り込めない。Blu-RAY AudioやDVD-Audioやハイレゾ音源の配信がないのか、SonyMusicに問い合わせましたが、予定がないとのことでした。なんでこんな売り方するかなあ。ユーザの利便性を考えてないのでしょうね。
それから、無駄にジャケットが大きい。手にして驚きました。片付けにくい。アナログシングルの大きさにすることがうれしい人はそんなに多いのでしょうか? おまけの日本盤シングルジャケット2タイプなんて要りません。本当になんでこんな売り方するかなあ。ユーザの利便性を考えてないのでしょうね。
 良くない2つのことから、★を一つ減らしました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 abjohn VINE メンバー 投稿日 2009/10/27
形式: CD
1973年のBBA以来の作品です。1975年リリース。これまではジェフ・ベック・グループやBBAなど集団名義で作品をリリースしてきた彼ですが、意外にも初めて個人名義で発表されました。また、初めてボーカルを一切排したインストルメンタルに挑戦したことにも意義があります。ベックはBBA解散後、盟友スティーヴィー・ワンダーのアルバムに参加するなどしているうちにファンク的な要素を身につけたようです。また、ジャズやレゲエなどの要素も大胆に導入し、本来のロック的な要素と合わさって当時の流行語であり、当然いまや死語である「クロスオーバー」を生み出しました。「5人目のビートルズ」と言われた大物プロデューサー、ジョージ・マーティンを迎えていますから、まさに本気モード全開の渾身の1作。参加メンバーは、Key.Max Middleton、B.Phil Chen、Ds.Richard Bailey。邦題はなぜか「ギター殺人者の凱旋」。

レノン&マッカートニーの「She's A Woman」やスティービー・ワンダーからプレゼントされた「Caus We've Ended As Lovers(哀しみの恋人達)」などは後世に残る名プレイですが、当時のギターテクニックの限界を超えたと思わせた「Scatterbrain」や、ギミックの数々を尽くした「Freeway Jam」など、ギター好きには堪ら
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー