お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,000MP3アルバムを購入

Blonde on Blonde Hybrid SACD, SACD, Import

5つ星のうち 4.7 47件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,943 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,500より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ボブ・ディラン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Blonde on Blonde
  • +
  • HIGHWAY '61 REVISITED
  • +
  • BLOOD ON THE TRACKS
総額: ¥5,537
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/6/28)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Hybrid SACD, SACD, Import
  • レーベル: Mobile Fidelity Koch
  • ASIN: B00C68FJY6
  • JAN: 0821797209762
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 174,628位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
2
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
3
30
7:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
4
30
4:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
5
30
3:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
6
30
7:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
7
30
3:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
8
30
4:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
9
30
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
10
30
5:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
11
30
4:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
12
30
4:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
13
30
3:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
14
30
11:20
アルバムのみ

商品の説明

Bob Dylan Blonde on Blonde on numbered, limited edition Hybrid SACD from Mobile Fidelity Recorded with one of the most Ear-awakening lineups ever assembled: Al Kooper, "Pig" Robbins, Joe South, Kenny Buttrey, and The Band's Rick Danko and Robbie Robertson among musicians Vaudeville, pop, fiery rock 'n' roll, Memphis blues, folk-derived sagas among enriched palette of styles Ranked No. 9 on Rolling Stone's list of the 500 Greatest Albums of All Time


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ディランの音楽性を語るのはとても難しい。基盤はフォークだったが,自らそれを覆した人でもあるからだ。それもスンナリと。。

ロックアーティストよりロックした精神,一般的な観点から見た場合とてつもなく難解で,大げさな形容をすれば崇高な歌詞(思想)。
ただ僕としては,そんな精神云々とか思想云々よりも何より凄いのは体現そのものじゃないかと思う。つまり《やり方》が。。
しかも更に凄いのは,普通,発する方のやり方が自由だと,比例するように受け取り手の解釈も抽象化してしまうが,ディランの場合は逆。
受け取り手が勝手に作れるんだよなぁ。。だから飽きない。抽象的だから飽きないんじゃなく,いつ聴いても澱まないから飽きない。
この一枚はその最たるものかと。興味はあったんだけど,何となく聴いたことないって方がいたら是非体験してみて下さい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
反戦テーマソングでもない、テキトーなボブディランらしさを満喫できます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2014/6/30
形式: CD Amazonで購入
私が洋楽を聞き始めた1976年中学生時代、当時購入した『ロック・ポップス100選』と言う本の中で本アルバムの紹介記事に『このアルバムは当初日本では1966年に”雨の日の女”、翌年に”ブロンド・オン・ブロンド”と言う2枚別々のアルバムとして発売され著者は後年までこのアルバムは本当は2枚組だったと言う事を知らなかった。』と記載してありました。1960年代はビートルズを見ればわかる通りまだまだレコード会社レーベル側の力が強くアーティストの意向を無視した各国独自のアルバムが発売されていました。ロック・ポップス界初の2枚組として発売された本アルバムは日本では2枚組では売れないと判断したのでしょうか?本アルバムSACD盤のレビューに移りますが60年代最高のアルバムと言われるだけあってディランの代表曲のオンパレードです。5.1chサラウンドのマルチ音源の出来も音の広がり方、音の分離、各パート楽器がクリアーに聞こえ中々良い出来です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ボブ・ディランの最高傑作との呼び声が高いこの作品は間違いなく音楽史に輝く名盤中の名盤と言えます。フォーク・ロック・スタイルを確立したディランの音楽性と文学的価値観が見事に融合した作品で、音楽史上初めて2枚組のアルバムとしてリリースされました。『女の如く』や『スーナー・オア・レイター』など、このアルバムには彼の代表作が数多く収録されており、ディランの音楽を聴いたことのない人にとっては入門編とも言える作品です。
60年代を駆け抜けたディランの一つの到達点でもある作品として知られています。
1 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
69年発表の7作目。60年代を代表する作品の一つであり、もちろんディランの代表作の一つであり、フォーク・ロックの集大成的な作品でもある。彼の代表作を多数収録したこの作品はデータ的な意味だけでも必聴盤であることは認識できると思うのだが、全体から伝わってくる雰囲気というものが素晴らしく、60年代の空気感がそのまま詰まっている。安い酒場でディランが仲間達と目の前で演奏しているかのようなある種のパブ・ロック的な雰囲気はこのアルバムの特徴だろう。
とにかく1.の適当な演奏とヴォーカルがたまらない。もちろん緩く聞こえる演奏は狙ったものであり、けっして下手なものではないのだが、乱暴と言い切ってもかまわないこの演奏を聞いていると本当に楽しくなってくる。ディランにメロディアスという表現は間違いだと思うが、そう書かずにいられない名曲8.や5.など、そしてトッド・ラングレンなどがカヴァーしているディランにしては直接的な歌詞を持った9.など分かりやすいものが多いことも特徴だと思う。3.や4.あたりは本当に染みる。元々は2枚組のアルバムとして発表された作品だけにボリュームもあるが、かなり気楽に付き合える作品である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
僕は「雨の日の女」だけで充分だ。たしかライナーで中村とうよう氏が何か書いていたけど、忘れてしまった。
「あんたが夕飯をつくっているときも、あんたが墓に入るときも、やつらはラ〇ったままさ」
「みんなラ〇っちまえばいいのさ」……いかんにもアメリカのビート小説にありそうな麻薬賛歌。カッコいいけど、麻薬がカッコいいなんて時代はとうに終わった。
でもこの妙な曲は大好き。自分は精神病で苦しかった時期に聴いていた。
ディランの書いた妙な曲の缶詰である。いつ、どこで聴いてもおいしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー