Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 260
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[倉下忠憲]のBlogArts: 書評記事の書き方
Kindle App Ad

BlogArts: 書評記事の書き方 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 260

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

BlogArtsシリーズは、ブログの技術を解説するシリーズです。

本書は、ブログを10年以上続け、書評記事だけでも300以上書いてきた著者が、書評記事の書き方を丁寧に解説しました。

また、単なるノウハウに留まることなく、書評記事とは何かについての考察も展開されているので、自分なりのテクニックを開発していく役にも立つでしょう。個性的なブログとは、そういう道のりの先にあるものです。

さらに、書評記事の参考例も10編掲載されています。恐ろしく稚拙な書評から、それなりにまとまった書評までを通して読むことで、いろいろなものが感じ取れるでしょう。テクニックを盗むもよし、反面教師にするもよしです。

全編で約5万5000字。目次は以下の通りです。

はじめに
Part 1 書評記事の書き方
Lesson 1 そもそも書評とは?
Lesson 2 本の紹介における視点
Lesson 3 価値としての批評
Lesson 4 ネタバレ
Lesson 4.5 引用の要件
Lesson 5 書くことを引き出す7つの質問
Lesson 6 タイトルの付け方
Extra Lesson
Part 2 書評記事クロニクル
注意書き
情報整理におけるとても大切な一つの問い
書評 「仕事をためこまない人になる5つの習慣」(佐々木正悟)
書評 「ストレスフリーの整理術 実践編」(デビット・アレン)
書評 「キュレーションの時代」(佐々木俊尚)
【書評】『トライブ 新しい”組織”の未来形』(セス・ゴーディン)
【書評】ビッグデータの正体(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ)
プログラミングは教養なのだろうか
【書評】なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?(佐々木正悟)
【書評】知的生産の技術とセンス(堀 正岳 まつもと あつし)
【書評】数学文章作法 推敲編(結城浩)
おわりに

〜〜〜〜〜〜

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2271 KB
  • 紙の本の長さ: 94 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: R-style; 1版 (2015/2/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00U1M1H90
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 10,700位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
書評を書くにはどうしたらいいのか?どのように書けば人に伝わるのか?について書かれています。

人に伝えるためには、自分がしっかりと理解している必要があります。つまりは、自分がしっかりと理解するためにはどのように本を読めばいいかが書かれているのです。

これは読書初心者にとって、ビジネス書初心者にとって有益な情報なのではないでしょうか?

ポイントは下記の通りです。

質問 1 :購入の経緯は ?
質問 2 :本の対象読者は ?
質問 3 :著者の考えはどのようなものか ?
質問 4 :その考えにどのような印象を持ったか ?
質問 5 :印象に残ったフレ ーズやセンテンスは何か ?
質問 6 :類書との違いはどこか ?
質問 7 :関連する情報は何かあるか ?

これらの問いに答えられるように読書をするのです。
それぞれの質問の意図だったりは、ぜひ本書を読んで頂ければと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover