中古品:
¥500
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月14日 - 15日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 まぼろし書店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 一般的な中古本程度。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


Blind Willow, Sleeping Woman (英語) ペーパーバック – 2006/7/6

5つ星のうち4.6 369個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
ハードカバー ¥7,662 ¥2,032
ペーパーバック ¥948 ¥779
ペーパーバック, 2006/7/6
¥500
¥8,608 ¥500

キャンペーンおよび追加情報

商品の説明

著者について

In 1978, Haruki Murakami was 29 and running a jazz bar in downtown Tokyo. One April day, the impulse to write a novel came to him suddenly while watching a baseball game. That first novel, Hear the Wind Sing, won a new writers’ award and was published the following year. More followed, including A Wild Sheep Chase and Hard-Boiled Wonderland and the End of the World, but it was Norwegian Wood, published in 1987, which turned Murakami from a writer into a phenomenon. His books became bestsellers, were translated into many languages, including English, and the door was thrown wide open to Murakami’s unique and addictive fictional universe.

Murakami writes with admirable discipline, producing ten pages a day, after which he runs ten kilometres (he began long-distance running in 1982 and has participated in numerous marathons and races), works on translations, and then reads, listens to records and cooks. His passions colour his non-fiction output, from What I Talk About When I Talk About Running to Absolutely On Music, and they also seep into his novels and short stories, providing quotidian moments in his otherwise freewheeling flights of imaginative inquiry. In works such as The Wind-Up Bird Chronicle, 1Q84 and Men Without Women, his distinctive blend of the mysterious and the everyday, of melancholy and humour, continues to enchant readers, ensuring Murakami’s place as one of the world’s most acclaimed and well-loved writers.

登録情報

  • 出版社 : Harvill Secker (2006/7/6)
  • 発売日 : 2006/7/6
  • 言語 : 英語
  • ペーパーバック : 352ページ
  • ISBN-10 : 1843433060
  • ISBN-13 : 978-1843433064
  • 寸法 : 15.3 x 2.1 x 23.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 369個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
369 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

すべてのレビューを日本語に翻訳
2019年12月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 『めくらやなぎと眠る女』を英語翻訳した作品、『Blind willow, sleeping woman』を日本語に逆翻訳する楽しさが・・・・すこし見える。。
ユーザー名: ハッピーアンドカフェ、日付: 2019年12月3日
[緒言]
  日本には、現役で活躍している小説家の数はかなりいると思うが、彼らの作品が他言語(一般には英語)に翻訳されて出版されるのは、残念ながら、非常に少ない。その少ない作家のひとりに村上春樹が含まれることに異存のある人は、それほど多くないでしょう。
  では、彼、村上の作品はどの程度厳密に【英語】に翻訳されているのでしょうか?レビュアーは、そのことに興味を持ち、村上小説の英語版を日本語に翻訳(逆翻訳、あるいは二段翻訳)してみた。最も素適な状態は、村上自身が英語版を日本語に翻訳する、という状態であるが・・・・・それは詮無いことであり、無理な注文である。
  ここでレビュアーが対象とした作品は村上の『めくらやなぎと、眠る女』であり、英語版では『Blind Willow, Sleeping Woman』という名前で出版されている。この英語版、『Blind Willow, Sleeping Woman』の4か所ではあるが、日本語に逆翻訳してみた。正直なところ、この作業で何が得られるのか不明であるが、皆さんの前に、とにかく、提示してみます。
  作業に入る前に、村上のこの小説『めくらやなぎと、眠る女』について全く知識を持たない読者のために、最初に作品の概要を書いて、その後、上記の作業を進めます。

[作品の概要]
ここに登場するすべての人は、各々何かを損なっている。特に、主人公は高校生の時男友達のガール・フレンドを病院にお見舞いする時、ふたりの若者、主人公と友人、の無神経さが原因で失態をおかす。そして、時期は明記されていないが、主人公は、その時バイクに同乗していた友人を交通事故で失う、という致命的心傷を負っている。

  ある日、主人公25歳は、あまり口をきいたことも無い9歳年下の従弟(いとこ)をつれて、初めての病院に、主人公が高校の時に乗りなれたバス(見たこともないオシャレなバスで、山登りらしい不思議な老人達で満席)に乗って、診察(精神性難聴)に行く。
  主人公はその際、八月の暑い日、自身が高校2年のとき、友人とバイクにのり、友人のガール・フレンドが入院しているのをお見舞いした、あの日のこと、ガール・フレンドの‘こころの何か’を損なわせてしまった苦い思い出を想起してしまう。主人公と友人は、見舞いの途中でバイクを停めて休憩し、おしゃべりの間に、お見舞いのためのチョコレートを溶かして損なってしまった、のだ。その時、ガール・フレンドは、入院中、自分が書いている物語、「“めくらやなぎ”という花の咲く植物があり、小さな蠅がその花の花粉を好み、女の耳から侵入し、眠らせて、肉を喰い荒し、脳に卵を産みつけどんどん増えてゆく」という話をしてくれた。

[結果]
 以下に、この小説から4箇所(1:小説の先頭部分、2:前半のバスの中の様子、3:この作品での、昔、ガールフレンドをお見舞いした時のシーン、4:そして、この物語の最後から1つ前のパラグラフ)を選択して、【英語原文】、【レビュアー訳】、そして【村上春樹原文】の順で、文章を提示した。

1:この小説の書き出しの部分。主人公(25歳?)は、年の離れた従弟(いとこ:14歳?、精神的要因の難聴)と一緒に病院に行くためのバスを待っている。

【原文】
 When I closed my eyes, the scent of the wind wafted up toward me. A May wind, swelling up like the piece of fruit, with the rough outer skin(ざらざらした皮膚), slimy flesh(新鮮でぬるぬるした), dozens of seeds. The flesh split open in mid-air, spraying seeds like gentle buckshot(大粒の散弾) into the bare skin of my arms, leaving behind a faint trace of pain.
“What time is it?” my cousin asked me. About eight inches shorter than me, he had to looked up when he talked.
I glanced at my watch. Ten twenty.

【レビュアー】
 目を閉じると、風の匂いが僕に漂ってきた。五月の風は、果実が熟れた時のように香り、それは皮膚にざらざらとした感じで、新鮮でぬるぬるとしており、まるで沢山の種のようだった。新しい裂け目が空中で開き、たくさんの種が、僕の腕のむき出しの皮膚に優しくまき散らされた。
「何時くらい?」といとこは尋ねた。いとこは8インチくらい僕より背が低かったので、僕に話しかける時にはいつも僕を見上げなければならなかった。
僕は時計をちょっと見て「10時20分ぐらいだよ」と答えた。

【村上春樹原文】
 目を閉じると、風の匂いがした。果実のようなふくらみを持った五月の風だ。そこにはざらりとした果皮があり、果肉のぬめりがあり、種子の粒だちがあった。果肉が空中で砕けると、種子は柔らかな散弾となって、僕の裸の腕にのめりこんだ。微かな痛みだけがあとに残った。
「ねえ、今何時?」、いとこが僕に尋ねた。二十センチ近く身長差があったので、いとこはいつも僕の顔を見上げるようにようにしてしゃべった。
僕は腕時計を見た。「十時二十分」

2:従弟(いとこ)と主人公が病院へ行くためにバス(以前には見たこともない、運転席の大きなフロント・ガラスのおしゃれな車両)に乗り込んで。すでにバス内の座席を占めていたのは、集団での老人たちの乗客で、何となく奇妙な空気感を漂わせている。

【原文】
 Right next to me were sitting a group of old people. Must have been close to fifteen of them. They were the person the bus was crowded, I suddenly realized. They were all suntanned, even the backs of their necks dark(首の後ろが黒くなる). And every single one of them was skinny. Most of the men had on thick mountain-climbing types of shirts; the women, simple, unadorned blouses (簡素なブラウス). All of them had small rucksacks in their laps, the kind you’d use for short hikes into the hills. It was amazing how much they looked alike. Like a drawer full of samples of something, all neatly lined up. The strange thing, though, was that there wasn’t any mountain-climbing path along this bus line. So where in the world could they have been going?   I thought about this as I stood there, clinging(ぴったりとつく) to the strap(つり革), but no plausible explanation came to mind.

【レビュアー】
  僕のすぐ隣には老人のグループが座っていた。おそらく15人くらいいた。バスが混み合っているのは彼らのせいであることに、気がついた。彼らは皆、首の後ろが黒くなるほど、日に焼けていた。そして、皆がみんな痩せていた。 男たちの多くは山登り用の厚手のシャツを着ていた、そして女性はシンプルで簡素なブラウスを着ていた。彼らは皆、ちょっとした丘にでもハイキングに行くように、全員背中に小さなリックサックをかけていた。 ただ、彼らが揃いもそろって同じように見えるので、僕はちょっと驚いた。 すべてがきれいに揃っている、引き出しに入っている何かのサンプルのようにみえた。いったい彼らは、何処に行こうというのだろう。僕は、バスの中で吊皮につかまりながら、そのことについて考えていたが、納得できるような説明はうかんで来なかった。

【村上春樹原文】
 僕の近くには老人の団体が集まって腰かけていた。全部で一五人くらいはいただろう。バスが込んでいたのは、実は彼ら老人たちのせいであったのだった。老人たちはみんなよく日に焼けていた。首の後ろまでむらなく黒かった。そして一人の例外もなくやせていた。男の多くは登山用の厚手のシャツを着て、女の多くは飾りのない簡素なブラウスを着ていた。全員が軽い登山をするための、小さなリュックのようなものを膝の上に置いていた。みんな不思議なくらい似た外見をしていた。まるで項目別に並んだ何かのサンプルの引き出しをひとつ抜き出して、そのまま持ってきたみたいに見えた。でも変な話だ。登山をするためのルートなんて、この路線にはひとつもないのだ。彼らはいったいどこに行こうとしているのだろう?僕は吊皮につかまりながら、考えてみたのだが、うまい説明は思い付けなかった。

3:高校時代、入院している病室で、主人公の友達のガール・フレンドが“めくらやなぎ”の特徴について話してくれるシーン。

【原文】
  ‘A blind willow looks small on the outside, but it’s got incredibly deep roots,’ she explained. ‘Actually, after a certain point it stops growing up and pushes further and further down into the ground. As if the darkness nourishes(養分を与える) it.’
‘And the flies carry that pollen to her ear, burrow(隠れ家に隠すように) inside, and put her to sleep,’ my friend added, struggling to light his cigarette with the damp matches. ‘But what happens to the flies?
‘They stay inside the woman and eat her flesh-naturally,’ his girlfriend said.
‘Gobble it up(がつがつ喰いつくす),’ my friend said.

【レビュアー】
 「めくらやなぎは見かけは小さいのよ、だけど信じられないくらい深い根を持っているの」と彼女は説明した。「実際、めくらやなぎは、ある時点を越すと地上への成長を止め、ずんずん地面の下に根を張るの。まるで暗闇がめくらやなぎの養分かのように」
「それから蠅たちは、めくらやなぎの花粉を女の耳の中に持ち込み、そこを隠れ家のようにし、そして、女は眠ってしまうんだろ」と、友人は、湿ったマッチで、苦労してタバコに火をつけながら付け加えた。「だけど、蠅たちはその後どうなるの?」
 「連中は女の耳の中に留まり、彼女の、新鮮な肉を食べるのよ」と彼女は言った。
 「ガツガツとね」と僕の友人は、付け加えて、言った。

【村上春樹原文】
  「めくらやなぎの外見は小さいけれど、根はすごく深いのよ」と彼女は説明した。「じっさいのところ、ある年齢に達すると、むくらやなぎは上に伸びるのをやめて、下へ下へと伸びていくの。まるで暗闇を養分とするみたいにね」
「そして蠅がその花粉を運んで、女を眠らせるんだね」、友だちが湿ったマッチで苦労して煙草に火をつけながら言った。「それで・・・・その蠅はなにをするの?」
 「女のからだの中で、その肉を食べるのよ、もちろん」と彼女は言った。
 「むしゃむしゃ」と友だちは言った。

4:この物語の最後の部分:病院で従弟(いとこ)の診察を終え、帰りのバスを待ってベンチに座っている。すると道の向こうから見覚えのある、古い、昔のバスがやってくる。主人公は、立ち上がろうとするのだがうまく立ち上がれない。

【原文】
  I’d been thinking of the box of chocolates we’d taken when we went to the hospital on that long ago summer afternoon. The girl had happily open the lid to the box only to discover that the dozen little chocolates had completely melted, sticking to the paper between each piece and to the lid itself. On the way to the hospital my friend and I had parked the motorcycle by the seaside, and lain around on the beach just talking and hanging out. The whole while we’d let that box of chocolate lie out in the hot August sun. Our carelessness, our self-centeredness(自己中心性), had wrecked those chocolate, made one fine mess of them all. We should have sensed what was happening. One of us – It didn’t matter who – should have said something. But on that afternoon, we didn’t sense anything, just exchanged a couple of dumb jokes and said goodbye. And left that hill still overgrown with blind willows.
My cousin grabbed my right arm in a tight grip.
‘Are you alright?’ he asked me.

【レビュアー】
 ずーっと昔の、夏の午後・・・・そう、僕たちが二人が、病院に友人のガールフレンドのお見舞いに行った時に持っていったチョコレートの事を思い出していた。彼女がチョコレートの箱を幸せそうに開けた時、たくさんの小さなチョコレートは、すっかり溶けており、入っていた箱から漏れ出しているのに気がついた。病院に行く途中、友達と僕は海辺でバイクを停め、ビーチに寝そべり、くだらないおしゃべりをしていたのだ。その間ずっと、僕たちはチョコレートの箱を暑い八月の太陽の下、置きっぱなしにしたのだった。僕たちの不注意、自己中心的な行動が、チョコレートをダメにし、結局、すべてをめちゃめちゃにしてしまったのです。僕たちは、何が起きているのかに、気づくべきだったのです。僕らのどちらかが、何かを言うべきだったのです。しかし、その日の午後、僕たちはくだらない冗談を言ったりしていただけで、「じゃーね」と言って別れただけだった。そして、‘めくらやなぎ’ がずんずん大きくなるまで、その丘に放って置いたのです。
思いに耽っていると、いとこは僕の右手をぎゅっと握り、「大丈夫?」と言った。

【村上春樹原文】
  僕はそのとき、あの夏の午後にお見舞いに持っていったチョコレートの箱のことを考えていた。彼女が嬉しそうに箱のふたを開けたとき、その1ダースの小さなチョコレートは見る影もなく溶けて、しきりの紙や箱のふたにべっとりとくっついてしまっていた。僕と友達は病院に来る途中、海岸にバイクを停めた。そして二人で砂浜に寝ころんでいろんな話をした。そのあいだ、僕らはチョコレートの箱を、激しい八月の日差しの下に出しっぱなしにしていた。そしてその菓子は、僕らの不注意と傲慢さによって損なわれ、かたちを崩し、失われていった。僕らはそのことについて何かを感じなくてはならなかったはずだ。誰でもいい、誰かが少しでも意味のあることを言わなくてはならなかったはずだ。でもその午後、僕らは何を感じることもなく、つまらない冗談を言いあってそのまま別れただけだった。そしてあの丘を、めくらやなぎのはびこるまま置き去りにしてしまったのだ。
  いとこが僕の右腕を強い力でつかんだ。
「大丈夫?」といとこが尋ねた。

[考察]
考察で、最も大切にしなければならない、最初のバラグラフに書くべき内容としては明らかに相応しくないのだが、レビュアーがこの作業(逆翻訳)をしながら、思ったことは「村上氏自身が、この作業をしたらどんな文章が誕生するだろうか?」という疑問(興味)だった。ここで用いた、英文の『Blind Willow, Sleeping Woman』を実際に読んでいない方は「そんなもの、村上は、むかし自分で書いた文章を思い出し、原作と殆ど同じ文章を書くんじゃないの!?」と言うかもしれない。  レビュアーはその返答にたいしては、「違うのではなのかな?」 という、かなり強い想像・印象を持っています。
 もちろん、最も大切な物語の骨子は殆ど同じでしょうが、センテンス毎の意味は、英文翻訳をされた方(Mr. Phillip Gabriel )の都合でしょうが、原作とは少し異なっているので、村上が日本語に翻訳したとしても、自身の原作とは違う文章にならざるを得ない。そんな理由で、いかに村上本人が翻訳したとしても、空気感は同じだとしても原作とはかなり異なってしまうのでは、と。
  ここに取り上げた、4か所の村上原作のセンテンスと、レビュアーのそれは、どう見ても、村上原作との空気感は勿論のこと、文章の持っている力が違っております。これはレビュアーの文章の癖(性向、そしてバックグラウンド)、小説を組み上げる能力が違う故でしょう。
  当然の感想ですが、小説家とは、文章の組み上げ・適切な言葉選び、の達人なのですね。

[使用小説]
1.Phillip Gabriel (フィリップ・ガブリエル 翻訳):Blind Willow, Sleeping Woman.
出版社: Vintage (2007/7/5)
2.村上春樹 :『めくらやなぎと、眠る女』 in 「レキシントンの幽霊」 (文春文庫)
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年5月23日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告

他の国からのトップレビュー

Frank
5つ星のうち4.0 Enjoyable Marukami as ever
2020年12月29日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
Silv
5つ星のうち5.0 Great light read from a very deep intelligent author
2018年6月19日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
Chi Square
5つ星のうち4.0 Murakami is class.. this collection is great!
2019年8月6日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
Bookend
5つ星のうち3.0 Short
2021年1月14日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
Ania
5つ星のうち1.0 Damaged and looking old !!!
2019年6月15日に英国でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告