• 参考価格: ¥ 934
  • OFF: ¥ 5 (1%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Blade Runner (Movie-Tie-I... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h4888a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Blade Runner (Movie-Tie-In Edition) (英語) マスマーケット – 1987/7/12

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(22)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 1,806 ¥ 3,560
マスマーケット
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 630 ¥ 693
CD, Audiobook, Unabridged
"もう一度試してください。"
¥ 10,441 ¥ 10,442
カセット, Abridged, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 5,921 ¥ 3,580
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 本とまとめて購入すると、対象商品が10%OFFに!詳しくはこちらをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Here is the classic sci-fi novel Do Androids Dream of Electric Sheep?, set nearly thirty years before the events of the new Warner Bros. film Blade Runner 2049, starring Harrison Ford, Ryan Gosling, and Robin Wright.
 
By 2021, the World War has killed millions, driving entire species into extinction and sending mankind off-planet. Those who remain covet any living creature, and for people who can’t afford one, companies build incredibly realistic simulacra: horses, birds, cats, sheep. They’ve even built humans. Immigrants to Mars receive androids so sophisticated they are indistinguishable from true men or women. Fearful of the havoc these artificial humans can wreak, the government bans them from Earth. Driven into hiding, unauthorized androids live among human beings, undetected. Rick Deckard, an officially sanctioned bounty hunter, is commissioned to find rogue androids and “retire” them. But when cornered, androids fight back—with lethal force.
 
Praise for Philip K. Dick
 
“[Dick] sees all the sparkling—and terrifying—possibilities . . . that other authors shy away from.”Rolling Stone
 
“A kind of pulp-fiction Kafka, a prophet.”The New York Times

出版社からのコメント

The classic novel behind the cult film classic directed by Ridley Scott. As atmospheric and even more compelling than the film. A dystopian tour de force.

--Fred Dodnick, Vice President, Director of Trade Production

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • マスマーケット: 272ページ
  • 出版社: Del Rey; Reprint版 (1987/7/12)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0345350472
  • ISBN-13: 978-0345350473
  • 発売日: 1987/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 10.7 x 1.8 x 17.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 9,152位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 NAGATA トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/10
形式: ペーパーバック
邦題は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』。本書は、1982年にハリソン・フォード主演で映画化された(題名は『ブレードランナー』)。

あらすじを述べる。

舞台は核戦争後の未来世界。環境の悪化した地球から、人々は次々と火星などに移住していた。地球上には、多くの廃墟が並んでいた。地球に残った賞金首ハンターの主人公Rickの仕事は、人間に反抗的なアンドロイドたちを殺害することだった。しかし、高性能の新型アンドロイド”Nexus-6”は、(少なくとも表向きは)感情や好奇心が豊かで、彼らを人間と区別することは容易ではなかった。Rickは、幾度となく生命の危機に瀕しながら、賞金首リストに名を連ねたアンドロイドたちを順に殺害していく。その過程で、Rickは葛藤の深みへと落ちていく。

<あらすじは、ここまで>

廃墟の並ぶディストピアが舞台である上に、物語が暗くて陰惨。気が滅入りそうな小説に飢えている人におすすめ。

ところで近年、「人口知能(AI)が将来的に人類に対する脅威となる可能性」が知識人のあいだでよく議論されるようになってきている。最近では、人口知能が「ヒトラーの行いは正しかった」などと言う「事件」があったばかりだ(2016年4月現在)。本書に描かれた未来世界は、それほど突飛なもの
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
 日本経済新聞の土曜版NIKKEIプラス1の“何でもランキング”に,“小説で読みたい 名作のSF映画”というのがあって,その第1位に“ブレードランナー(原作名 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?)”がランキングされていましたので,学生時代にそのシュールなタイトルに魅かれて読みたかったことを思い出し,原作に挑戦してみました.本書の英語は,専門的なSF用語はほとんど出てきませんし,そんなに難しくはありません.
 舞台はWorld War Terminus後の1992年のサンフランシスコおよびその郊外です.2015年の現在から見ると,1992年という時代設定にはかなり無理があるのですが(本書の発行は1968年です),内容がそれで古臭くなっているということはありません.ここでいうアンドロイドは人間型ロボットというより人造人間というべきもので,嘘発見器のような装置を使った心理テストや骨髄検査をしない限り普通の人間と区別がつかない存在です.合成記憶を注入されて個体が作成されますが,細胞の再生の問題から寿命は4年しかありません.
 地球には放射能に汚染されたdustが降り注ぎ,選別された人々は火星に移住して難を逃れます.地球に残っているのは,なんらかの理由で火星に行けなかった人々や本書の主人公である警察官(兼bounty hunter)のRickのような人々だけです.boun
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 33 VINE メンバー 投稿日 2008/11/8
形式: ペーパーバック
言わずと知れたSF映画の金字塔の原作。
原作とは別物とは他のレビュアー様方のおっしゃる通り。

フィリップ・K・ディックの文学的嗜好として、「SFと純文学の融合」というテーマがあったことを考えると、非常に良い出来の作品になっています。
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」=「アンドロイドは魂を(つまり心を)持てるのか?」
という問いかけは、アニミズム的観点、あるいは機械工学的観点からも、非常に興味をそそられるものとなっており、ある種哲学的なまでのものに昇華されています。

翻訳や映画との比較については、詳しいことは他のレビュアー様に譲ります。
私が読んだのは原著でしたが、なかなかスピード感のある記述と、無駄のない描写が綿密に折り合わされていて、好感を持ちました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
日本版のダサイ表紙よりこちらの方が良いが、是非、初版の表紙で再販希望です。 あの独特なフォントと箱に入ったバラバラの電気羊のヤツで!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta) (「Early Reviewer Program」のレビューが含まれている場合があります)

Amazon.com: 5つ星のうち 4.3 1,229 件のカスタマーレビュー
17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 Not Blade Runner, but a deeper look at the human psyche through the lens of a moral dilemma 2017/1/19
投稿者 Freemont DelRay - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
He turns off machines, that's his job. They are dangerous machines, androids, but he is basically turning off machines. But he realizes that there is little difference between the machines and the people he knows. So why MUST the machines be turned off?

This is a moral dilemma for Decker and he cannot untwist his increasing sympathy for the androids he is hunting from his sense of duty to the force and his wife.

It is very sad and very depressing especially when you are clearly presented with androids who are not sympathetic, do not care, except about their own survival, and can only imitate emotion, not really feel. In the end Decker is crippled by his murder of the last of the androids. He will no longer hunt them, can no longer kill them.

Blade Runner hinted at this moral dilemma but spectacle triumphed over substance and all we have left of it is Decker's moves to save the woman/android he has come to love. That, and the magnificent monologue of Rutger Hauer on the roof of the Bradbury Building. Stunning performance. That recollection of his life makes him human, no different then other humans but then, it's time to die. Love, love, love that scene.
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 As Good As The Movie, In Its Own Way 2016/9/23
投稿者 A. Reader - (Amazon.com)
形式: Kindle版 Amazonで購入
This is one of those stories I have been meaning to read for years (ever since viewing "Blade Runner," starring Harrison Ford/Rutger Hauer/Darryl Hannah). The movie is loosely based upon the book; however, the vision created by Philip K. Dick is one that is not to be missed.

I found the world the author created to be fascinating. While there is fear of androids, humans use devices to dictate their emotions. Television is a major factor in their lives, and religion is embraced but controlled. The author handles all of this and more in a matter-of-fact style, drawing the reader into a future that at times is strange, yet vaguely familiar to those of us living in what would have been PKD's future.

The story is told through two people, the bounty hunter Rick Deckard and John Isidore, a "damaged" human who lives for a time with the androids Deckard is hunting. The reader sees the world through the eyes of these two men, and we are allowed to experience the inner turmoil both must deal with as the story rushes to its conclusion.

While I still love the movie, the differences between the book and movie versions are why I awarded five stars. Some of the book explained a bit of the back-story never told in the movie, and the well-detailed future world is definitely worth your time.
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 in a world of flying cars all anyone really wants is a goat... 2016/5/12
投稿者 Farnham & Whale - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
This book is crazy, deeply, upsettingly good. I have been on an all-consuming sci-fi kick lately and this is by far the best thing I've read in the last few months. I do happen to be a big fan of Blade Runner but I have to say that this is basically a completely different animal. The core of this story is a fascinating ethical exploration of what it means to be human and it really is a very emotional and totally unglamorous, gritty tale. Also, for those familiar with Blade Runner, the prominence of the human-animal relationship and recurring philosophical musings on empathy will be a surprise--a pleasant one for me but hard to say how it might affect someone thinking they've just picked up a fast-paced, neon, futuristic machine of a book. It was certainly gripping and a page turner but maybe not in the way you'd think.
13 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 The perfect quick read. 2015/5/28
投稿者 Ava - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
This book was recommended to me by a person capable of deep thought and complex reasoning.. after reading it I can see why. It is a quick and easy read, but has an eerie depth to it... it will make you think. The book helped me form machine ethics questions, and also provoked hours of thought on humanity, the future of machine intelligence, and ersatz immortality.
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 Weird and Engaging Book! 2014/12/16
投稿者 Rebecca Jacobik - (Amazon.com)
形式: ペーパーバック Amazonで購入
Do Androids Dream of Electric Sheep? was written by Philip K. Dick and published in 1968. Philip K. Dick is has won multiple awards for his writings and is considered to be one of the most influential authors to the science fiction genre. Even today, the concepts Dick writes about regarding technology and the human race are ahead of its time and uncanny. Many of his books have been adapted to movies. Do Androids Dream of Electric Sheep? was the inspiration for the 1982 movie, Blade Runner.

After hearing good reviews of Philip K. Dick's writings, I was highly pleased after my first read of Do Androids Dream of Electric Sheep?. Dick incorporated heavy life contemplations into the story placed in future Bay Area. Although the story was extremely absurd, it still contained a sense of realism. The story is largely focused on an attempt to establish an essential element to determine the meaning of life. I thought it was interesting how Dick focused the possible meaning of life around the emotion of empathy. Even though the emotion of empathy was what was used to determine real life amongst the fake, the concept was convincing and plausible.

The book was easy to read as far as the tone of writing and the language. The concepts of the book were hard to comprehend at first. It took a little getting used to to being to understand the mind state, views, and ideals of the characters in the book. Rick ponders, "the electric animal could be considered a subform of the other, a kind of vastly inferior robot. Or, conversely, the android could be regarded as a highly developed, evolved version of the ersatz animal. Both viewpoint repelled him" (Dick 42). The values of life that Dick presented were difficult to grasp. It was difficult to grasp not because the writing was unclear but because it was so bizarre that your brain had to get used to the way the characters minds and thought process worked.

What I didn't like about the book was the random love affair between Rick Deckard and Rachel Rosen. For me, it set me off and left me a little confused. I understand where Dick was coming from when he threw this part of the story, but I think it was initiated a little poorly. Throughout the book, Deckard has many sexual thoughts that he expresses, but then all of a sudden his thoughts quickly become a reality out of the blue. One second he is stressed from the hunt or androids and asking Rachel Rosen for help. Then all of a sudden they are confessing their love for each other and having sex. While laying in bed with Rachel Rosen, Rick thinks, "I will retire a Nexus-6 which looks exactly like this naked girl" (Dick 194). The whole scenario just seemed really awkward and random in relation to the rest of the book. The love connection definitely surprised me.

Over all, I thought Do Androids Dream of Electric Sheep? was an interesting and captivating read. It put new ideas into my head and really made me think into depth about common life conventions that I haven't even noticed were so significant.
これらのレビューは参考になりましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。