中古品:
¥ 1
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース・ディスクに少々のスレ傷ありますが、目立つものはなく綺麗な状態です。専門スタッフが防水包装の上、午前中の発送は当日に出荷致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Ben Folds Five Import

5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Ben Folds Five ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1995/10/9)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Passenger
  • ASIN: B000000IDJ
  • JAN: 0017046950121
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 159,954位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Jackson Cannery
  2. Philosophy
  3. Julianne
  4. Where's Summer B.?
  5. Alice Childress
  6. Underground
  7. Sports & Wine
  8. Uncle Walter
  9. Best Imitation Of Myself
  10. Video
  11. The Last Polka
  12. Boxing

商品の説明

Amazonレビュー

Like the best guitar heroes, Ben Folds, pianist and leader of a guitarless trio called the Ben Folds Five, commands and fuels his small, tightly wound ensemble with an authoritative, nearly virtuosic style. Folds, based in Chapel Hill, North Carolina, borrows from everywhere but lends new inspiration and insight to the instrument's possibilities--he's the Jimi Hendrix of the baby grand. His frenetic key-pounding eclipses old-time styles from honky-tonk to Jerry Lee Lewis rag, and he outplinks megastars such as Elton John and Billy Joel while sifting them both through the mondo hammerings of classic pop-loving alternative keyboard bashers like Todd Rundgren and Jools Holland. To complement Folds-the-pianist's clean and bright ivory tinkerings, Folds-the-singer's clear and dynamic tenor swirls through Folds-the-songwriter's very capably crafted, sugary pop gems. "Philosophy" starts with a rolling Joel-like intro, slips into a Rundgrenish verse and chorus--complete with the perfect Beatlesque harmonies of bassist Robert Sledge and drummer Darren Jessee--and then breaks out in an overdriven piano quote from Gershwin in the climactic solo. "Underground" Sgt. Peppers us with faux theatrics and then plunges into a soul-gospel groove about the joys of the alternative rock scene. "Uncle Walter" is a character sketch Ray Davies wishes he wrote but couldn't; "Boxing" is an imagined confab between Muhammad Ali and Howard Cosell that Tom Waits wishes he wrote but wouldn't. The rest of Ben Folds Five's debut achievement just does what any other timeless summer record should: it makes you feel sunny enough inside to last all through the year. --Roni Sarig

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ほろ苦い記憶の残る高校生時代に出会った曲です。
30代になり、仕事に打ち込んでふと深夜に思い出して、
購入しました。
澄み切ったピアノのイントロで高校時代の懐かしい通学路、
そのときに描いていた将来像を思い出します。
誰にでもあるようなそんな記憶を呼び覚ましてくれるような
すばらしいアルバムだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
誰もかれもがギターにエフェクトをかけ、ノイズを響かせていた時代に、
Ben Folds Fiveのこのアルバムはリリースされました。1995年のことです。
ボーカル、ピアノ、ベース、ドラム、以上。
全12曲(日本盤は+1)、ポップで、パンクで、ロックンロール。
そしてどうしようもない男の、社会へのどうする事もできないわだかまりを叫び続ける歌詞。及びセンチメンタリズム。
つまりは、とてつもないリアリティがここにはある訳です。
この作品が、ただの良曲の寄せ集めではない所以はそこです。
③や⑥で描かれる、情けない日常。
その果てに歌われる⑨。
「Did I make me up
 or make the face 'til it stuck
 I do the best imitation of myself」
90年代のベスト10に入る(というか決定でしょ)、超名盤です。絶対に聴いてください。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/21
形式: CD
 1995年、BEN FOLDS FIVEの1stアルバムです。

 BEN FOLDS FIVEは、アメリカ出身のロック・バンドで、メンバーは、
Ben Folds (Vo, Piano), Robert Sledge (B), Darren Jessee (Dr)。。。の3人です。
ギターレスのピアノロック・バンドです。(5人ではありません・笑)
 
 楽曲は、Billy Joelのようなメロディ、QUEENのようなポップ感、
THE BEATLESのようなコーラス、Todd Rundgrenのような変っぽさ(?)、
グランジのような脱力感や倒錯感、Jazz系のオシャレなピアノ etcが、
勢いよく流れていく、ピアノ・ロックです。

 力強いピアノで始まる"Jackson Cannery"、ロマンチックな旋律が爽快な"Philosophy"、
ほのぼの & おセンチな"Alice Childress"、QUEENを思わせるような"Underground"、
小気味よいテンポ & ちょっぴり哀愁な"Sports & Wine"
。。。などなど、「いい曲いっぱい!」、「聴き終えると、もう終わり?」って感じです。

 Popで
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 けい 投稿日 2010/7/25
形式: CD
音楽ってこんなに自由で良いんだ・・・って感じました♪
僕の少ない音楽経験の中では、唯一ビートルズがすごく自由に感覚やセンスを惜しみなく音にして出していると思うんですが、Ben folds fiveはそれと極限的に近いものがあると思います。
昔から触れてきた音楽が感覚的に染み付いていてそうさせたのか、天性の感覚で駆け抜けているのかは分かりませんが、音楽の発想のセンスですとか、そういったものがなんだか自由だなぁと言う感じです。
なんというか本当にこういった『発想』をバンド内でお互い主張しあうでなく(それも大事でそこから始まるのであろう)理解しあってひとつのものに作り上げて・・・と言った工程が見えてくる・・・そんな『人』が見えるといった点でも楽しいアルバムだと思います。楽しい・・・そう、楽しいですw
なんとなーく僕が思うにはBen foldsの思い付きをベースやドラムがしっかりした基盤で支えていると言った感じじゃないかな?そんな環境にある人は羨ましいですね♪
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
3曲目のジュリアンヌがすげー好きでこれしか聴いてなかったんですが、最近ふとアルバム全体として聴きたくなってしまい聴いてみたらいやー良かったです。
歌詞はともかく、ベンのピアノとヴォーカルが美しい感じがするけどかっこいいすよね。うまくいえないけどピアノと声がロックとしてのハーモニーを醸し出してるという感じ。
オススメは全曲なんですが、まずはガンガン攻めてるロックなジュリアンヌを聴いてみてください。きっと気に入ると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー