¥16,010
無料配送: 9月21日 火曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 20日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon
Beats Studio Buds – ワイヤレス... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
こちらからもご購入いただけます
¥16,182
162pt (1%)
詳細
発売元: Amazon.co.jp

Beats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン – アクティブノイズキャンセリング、IPX4等級、耐汗仕様イヤーバッド、AppleデバイスとAndroidデバイスに対応、Class 1 Bluetooth、内蔵マイク、8時間の再生時間 – ブラック

5つ星のうち4.2 227個の評価
Amazon's Choiceは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice beats studio buds

価格: ¥16,010
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
ブラック

購入を強化する

ブランド Beats by dr.dre
ブラック
接続技術 無線
モデル名 Beats Studio Buds
ヘッドホン型式 インイヤー

この商品について

  • パワフルでバランスに優れたサウンドを再現する独自のアコースティックプラットフォーム
  • 選べる2つの再生モード:アクティブノイズキャンセリング(ANC)と外部音取り込みモード
  • 3種類のサイズのソフトなイヤーチップにより快適で安定した着け心地、高い密閉性
  • 最大8時間の再生時間(充電ケースを使用した場合最大24時間)
  • 業界最高クラスのClass 1 Bluetoothテクノロジーにより、接続範囲が広く、ドロップアウトも減少
iMac
iMac
iMac
iMac
iMac
iMac
iMac
iMac
iMac

よくあるご質問

充電方法を教えてください。

Beats Studio Budsは、通常のUSB-Cケーブルを使って充電できます(同梱されています)。

電源をオン/オフにする方法を教えてください。

Beats Studio Budsは、ケースから取り出すと自動で電源がオンになり、ケースに戻して蓋を閉じると電源がオフになります。

音楽の操作はできますか?

Beats Studio Budsには、両方のイヤーバッドに1つの多機能ボタンが搭載されています。ボタンを1回押すと再生/一時停止、2回押すと次のトラックにスキップ、3回押すと前のトラックにスキップできます。

ノイズキャンセリングの操作方法を教えてください。

多機能ボタンを長押しすると、アクティブノイズキャンセリング(ANC)と外部音取り込みモードを切り替えることができます。

Siriなどの音声アシスタントを起動する方法を教えてください。

Appleデバイスでは、ハンズフリーで「Hey Siri」と声をかけるだけでSiriを起動できます。または、iOSの設定で多機能ボタンの機能を変更し、音声アシスタントを起動するように設定することもできます。Androidの場合は、Beatsアプリをダウンロードして多機能ボタンの機能を変更し、デバイスのデフォルトの音声アシスタントを起動するように設定することができます。

多機能ボタンの設定方法を教えてください。

多機能ボタンの機能を、ANCモードの切り替えまたは音声アシスタントの起動のいずれかに設定することができます。iOSの場合は、コントロールセンターで製品アイコンをタップして「長押し」メニューを選択し、各イヤーバッドに設定する機能を選択します。Androidの場合は、Google PlayからBeatsアプリをダウンロードします。アプリで製品をペアリングしたら、製品ページにある「長押し」メニューを選択し、各イヤーバッドに設定する機能を選択します。

バッテリーは何時間持続しますか?

Beats Studio Budsは、ANCがオフの場合は最大8時間、ANCがオンの場合は最大5時間の再生が可能です。また、2回分の充電が可能なケースを使用すると、ANCがオフの場合は合計最大24時間、ANCがオンの場合は合計最大15時間再生することができます。

マイクは内蔵されていますか?

Beats Studio Budsには両方のイヤーバッドに複数のマイクが内蔵されており、高品質な音声通話が可能です。各イヤーバッドには、ANC専用のマイクが2つ、集音専用のマイクが1つ内蔵されています。

iPhoneとのペアリング方法を教えてください。

Beats Studio Budsは箱から取り出したらすぐにペアリングできます。iPhoneに最新のiOSが搭載されている場合は、ケースの蓋を開き、ロック解除したiPhoneに近付けて、画面に表示されるメッセージに従うだけでペアリングすることができます。

Androidデバイスとのペアリング方法を教えてください。

Androidの場合は、Google Fast Pairを使うと1回のタップで製品をペアリングすることができます。この機能を利用するには、位置情報サービスとGoogle Playサービスが有効になっている、Android 6.0以降を搭載したデバイスが必要です。これらの条件を満たしている場合は、ケースの蓋を開き、ロック解除したデバイスに近付けて、画面に表示されるメッセージに従うだけでペアリングすることができます。または、通常のBluetoothメニューからペアリングすることもできます。

その他のBluetoothデバイスとのペアリング方法を教えてください。

その他のデバイスとペアリングするには、イヤーバッドをケースに入れて蓋を開いた状態にします。次に、小さな円形のボタンをLEDが点滅するまで長押しします。Beats Studio Budsがペアリングモードになり、一般的なBluetoothデバイスとペアリングすることができます。

片方のイヤーバッドだけを使うことも可能ですか?

はい、片方のイヤーバッドを単独で使うことができます。

どの程度の防水/耐水性能を備えていますか?

Beats Studio BudsはIPX4等級です。どの角度からの汗や水の飛沫に対しても耐汗耐水性能があります。ケースに耐汗耐水性能はありません。

製品を最新状態に保つにはどうすればよいですか?

新機能を利用できるようにしたり、製品の機能性を改善したりするため、ソフトウェアアップデートが時折リリースされます。Appleデバイスと接続されている場合は、特に通知されることなくアップデートが自動で実施されます。Androidデバイスで最新状態に保つには、Google PlayからBeatsアプリをダウンロードします。

Beatsイヤフォン製品比較

価格 - から - から ¥5,400 から
評価 カスタマーレビューはありません 5つ星のうち4.5 (2,617) 5つ星のうち4.2 (2,309)
フォームファクター イヤフォン イヤフォン イヤフォン
アクティブノイズキャンセリング check mark - -
耐汗/防沫仕様 check mark check mark
バッテリー駆動時間 最大8 時間の再生が可能(充電ケースを使用した場合は24 時間以上) 最大9 時間の再生が可能(充電ケースを使用した場合は24 時間以上) 最大12 時間の再生が可能
Fast Fuel機能 check mark check mark check mark
Class 1 Bluetooth®接続に対応しています check mark check mark check mark
iOSとAndroidに対応 check mark check mark check mark
オンイヤーコントロールによる通話・ 音楽再生操作 check mark check mark check mark

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
227 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年8月15日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
66人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月11日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月12日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
46人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月14日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月26日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月14日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年8月20日に日本でレビュー済み
色: ブラックAmazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 AirPodsProの代わりにはなりません。
ユーザー名: げ〜む小僧、日付: 2021年8月20日
AirPodsPro(以下Pro)が私の耳にイマイチ合わないのでBeatsStudioBuds(以下Beats)も買ってみました。
Proはカナル型に見えて実はカナル型ではなく、イヤーチップには硬い芯はなく、Pro本体はあくまで耳の窪みに置くだけで、耳の穴との周囲をイヤーチップのシリコンで密閉するといった感じです。イヤーチップを耳の穴に押し込むわけではありません。
そのためイヤーチップのシリコンの弾力で次第に浮いてきてしまって不安定になって落ちそうになってしまうんです。小走りしたりアゴを動かしたりすると不安になるくらいに浮いてきてしまします。かといってチップをSサイズにすると密閉されていないと叱られるし…。

新型AirPodsシリーズの発売も確実視されている中で迷ったのですが、モノは試しで買ってみました。
結論を先に言えば…失敗だったかも?
でも装着感は私にとってはBeatsの方がまだしっくりくるような感じです。ただしBeatsもカナル型とはいえチップの芯はチップを固定する程度の最低限の長さがあるだけで、基本的には耳の窪みに置いてチップはその空間を密閉するといった印象を受けます。装着感については千差万別でしょうから評価は控えます。

Beatsの商品説明を見て、操作方法がほぼ同じことから当初はAppleのH1チップのコピーかと思いきや、明らかな別物です。まずiOS上でイヤーチップ装着状態テストがないし、空間オーディオの機能スイッチと試聴、マイクの選択、自動耳検出がありません。Proでは左右の各本体に装着センサーがあって耳に装着してからiPhone等に接続されますが、Beatsはケースの蓋を開けたタイミングで接続されます(この状態で再生するとケースの中で音楽が再生されている)。ただしこの方が接続までのタイムラグが短くなるからメリットとも言えるかも知れません。

長押しのモード選択で選択モードの選別ができないのがちょっと残念。
ProもBeatsも「外音取込み」「オフ」「ノイズキャンセリング」の3モードがありますが、Proではこのうち2モードに限定して選択(私は「ノイキャン」と「外音取込み」の交互選択に設定)できますが、Beatsでは3モードのサイクリック選択固定です。なので外音取込みモードからノイキャンに切り替えるには長押しを2回行う必要があります。

ボタンについてですが、Proと同じような感圧センサーかと思いきや、物理的なクリックボタンでした。操作感があって確実に操作できますが、装着時などに触れてしまうこともありますが、ボタンを避けるように親指と人差し指で摘まむように操作する癖をつければ問題ないでしょう。

音質については私には音質を聞き分ける耳が備わっていないので自信はないのですが、高級機種でもないのでこんなもんじゃないでしょうか。外出時にBGM代わりに流し聴きする程度なので多くは求めていません。

外音取込みの質はBeatsの方が低いです。静かなリビングでProは装着していることを忘れてしまうくらいにごく自然な静寂を耳に伝えますが、Beatsはヒスノイズが目立ちます。これは静かな部屋で再生停止している状態だと明らかに気になるレベルです。曲間の無音状態でも同様です。ある程度騒音がある場所ならそれほど気にならない違いでしょうが、明らかに外音取込みの質はBeatsの方が低いです。普段で一番よく使うモードなので、この質の低さは気になるレベルかも??

自宅でこのヒスノイズ聞いて「えっ、雨が降ってきた!?」と勘違いしてベランダに洗濯物を取りに行ってしましました。冷静に聞くと雨音にも聞こえます。試しにProでも試しましたが少なくとも雨音と勘違いするような音は聞こえませんでした。このくらいの差があります。

ノイキャンモードは概ね納得ですが、やはり集音マイク等の質なのかProよりは効果は低く感じますが、騒音が大きい地下鉄車内で音楽が聴きづらくなる時に時々使用する程度であまり使わないのでまぁよしです。

全体的にはコストダウンの影響か、ノイキャンも外音取込みもProと比較してしまうと明らかに質が低くなっています。
状況によっては今がどのモードなのか判らなくなる時があります。やはりProとは確実に差があります。

ワイヤレス充電には対応していませんが、Proではqi充電器との相性で時々充電が停止してしまっているので、ワイヤレス充電も一長一短です。恐らくは消費電力がかなり低いので充電器側で充電完了と判断されて停止してしまうのでは?と思っていますが、これはqi充電器との相性問題と思っています。

ケースに収納する時は各本体が磁石によって吸着されていますが、この磁力がちょっと強すぎる気もします。強い方が落ちにくいともいえますが、取り出すときに強めに指で摘まむ必要があるので、指が濡れていたり汗がついていたりすると滑ってしまうくらいです。

細かな点では、ケースの質や精度がProより低いですが、値段相応と思えば納得です。
購入価格ではProの半額近くでお買い得ですが、それなりにコストダウンはしています。Proを知らない人なら十分に納得できると思います。
結局またProを使い続けます。新型AirPodsが発売されたら争奪戦に参加して購入するつもりです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告