Be My Last がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブックマ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタル落ち商品ですが 帯も有り、歌詞カード綺麗です。毎日発送します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 351
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: KaniHobby販売
カートに入れる
¥ 499
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: だるまや-cd/レコ-ド高価買取
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Be My Last Single, Maxi

5つ星のうち 4.2 48件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 679
価格: ¥ 354 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 325 (48%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 宇多田ヒカル ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Be My Last
  • +
  • HEART STATION / Stay Gold
総額: ¥953
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2005/9/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 5 分
  • ASIN: B000A6BH3S
  • JAN: 4988006201385
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 394,324位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. BE MY LAST

商品の説明

内容紹介

17か月ぶりとなる待望のシングル。行定勲監督映画『春の雪』(2005年10月29日公開予定。出演:妻夫木聡、竹内結子他)の主題歌となる本作では、三島文学の『春の雪』を宇多田が自分なりに表現。聴く者すべての心に響く力強いラブソングに仕上がった。

【紙ジャケット仕様】

メディア掲載レビューほか

行定勲監督作品映画「春の雪」(2005年10月29日公開/出演:妻夫木聡、竹内結子他)の主題歌を収録したシングル。三島文学の「春の雪」を自分なりに表現するというテーマの元、制作した作品。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
宇多田ヒカルの今までにはない風潮の曲。新たな宇多田を象徴してます。従来のアップテンポの曲調やテクノポップを削ぎとって、微妙なニュアンスのバラードにしましたって感じ。前作のCOLORSの延長線と言っても頷けますが、それでも今までとの違いが聴き取れます。「いい歌だなぁ」と感動するよりも「何を言おうとしているの?」という疑問が強くなる、そんな一枚です。私的ですが、歌うからに難しい曲をものにしてしまう宇多田ヒカルはやっぱり凄い。
でも一曲しか入っていないのは星一つを減らした結果になりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
打ち込み音での曲が主流になる最近のヒット曲の中でシンプルに生の楽器で仕上げたこの作品はとても新鮮に心の琴線に触れる。映画の主題歌として書き上げた本作は彼女が得意とするバラードでコーラスも絡めて大変美しい仕上がりだと思う。
余計な音色を排除して極めて音のスペースがある曲作りは彼女の胸を打つような歌詞もあってこの曲では効果的。
前作『EXODUS』のアルバムが合わない人にも安心して聞ける渾身の一曲。切ない曲を作らせると彼女は本当に上手いですね。大作ではないけれどヒカルちゃんらしい美しい小品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
宇多田自身相当力が入っているのでしょう。三島文学の大ファンであるからこそなのかもしれません。最初に聴いたインパクトは他のシングルより明らかに低い。しかしこの作品は不思議な魅力がある。飽きないのだ。こうゆう作品というのはよほど考えが練られて作られた場合が多い。その意図を読みとりたくて何度も聴きたくなる。少なめのメロディ、少なめな歌詞ゆえにそこに込められた意味は深いのだ。ぜひ映画の中でもう一度聴いてみたい。答えがボヤッとでもみれるかもしれない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まさに純愛そのものです。今時ありきたりな「恋する女の子の応援歌♪」のように決して軽々しさはなく歌詞も内容も奥深ぁ〜い意味があるような感じでした。アルバム「ULTRA BLUE」だって未だに毎回聴いてます。飽きないんだもん。
また映画「春の雪」にもピッタリだと思いました。見てないけど予告で「Be My Last」のサビに鳥肌が立ちました!!彼女じゃなければこの歌はつくれません。これ以上のアーティストは当分登場しないでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/11/14
形式: CD
私は普段、宇多田はほとんど聞きません。
音楽の才能というか感性には驚かされるんですが、買うまではいかない……という感じでした。
けれどこの曲をCMで聞いて、すごくメロディが耳に残ったので気にしていた所で、先日Mステでチェロとの共演。
ヤバイ。
即買いでした。やっぱり宇多田は凄い。
そして、歌詞もいい。すごく短い歌詞で、物足りなく感じる人もいるのかもしれませんが、私は逆に全てを語らない奥深さを感じました。
この曲は、凄く好き、嫌いの分かれる曲だと思います。
けれど曲の魅力に気付いたらどこまでもハマっていける曲なんじゃないかと思います。
DVDも想像力を掻き立てる素晴らしい出来。
買ってよかった。
本当によかった。
そんな一枚です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 diaby 投稿日 2005/10/9
形式: CD
初めて聞いたのがMTVで映像と一緒だったので、印象が変わっているのかもしれません。が、
歌い始めの「母さんどうして‥育ててきたものを‥」あたりから、久しぶりに宇多田ヒカルの世界に引き込まれています。何回も映像と一緒に見ています。
それは、
彼女にしかない、重たいテーマを無理に爽やかにせず、重たいそのままのものとして受け止める力が生かされているからです。
決して、聞いてハッピーになるわけでも、前向きになるわけでもないのです。時には沈んでしまうかもしれません。
しかし、日本文学によくありがちな、切ない、重い空気感を味わえます。「今の恋愛は自由でいいな」って思ってしまうくらいに。
ですので、EasyBreazyにある新たなかっこよさも好きですが、これはこれで(特に映像は良く出来ているので一緒に見るのをお勧めします)繊細さを評価したいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最新曲の「passion」は勿論、こちらの曲のレビューも毎日の

ように、更新されているのを見ると、賛否両論あろうとも

一貫して言えるのは、常に宇多田ヒカルの音楽は、感情の源を

つよく刺激するというコト。

質や聴き手の趣向は置いといても、その手を掛けてる感は半端じゃなく、

壮大で、息苦しいくらいに、強くて個性的な世界観が築かれている。

それだけはどこにおいても事実。

この曲も、模索中であるのは伺えるが、それが発展途上系でないのは

聴けばわかる。きちんと確固たる世界と空気、とかいろんなうずめくモノを

きっちり凝縮し、「音楽」にしている。しかも宇多田ヒカルの音楽。

なんかのインタビューかなにかで読んだが、彼女は曲を投げ出すコトはいっさい無く

絶対に感性系に持っていくそう。最後まで。

だから彼女の作品は質はともあれ、たまらないエネルギーを

感じさせるのだろう。そしてこの曲では

詞、言葉、メロディー、空気感、アレンジ、響き、そして声

すべてにおいて、そのエネルギーが研
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す