この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Barefoot Gen: A Cartoon Story of Hiroshima (英語) ペーパーバック – 1990/9

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 156,845 ¥ 6,629
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 7,613 ¥ 1,898

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

内容紹介

classic Japanese autobiographical comic-art novel

著者について

Keiji Nakazawa was seven years old when the atomic bomb was dropped on his hometown of Hiroshima. He lives in Tokyo. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • ペーパーバック: 284ページ
  • 出版社: Last Gasp of San Francisco (1990/09)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0867194502
  • ISBN-13: 978-0867194500
  • 発売日: 1990/09
  • 商品パッケージの寸法: 22.7 x 13.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 2,170,230位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
Volumes 1 of Nakazawa's famous comic series about a boy called 'Gen' and his life in Hiroshima during the WWII and soon after the atomic bomb. The first two volumes of this series are probably the most important ones. After I read them, I just had to lend them to everyone I knew. If you read this story, you'll realise how silly to hear some popular opinion 'Dropping two atomic bombs in Japan was necessary to end the war'. The author Nakazawa says that each and every event illustrated here is a true story. You'll see, for example, that two young brothers fight against each other for a little gr...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
Volume 2 of Nakazawa's famous comic series about a boy called 'Gen' and his life in Hiroshima during the Second World War and soon after the Atomic Bomb. The first two volumes of this series are probably the most important ones. After I read the first two volumes, I just had to lend them to everyone I knew. If you read this story, you'll realise how silly to hear some popular opinion 'Dropping two atomic bombs in Japan was necessary to end the war sooner'.

Nakazawa says that each and every event introduced in these comics is true. You'll see, for example, that two young brothers fi
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
All humans in the world should read this.
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
I am awed by this book, which I purchased after having watched a documentary recently about the author and his “Gen” novels on Japan’s public television station (NHK).
First published in serial form in 1972 and 1973 “Barefoot Gen”, which opens in April 1945, tells the story of what life was like in Hiroshima before the atomic bomb was dropped, and ends in its aftermath. Almost more than any other book, Keiji Nakazawa’s manga (cartoon) masterpiece is a novel of resourcefulness at a time when Japan was literally on the ropes. It was a time of appalling deprivation for the civilian populatio
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック