¥ 1,714
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Balzac and the Little Chi... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Balzac and the Little Chinese Seamstress: A Novel (英語) ペーパーバック – 2002/10/29

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(15)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
図書館
"もう一度試してください。"
¥ 2,362 ¥ 3,075
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713 ¥ 134
ペーパーバック, 2002/10/29
¥ 1,714
¥ 1,143 ¥ 1
CD
"もう一度試してください。"
¥ 338,959 ¥ 4,119
カセット
"もう一度試してください。"
¥ 9,749

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

New York Times Bestseller

Balzac and the Little Chinese Seamstress is an enchanting tale that captures the magic of reading and the wonder of romantic awakening. An immediate international bestseller, it tells the story of two hapless city boys exiled to a remote mountain village for re-education during China’s infamous Cultural Revolution. There the two friends meet the daughter of the local tailor and discover a hidden stash of Western classics in Chinese translation. As they flirt with the seamstress and secretly devour these banned works, the two friends find transit from their grim surroundings to worlds they never imagined.

内容(「BOOK」データベースより)

文化大改革の嵐が吹き荒れる1971年、医者を親に持つ僕と羅は、反革命分子の子として再教育のため山奥深くに送りこまれた。僕は17歳、羅は18歳だった。厳しい労働に明け暮れるなか、僕らは村に唯一ある仕立屋の美しい娘、小裁縫に恋をした。あるとき僕らは、いまや禁書となっている西欧の小説を友人が隠し持っていることを知る。壮大な愛や冒険の物語に僕らはすっかり夢中になり、これに刺激を受けた羅は、小裁縫にバルザックの小説を語り聞かせる。二人は次第に親密になっていくが、本によって自分たちの運命が大きく変わってしまうとは知らなかった…。在仏中国人作家が自らの青年時代の体験をもとに綴り、世界30カ国で翻訳された話題作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 192ページ
  • 出版社: Anchor; Reprint版 (2002/10/29)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0385722206
  • ISBN-13: 978-0385722209
  • 発売日: 2002/10/29
  • 商品パッケージの寸法: 13.2 x 1.5 x 20.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 109,950位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
中国の文化大革命のころ、「反動分子」として地方に送られ、「労働」を科されたインテリ青年たちの物語であるが、これは著者の実体験に基づくものだという。

そういう話はえてして、「きけわけだつみのこえ」のような、悲惨さというか、悲しさを伴うのが常だと思っていた。

だが、本作はそうでもない。

というのも、登場人物たちがだれ一人とっても、なぜか憎めないのである。
そして、皆、それなりに生きていくのである。
それが何より証拠には、主人公たちは、後に都市へと帰っていくどころか、外国に留学するようにもなるというわけだ。
さらにヒロインのお針子もまた、生まれた地を遠く離れて……

まさに、水墨画の景色の中で繰り広げられる、ブルーハーツの「TRAIN−TRAIN」の歌の世界である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
文革の間にも、当たり前の生活があり、こんな愉快なことが日々行われていたのですね。「大地の子」や、陳凱歌の「私の紅衛兵時代」で、下放というものの様子、過ごし方をほぼ理解したつもりになり、ずっしり重みを抱え込んで居た私を、これはどんでん返しにしました。しかし何んとも痛快で、嬉しいどんでん返しです。彼らが秘境の崖を走る時、産院の前で戸惑う時、メガネのバルザックを狙うとき、私も若さが甦り、何の不都合もなく彼らの後を追っていました。このようなスタンスの若者もいて、中国を背負う人々の多様さに羨ましい気もします。これは青春小説なのでしょうが、私にとっては「ニーチェの読書の法則」の条件にピッタリ該当するものでした。
今、あんなに好きだった陳凱歌から、ダイ・シージエに心変わりをしてしまいそうです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文化大革命後の中国で、知識階級の子息たちが、再教育という名のもとに山村に送り込まれた。主人公たちも医者の息子。町に帰れるという見込みはないに等しい。文化も思想も取り上げられた生活の中で、貴重な西欧文学を隠し持つ友人に出会い、その本を盗み出す。
若い心の奔流が、文化を求め、恋心をかきたて、わが身を省みない行動を誘発する。
若いってこんなことだったのかと感じ入った作品である。サクサクと読める作品であるのに、深い作品であった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
「本を読みたい」!当然の権利すら剥奪された中国の文化革命時代。俗にいう「インテリ」の青年達が田舎に送られ、貧しい農民と暮らすことで高等教育を受けたアタマを「再教育」する。そしてそれは「故郷に帰れずその地で朽ち果てる」ことすら意味する。そんな環境での青年達の読書への渇望、生への執着、性への目覚め。それらを美しい田舎の少女との複雑な関係を芯にして描きだしていく。結末には予想さえしなかったことが起こる。彼らのその後の人生が気になって仕方がないのは私だけではないであろう。まさに絵画のような文学だ。受け止め方は読者にフルにまかされている。読むたびに違う発見がありそうな一冊だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文革をモチーフにした本はたいてい重くてシリアスなのに、こんなにロマンティックな物語は初めて。みずみずしくてエロティック。お針子が人魚のように泳ぐシーンは映画のよう……と思ったら、これ、映画化されたんですよね。監督が書いたんだから当たり前?
考えてみればそうとう悲惨な話なのに、ユーモラスに軽く物語ってる。そこがいいです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2009/11/1
形式: 文庫
原作(小説や漫画など)が映画化される
たいていはどちらかが良くて、どちらかはがっかり。
どちらも素晴らしいという例は、かなり少ない(『赤毛のアン』などはその一例)
『小さな中国のお針子』も幸福な例外。

まず映画から見たけれど、フランスで暮らしている中国人が中国を舞台にした映画で、
『青いパパイヤの香り』のような、センスの良い名作。
小説の方も、また違った角度から魅力をつくりだしている。
語り口が軽妙で、小説を読む楽しみを満喫させてくれる。映画を見た後だと、両者の違いがまた興味深い
小説の方は、ジャケットも白地に可愛いイラストがあしらわれチャーミング。
訳文のこなれ具合も絶妙で特筆もの。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/1/24
形式: ペーパーバック
Reading this book satiates your senses. It is a story of the difficulties during the Cultural revolution, where you read about the hardships but there are many parts where you want to laugh. It is a story about love of knowledge and love of friends.
I would say it is more a 4 and a half stars.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー