Back to Black がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,292
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: フルフィルメント エクスプレス
カートに入れる
¥ 2,580
通常配送無料 詳細
発売元: CD・DVDのタジマヤ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Back to Black Import

5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,293 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:29¥ 750より 中古品の出品:9¥ 594より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の エイミー・ワインハウス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Back to Black
  • +
  • Lioness: Hidden Treasu
  • +
  • Frank
総額: ¥4,457
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/3/13)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Republic
  • ASIN: B000N2G3RY
  • EAN: 0602517229679
  • 他のエディション: LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 27,033位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Rehab
  2. You Know I'm No Good
  3. Me & Mr. Jones
  4. Just Friends
  5. Back to Black
  6. Love Is a Losing Game
  7. Tears Dry on Their Own
  8. Wake Up Alone
  9. Some Unholy War
  10. He Can Only Hold Her
  11. You Know I'm No Good [Remix]

商品の説明

内容紹介

Hailed by Newsweek Magazine as a cross between Billie Holiday and Lauryn Hill, British soul singer Amy Winehouse's U.S. debut, Back To Black hits the US amid a flurry of accolades, radio and TV buzz unprecedented in recent years for a young siren.

Her brassy mix of emotive vocals tinged with 60's girl-group stylings, sly funk, and anguished jazz, sparked the New York Daily News to crown Back To Black a "marvelous debut that would do Etta James proud" while New Yorker Magazine called her "a fierce English performer whose voice combines the smoky depths of a jazz chanteuse with the heated passion of a soul singer," and Spin Magazine affirming "there's never been A British star quite like her."

Back To Black smolders with a bristling fusion of old school doo-wop/soul inflected uprisings, (the charismatic singer/songwriter wrote or co-wrote all of the songs on the album) brewing instant classics such as the Shirley Ellis influenced "Rehab," the Supremes tinged title song "Back To Black," the aching "Wake Up Alone," and the album's closer, "Addicted."

Amazonレビュー

Amy Winehouse's second album, Back to Black, is one of the finest soul albums, British or otherwise, to come out for years. Frank, her first album, was a sparse and stripped-down affair; Back to Black, meanwhile, is neither of these things. This time around, she's taken her inspiration from some of the classic 1960's girl groups like the Supremes and the Shangri-Las, a sound particularly suited to her textured vocal delivery, while adding a contemporary songwriting sensibility. With the help of producers Mark Ronson and Salaam Remi, "Rehab" becomes a gospel-tinged stomp, while the title track (and album highlight) is a heartbreaking musical tribute to Phil Spector, with it's echoey bass drum, rhythmic piano, chimes, saxophone and close harmonies. Best of all, though, is the fact that Back to Black bucks the current trend in R&B by being unabashedly grown-up in both style and content. Winehouse's lyrics deal with relationships from a grown-up perspective, and are honest, direct and, often, complicated: on "You Know I'm No Good", she's unapologetic about her unfaithfulness. But she can also be witty, as on "Me & Mrs Jones" when she berates a boyfriend with "You made me miss the Slick Rick gig". Back to Black is a refreshingly mature soul album, the best of its kind for years. --Ted Kord


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
こんなのを待ってたよ!!

UKで発売されたのは去年だそうで、アメリカでもBillboardでチャートイン。

NYCの友だちが興奮しながら教えてくれた"Back to Black" ショップでは??な顔をされ、お取り寄せです。と言われてやっと聴きました!

(日本盤発売は9月頃だそうです。。)

とにかくディープな声質、どこか艶っぽくて強い!渋いっ!

オールディーズやモータウンサウンドを彷彿させるような、シガーbarなんかで流れていそうな雰囲気のある楽曲。

ジャズ・ソウル・ブルーズ・レゲエの要素と、バックにはcoolなドラムビートが☆

「これを聴いて!」という主張のような、厳選されたっぽいクオリティの高い作品。

トラック10曲(+リミックス)というのも、何度も聴きたくなってしまう、何度も聴いてしまう。。良い楽曲は曲を通して、ストーリーが想像できてしまうように思えます。

Jay-ZからRemixのオファーを受けたり、最近ではPrinceがツアーで一緒に"Love is a losing game"を歌いたい。と周囲に漏らしているとか、、

まだ23歳?という彼女(でも、あえて
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
1曲目に収録してある「Rehab」はラジオで聴いたこともあって良いなあとは思っていたものの、ヒトに勧められて本アルバムをあまり期待もせずに購入しました。が、聴いてビックリ!

モータウンやシカゴソウル、スィートソウル風の楽曲・アレンジが主なのですが、これがもうもの凄く良く出来てます。「Tears dry on their own」という曲のクレジットにはアシュフォード&シンプソンの名前も見えます。シュープリームズの時代からの見慣れた名前です。プロデュースはSalaam Remi(何て発音するんダ?サラーム・レミ?レミちゃん?)とマーク・ロンソンという、わたしは全く知らない名前の人だったのですけれども、彼らのアレンジとそれからミキシングが素晴らしい。ブラスやベルを薄〜く薄く極力さり気なく入れるとこなんか、モータウン・サウンドの最も洗練された部分ってこうやって造るんだヨ、という教科書のようです。

では、昔のサウンドをそういう「教科書風」に仕上げたらこうなりましたって感じで懐古趣味のイヤ味ったらしいアルバムになっているかというと、そこをワインハウスの歌(ボーカル)と歌詞が劇的に救っています。本当によく出来ています。買ってソンはないと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 2006年の暮れ頃に耳にして以来、「こんなに素敵なアルバムなら絶対に国内盤が出る!!」と待ち続けていましたが、我慢できずに買っちゃいました。(2007年4月現在も予定はないそうです。)

 普段ブラック系はあまり聴かないのですが、これは久々に感動しました!! ジャケ写だけ見ると某av●x系のチャラチャラしたダンス系のブラック物っぽいですが、声を聴いたら「女版JB」な上に、サウンドも「場末の酒場とキャバレー」的なレトロ&ジャジーで激渋です!! 

 まぁ、同じオルタナ・ソウルでもメイシー・グレイがロック的構造のソウルに対し、エイミーはジャズ寄りのソウルで、メロディも憂いと哀愁を含んだ「昭和歌謡ジャズ風」(ロックで言うとケーク、ジョナサン・リッチマンやアニマルズ辺りな感じです)!!

 言うならば「青江三奈 meets メイシー・グレイ sings 朝日のあたる家」と言った感じでしょうか。

 気だるさと泥臭さが、体臭と湿気と共に体中に絡み付いてくる様な一枚です。清涼感のあるポップなんかよりも、よりリアルに日本の(都市部の)夏によく合うと思います。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
訃報に接した時は、驚きと共に、正直、「やっぱりか」という感覚にも捉われました。
新作の発表を心待ちにしていただけに、まさに痛恨の思いです。
僕等彼女の音楽を愛する者達に出来るのは、もはや、残された音源を繰り返し聴くことだけになってしまいましたが、リアルタイムでその生き様を目の当たりに出来たことは、ある意味幸運なことだったと言えるのかもしれません。
ジャニス、ジミ、カートらと共に、今やレジェントとなったエイミー。
今後、その存在は、音楽シーンにおいて永遠に語り継がれていくことになるのでしょう。・・・

本作は、そんなエイミーが2006年に発表した2nd作であり、‘00年代を代表する名盤であります(因みに、僕個人にとっての2007年ベスト1アルバムでもあります)。
HIP HOPを中心とするクラブ・ミュージックが隆盛を誇っていたあの頃、50〜60年代のオールド・スクールなソウル/ジャズを、そのプロダクションごとこの新世紀に持ち込んできたかのような作風であり、シングル『REHAB』を初めて聴いたときの衝撃は、今も忘れることが出来ません。
この、R&Bシーンにおけるローファイ/ローテクムーヴメントとでも呼ぶべき方向性は、まさに彼女を源流として現在にまで至っていると言えるでしょう。
リリー・アレンやダフ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック