Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive psm Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame CPplus2017 ファッション Fire HD 8 Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 猫の日ウィーク猫用品タイムセール Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン


お客様の評価(クリア)この商品を評価する
他のお客様にも意見を伝えましょう

レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。

今号の特集は「漫才ブルータス」。「M-1グランプリ2016」
を控え、漫才の特集です。最近はビジネス誌などでも落語
特集は目にしますが、ネタ番組ブームが去ったこともあり、
漫才の大特集は一般紙では珍しいです。

内容は割と真面目です。漫才の歴史を紐解くページの他、
言語コミュニケーション編(講師はサンキュータツオ)と
パフォーマンス編(講師は細馬宏通・滋賀県立大教授)か
らなる「漫才の構造分析講座」なんてページもあります。
この他、みうらじゅん氏や糸井重里氏など漫才好きのイン
タビューページも。放送作家の倉本美津留氏との対談では
チュートリアル、フットボールアワー、NON STYLEが登
場。これも結構真面目にお笑いへの取り組み方について話
しています。他にも人気芸人が大量に出てくる特集です。

表紙で「読んでも面白い」とうたっており、サンドウィッ
チマンやナイツなど過去のM1決勝ネタを文章で紹介するペ
ージがあるのがちょっと面白い。太字ゴシックやら色文字
を使った強調など雑誌ぽい工夫がされているのがネットの
書き起こしサイトと違って良かったです。

正攻法の構成なので、芸人志望の人、評論家みたいに語り
たがるお笑い好きの人は読むと面白いのかもしれませんが、
ビジネスマンなどフツーの読者にとっては生き方の参考に
なる(大袈裟ですが)ようなことは出てきません。ま、出
てこないでいいんですけど。ややマニア向けの内容でした。

オッサン的には小林信彦氏に今の笑いについて話を聞いた
り、欽ちゃん以外の昔の人ももう少し出てくるページがあ
ったほうが良かったんですが、今の若いお笑い好きにはあ
まりニーズがないんでしょうね。
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年12月15日
漫才のすべてはここにあり!という感じでした。面白い漫才は読んでも面白かったです
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

スポンサー リンク

  (ヘルプはこちら)