日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

BRAVESTORM

 (303)
4.61時間21分2020G
宇宙人に侵略された未来よりタイムスリップしてきた、「シルバースーツ」を持つ春日光二(大東駿介)とその弟妹、光三(タモト清嵐)、はるか(山本千尋)は、侵略を阻止するため、現代のロボット工学者、紅健一郎(吉沢悠)に巨大ロボット製作の協力を求めた。しかし健一郎には協力する一つの条件があった…。健一郎の弟 健(渡部秀)は、巨大ロボット「レッドバロン」の操縦者として、地球存亡をかけた戦いに巻き込まれてゆく--(C) albatross japan
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
【6/7(火)独占ライブ配信】WBA・IBF・WBC 世界バンタム級王座統一戦 井上尚弥 vs ノニト・ドネア

[Prime Video Presents Boxing 第2弾] 歴史に残る激闘を展開した両雄の完全決着戦。18:30から「井上拓真 vs 古橋岳也」、「平岡アンディ vs 赤岩俊」、21時前後から「井上尚弥 vs ノニト・ドネア」をライブ配信予定です。※開始時間は前後する可能性があります。
予告動画公開中! 今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
タモト清嵐吉沢悠春日光一壇蜜松崎悠希藤田富泉谷しげる寺脇康文
プロデューサー
岡部淳也
提供
myシアターD.D.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち3.3

303件のグローバルレーティング

  1. 28%のレビュー結果:星5つ
  2. 22%のレビュー結果:星4つ
  3. 16%のレビュー結果:星3つ
  4. 15%のレビュー結果:星2つ
  5. 18%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

ひげボウズ2019/08/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
邦画のダメポイントを押さえたもったいない映画
確認済みの購入
2017年の作品として、いよいよ日本のCGも素晴らしい進化と技術だと驚いた。
…しかしそれだけに、未だに邦画の情けない部分がよけい顕著に見えた、残念なもったいない映画。
この映画に限らずだが、以下のポイントが邦画の絶対的にダメな部分である。

【ここがダメだよ邦画ランキング!!】

第一位…セリフの復唱祭り
もうね、いまだにコレなんでやらせるの?絵的に会話的におかしいと思わない事、これが良いと思ってるのか定石として必要なのか?まったく謎。
漫画など文字では「手法」としてあるが、実際声だすと違和感あるのわからないかなー?ホントダメ、これだけはもう昭和から一切進歩なし。どんなうまい役者でもアホに見える。

第二位…場面が変わるごとにヘアメイク★リセット!
あのさぁ、さっきまで走りまわってたのに次の場面で服は洗い立て・顔はメイクでツヤツヤ・髪型はピッチリサラサラ…まさにヘアメイクさんの厳重な手直しとチェックしてからシーンの撮影に挑んでるのが見えて萎え萎え。…いやいや、それはモデルの撮影のやり方でしょ苦笑
各事務所の役者に気を使ってんのか本人に気を使ってんのか知らんけど、演じるからには徹底しろと言いたい。
劇中のタモト清嵐の演じる役なんて酷すぎるよ。ことごとく破壊された街で2体の巨大ロボが大暴れしてるのに、泥ひとつつかない服とカバンは、パワースーツより有能なのか?そして何よりあの髪型(笑)このクッソ非常事態かつ退廃した世界で、風でなびかない超ウルトラスーパーハードスプレーは売ってんのか?使ってんのか?おまけに、立ちこめる黒煙の中でもお風呂上りかファンデーションお色直し後かってくらい顔キレイすぎwww
最後、敵ロボ破壊した大爆発!!!!街を飲み込む爆風と煙…の爆心地100m以内で、ちょっと腕で顔を防ぐだけで平然としのぎ、全身ピカピカのまま「やったー!」(笑)

第三位…想像力の詰めが甘いのでリアリティに欠ける。
宇宙人の造形はアレでも構わない。わかりやすさやオマージュもあるだろうから。しかし、あれだけの科学力を持つ宇宙人がさ、昭和の従来のイメージに合わせて「粘液タレ流し」とかするわけないやん?
あれだけの重量ロボのコクピット内で立ち乗りしてる女が「ちょっとよろける程度」で済むわけないやん?
…いやこの辺りはまあ、あくまでSFということで言い出すとキリないしそこまで細かく描写してたら本編のテンポにも差し障るかなと思うけど…できればそれ含め、うまくやってほしいところだ。
唐突な超能力や唐突な手からビームとかをサラっと入れるくらいだし、適当にサラっとさ「このシートベルトなら絶対安全!」とかでいいからさぁ、もちょっと何かできなかったのかな?

この映画、特撮系の延長(子供向け)とかではなく、割とシリアス(世界進出も視野?)に作ってるぽいから、余計なんとかしてほしい。
特にラストで、定番のTO BE CONTINUEとかやって続編匂わせちゃってるわけだからさ…。
続編作るなら、最低限1と2を抑えてほしい。採用するのに何も特別な苦労や予算まったく要らないわけだし。

すっごい単純な事だと思うんだけど、日本の映画界はコレを実現するだけでもすっごい複雑なんだろうなー。
94人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2019/07/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ポリコレなければ☆5つ
確認済みの購入
最後まで見る価値があります。
最初はいろいろ。アラはあるし、殺陣は今ひとつ。主人公の心情にも納得できません。つべこべ言わずにやれっ」といいたくなります。
しかし初めに感じた作品構成のアラらしきものは途中から見事に埋められ、整合性を保ってまとめられていきます。
うまく伏線を張っている作品です。
説明は不要でしょう。見ていれば分かります。

この作品、『レッドバロン』と『シルバー仮面』をモチーフに作られているそうです。名前は知っているし、見たこともあると思いますが内容は全く覚えていません。
こういう作品にタイムマシーンやAIのテクノロジーを加えて魅力的に昇華させている点は素晴らしいと思います。
タイムマシーンについては多次元的時空観に立っており、タイムパラドックスが起こることを当然として描かれており、突っ込む要素を消しています。
登場するロボットもややチャチさは感じますが重機感あふれる重厚な動きは作品に合った雰囲気を醸し出しています。
総じて素晴らしい作品だと思います。

ただ☆はひとつ減らしました。
チャチさやアラではありません。
やはりどこかに漂う日本的ポリコレ臭です。

敵のマシーンに乗っているのが兄さんだとして、それを倒さなければ世界中の人が死んでしまうなら「迷わず倒せ」。
最後の宇宙人が地球を侵略した理由として「平和で安定した星ではないから」とは一体なんでしょう。
いい加減このような表現を入れ込む悪弊から卒業してほしいものです。(個人的な感想です)
47人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Kanikick_78782019/07/14に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ツッコミながら見るのが楽しい、愛すべきおバカ映画
確認済みの購入
まず初めに、真面目に映画を楽しみたい方にはオススメできません。

日曜朝の仮面ライダー?みたいなチープなお芝居、「パシフィックリム」や「デッドスペース」のパクr・・・いや、オマージュ。何の脈絡もなく突然出てくる超能力要素などなど。

ですが「メガシャークvs○○」みたいなZ級映画にツッコミ入れながら楽しめる人にはオススメです!

ーーーーーーーーーーー以下ネタバレ有りーーーーーーーーーーーーーーーーーー
のっけから、のっそりしたダッシュでミサイル(安っぽいCG)を振り切ろうとする兄に爆笑、Z級好きの私はそれだけでガッツリとハートを鷲掴みにされました。
中盤は役者さんの芝居とかにツッコむのも飽きて、中だるみ感がありつつも、後半のロボバトル中に突然、妹に超能力がある事が発覚。その超能力でどっかの無人島に同伴者付きで瞬間移動「えぇぇぇぇっ!?」と驚きの余り呆然としてる間に生身で宇宙人との戦闘もこなす妹。しかもこれがバトルスーツみたいなの着てる兄より断然強い・・・

内容に触れるなら大体そんな感じの愛すべきおバカ映画です。
39人のお客様がこれが役に立ったと考えています
右影雅人2019/07/14に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
邦画も馬鹿に出来ないなぁと思いました
確認済みの購入
細かい所を見ていけばアラが目立ちはしますけど、
CG技術の進歩って素晴らしいな・と思いました。
ここまで来るとキルギス星人等の着ぐるみの方が
気になるレベルでした。

個人的にはエレクトリッガー見れただけで満足。
さらに、山本千尋さんのキレッキレな演武が最高。
シルバーより凄いアクションかましてました。

ロボのデザインは好みが分かれる処と思いますが
悪くないと思います。ただし、最後のシーンを
見てしまうと「うーーん・・・」という感じ。

2016年のシンゴジラや2017年の本作を
見ると、国内でも相応の資金を投入すれば良い
物が作れると、希望を感じました。
劇場で見たかったなぁコレ・・・
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
CGF2019/08/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
シルバー仮面をベースにした素晴らしい宣弘社の元円谷系特撮リブート
確認済みの購入
先ず、本作の制作過程から解説。
自分も最初勘違いしてたが、しょうもない映画のでは無くマニアックな怪獣フィギュアメーカーのアルバトロスが宣弘社の版権を買った事で、宣弘社のSF特撮作品のリメイク企画が立ち上がる。
その任を任されたのは、ゴジラ映画の造形(ビオランテ)で注目を浴び、早くからCGもやり始め、TYOに買収された後、TYOが円谷も買った為にそちらに吸収される形で消えたビルドアップ社長であった岡部淳也である。
岡部は円谷の副社長という待遇だったが、バンダイ傘下になった後辞職し、この映画の制作のブラストを設立する。

当初は「シルバー仮面」「レッドバロン」「アイアンキング」の三作品をMIXしたリメイクの企画であったが、岡部の提案で絞った形となった。
それはシルバー仮面をベースに巨大ロボットとしてのレッドバロンを付加したものとなったのは、本作を見れば判るだろう。

また、かなりシルバー仮面リスペクトな設定で、敵は実相寺が監督した1,2話をモチーフにし、登場人物などオリジナルに似せた部分とわざと変えた部分は拘りが見える。
光三(オリジナルではタロウの篠田三郎がやっていた)は宇宙人を見破れる眼鏡は同じだが、光一とひとみが未来に残った為、機械工作や司令塔も担当する知性派と云うかオタクっぽいキャラに。
同じ理由で光一の銃はシルバー仮面である光二の武器に。
オリジナルではひ弱設定で途中で出なくなった末っ子のはるかに関しては、当時、新進アクション女優として名前が売れ始めていた山本千尋の起用もあり、何か光二より強いんじゃねぇかってくらいのキャラになっている。

逆にレッドバロン部分はキャラの名前とか兄が作った辺りと、オリジナルでの親父(紅健太郎)の話を兄(健一郎)に一部置き換えて入れてあるくらいか。(その親父の話関係はセリフなどにも反映されており、そこは割とマニアック)
むしろ、最後に入れたアイアンキング要素の方がリスペクトを強く感じられた。

前述の様に、監督の岡部淳也が円谷プロと色々あった人なのは、本作が宣弘社特撮のリブートである点で因縁を感じる。
円谷が業績不振や円谷英二の死去でスタッフが抜けていく中、月光仮面をはじめ、かつては人気作を出していた宣弘社はアニメの方にシフト気味になり、久々にやったドラマはイマイチ伸びず、そこに円谷のウルトラマンなどのスタッフが集められて作られたのがシルバー仮面である。
その流れはアイアンキング、レッドバロンと続くが、その後、宣弘社が抜け、実際に制作していた元円谷側の日本現代企画が継いでマッハバロンを作り、またそこから分裂したところがガンバロンを制作。
一時代を作り、阿久悠や伊上勝(若い人には井上敏樹の親父のが判り易いか)を輩出した宣弘社も名前だけの権利管理会社になっていった。

さて、前置きと云うか周辺情報ばかりになってしまうのが古いおたくの悪いところなので、今度は本作について書いていこう。
主役の渡部秀はオーズの人。
平成ライダー主役の大半の様に、その後は微妙なポジションだな。
序盤で死ぬ役だが、アマゾンズの藤田富も出てる。
今回は頭の悪いキャラでオーズとは印象が違うが、主役と書いたもののどうもレッドバロン比率が低いし、最後まで頭悪いのは悪意でもあったのか、昭和の番長キャラみたいなのにしたかったのか…

シルバー仮面な大東駿介は、まぁ人気のある若手だが、個人的には深夜辺りの漫画原作とかのしょうもないドラマによく出てくる人な認識。
平成特撮俳優の多いトップコートから移籍したんでライダーとか出そうで出てないとか思ったら、最近の映画で出てたんだな。
メインキャラでは役者慣れしてるし良い感じ。

はるかの山本千尋は太秦ライムライト(これも未見なら良い映画なのでオススメ)で知ったが、戦隊ライダーウルトラも制覇してるし令和を代表するアクション女優になっていくかもね。
今回は演技の方はまだまだな感じか。
アクションも長くないし、CG合成で演舞っぽさが強い。

敵役で出てる松崎悠希はハリウッド映画やドラマで見る人だよね。
調べたら藤田富と同じ事務所なんだね。
折角、北村龍平が協力してるなら、大東と松崎の戦闘を北村に撮ってもらった方が良かったかもね。
いや、昔の北村の作品みたいなツッコミどころは多くなってるんだけどもw

その他ちょい役で有名な人が何人か出ているが、注目すべきはアインキングの主人公である静弦太郎を寺脇康文がやっていたところか。
リブート企画なので続編を匂わせる終わり方だったが、アイアンキングは今やると色々波乱を含みそうな内容だし、本当に続編作る気があるかは判らないが、あるなら寺脇らの活躍する話を期待したい。

内容的にツッコミを入れたくなる場面も多いのだが、80分と云う長さで登場編として上手くまとめてあるのは悪くない。
最後の70~80年代的なテーマの入れ方も強引だが懐かしい。
何より、かつての子供たちにもアピールしつつ、しょうもない名前だけのリブートが多い中で一定以上のクオリティの作品になっている本作は、もっと多くの特撮ファンに観ていただきたいので★5とさせてもらう。
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
けいすけ2019/07/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人は見かけによらない。
確認済みの購入
大変失礼ながら、ま~た可愛い女優さんのデビュー作かな?などと勝手に思ってました。
これまた失礼ですが、男性俳優さんのちょっと残念な殺陣を観てガッカリしていた所に、女優さんが剣を装備。まあ、なんとなく斬って終わりだな。と、のほほ~んと観ていたら、あの素晴らしい殺陣に釘付けになりました。
調べたら、武術太極拳で世界一になるほどの実力の方でした。凄いです。もう、殺陣はこの女優さんだけで良くないか?と思ってしまいました。可愛くてアクションが素晴らしくて演技も良かったです。何故もっとスクリーンで活躍できないのか不思議です。ハリウッドにでも売り込めば、もっともっと高い評価が得られるのでは?と老婆心ながら思います。
邦画はCGが微妙ですが、予算の都合上仕方が無いかと思ってます。
次回作の殺陣は、女優さんのメインが良いと思います。比較する土俵が違うのですが、同じ作品の中ではどうしても比較してしまいます。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ぽりりん2019/07/20に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
万人向けではないが良作だった
確認済みの購入
開始早々「おいおい」な感じの演出で始まるが、役者もたぶん演技指導もかなり良い。
ストーリーも詰め込み過ぎずに上手くこなしている(詰めの甘さも目立つけど)で、徐々にひきつけられていった感じ。

「ああ結構良かったじゃん」と思ったら最後にアイアンキングで締めてきた(笑)
レッドバロンのデザインが日本人ではない様で、某ハリウッドロボ映画風になっていたのが残念(☆-1)な反面、アイアンキングがスマートだったので、是非続編アイアンキングを作ってほしいと思った
Amazonプライムのリストに入るまで本作を知らなかったけど、旧子供向け作品のリブート系では群を抜いていると言っても過言ではない
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Making Gold2019/07/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
国内なら★5 海外なら★3
確認済みの購入
恐る恐る見始めたら意外と『これは!?』と思い最後まで見てしまった。
私の最も嫌いな、邦画の”オチャラケ感”がなく、世界観やデザインまでしっかり作り込まれて久々に感心した。
マーベルなどの巨大資本で作られたCGと比較すると脆弱さを感じないはずがないが、そもそもそこは映画の本質ではない。
強いて言えば、時代を股にかけ地球の存亡を巡った壮大なスケールの話だが、展開の節々に
本気で『ヤバいヤバい!!』と思わせる緊迫感のある演出を出し切れなかったことか。
敵の本拠地に向かうシーンも、あっさりミッションを終わらせ、敵ロボットもまたあっさりと撃破してしまった。
主人公の血の気が多く知性に欠けるキャラは感情輸入しがたいが、主演の演技力の高さははなかなかあなどれない。
吉沢悠氏はアイアムヒーローでの捉えどころのないキャラの延長でこういうのを期待されるようになったのだろうか(笑)
この映画の面白いのは、”スーツを着た人間が主人公でロボットも操縦する”というわけではないところだ。
ジャケットはキャシャーンのスーツみたいなのを着た人が巨大ロボットを上から見下ろす構図だったが
見ていくうちにそれがボクサーの主人公でないのに『あれ?』と思った。
スーツ、ガン、ソード、ロボットなどのデザインやディテールの秀逸さには目を見張るものがある。
ロボットがジェット噴射で空を飛ぶときの下からのアングルは純粋に美しいと感じさせる。
重量感がしっかり出ていたのは、制作側も今回の題材を扱うにあたって、そのポイントを抑えるためのリサーチは入念だったのであろう。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示