通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルト... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のページ折れ、破れがあります。中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族” 単行本 – 2010/2/25

5つ星のうち 4.5 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 989
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”
  • +
  • EAT&RUN
  • +
  • ナチュラル・ボーン・ヒーローズ―人類が失った"野生"のスキルをめぐる冒険
総額: ¥6,480
ポイントの合計: 195pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

全米20万人の走りを変えた、
ニューヨークタイムズ・ベストセラー


この冒険は、たったひとつの疑問からはじまった。
「どうして私の足は走ると痛むのか?」
その答えを探すなかでクリストファー・マクドゥーガルは
世界でもっとも偉大な長距離ランナー、タラウマラ族に行きつく。
その過程でわかったこと──
わたしたちがランニングについて知っていることはどれもすべてまちがいだ──

メキシコの秘境を彷徨う謎の白馬、
現代社会と隔絶して暮らす“走る民族”、
素足で峡谷を走り抜けるベアフット・ランナー、
数時間走り続けて獲物を狩る現代のランニングマン、
過酷な地形を24時間走り続けるウルトラランナーたち、
そして、世界が見逃した史上最高のウルトラレース……

ニューヨーク・タイムズで32週連続ランクイン中!
amazon.com ユーザー評価で297人が5つ星をつけた、
「読めば走りたくなる」と話題の
ロングラン・ベストセラー、遂に邦訳!

No Running, No Life!

内容(「BOOK」データベースより)

この冒険は、たったひとつの疑問からはじまった。「どうして私の足は走ると痛むのか?」その答えを探すなかでクリストファー・マクドゥーガルは世界でもっとも偉大な長距離ランナー、タラウマラ族に行きつく。その過程でわかったこと―わたしたちがランニングについて知っていることはどれもすべてまちがいだ―メキシコの秘境を彷徨う謎の白馬、現代社会と隔絶して暮らす“走る民族”、素足で峡谷を走り抜けるベアフット・ランナー、数時間走り続けて獲物を狩る現代のランニングマン、過酷な地形を24時間走り続けるウルトラランナーたち、そして、世界が見逃した史上最高のウルトラレース…全米20万人の走りを変えた、ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 414ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2010/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140814144
  • ISBN-13: 978-4140814147
  • 発売日: 2010/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,186位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
タラフマラ族とウルトラマラソンのルポを通して
人類が走る理由、ランニング哲学を得られる本

マラソンランナーやウルトラランナー、ジョギングを楽しむ人にとって
『読むと走りたくなる!』といったモチベーションアップになる本です。

この本で、高機能マラソンシューズへの疑問と
素足ランが広まったと言われています。

そういった評判を聞いていたので、高機能マラソンシューズに対する
素足ランの科学的な優位性が書かれているのかと思ったのですが
あくまで、『長距離レースのルポ』であり、科学的な証明というより
精神的なものであったり哲学的なものであるように感じました。

私自身、ウルトラランナーですが
安易に「素足ランがよい!」といったことではない気がします。

マラソンランナーで足底筋膜炎などの故障は深刻であり
その要因のひとつが高機能マラソンシューズであり
それが素足ランで解決できるという面はありそうです。

ただし
・マラソンランナーで故障する人は、普段から相当な練習をしている人と思われる
・素足ランで故障しなくなる、という状態になるには相当(数年くらい)のトレーニ
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ランニングをされている方なら、走り始めたものの
なんか調子悪いな、体重いな、今日はやめようかな?
なんて日もあるかと思います。
それが走り続けていくうちに、だんだん調子が上がって、
気分爽快、ああ、走って良かった!と思ったりしますが、
この本はまさにそんな本です。

はじめのうちは非常に読み辛く感じ、なかなか読み進められず
ギブアップしようかと思いました。
ただ、その読み辛いところを乗り越えると、別人が書いた?
というくらいストーリーに引き込まれるようになります。
続きが気になって、一気に読破出来るようになります。

つまらない、と思われても頑張って読み続けてみて下さい。
楽しいゴールが待っています。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読めば、走る欲求が体の内からあふれてきます。
それほど駆け出したくさせる本です。

序盤、邦訳本特有の「日本人に共感しにくい例え話や言い回し」に読みにくさを感じる部分もありますが、中盤からのドラマチックな展開で一気に完読できました。
一般庶民は、マラソンといえばオリンピックの42.195'`を思い返すところでしょうが、世の中には100'`超の「トレイルランニング」に挑んでいる人たちがいます。
オリンピックのような華やかさやありませんが、自身もランナーである著者が、伝説のランニング部族(?)タラウラマ族など、個性あふれる「超人」たちとともに描き出す世界に、どんどん惹きこまれていきます。
最後、タラウラマ族が住む未開のフィールドで奇跡的に開催された大会で、超人たちに遅れながらも完走する著者の姿に感動を覚えずにはいられません。

時折挿入される「走りの化学」についての話も秀逸。
我々がシューズに対して抱いている常識を、研究者の科学的根拠に基づき、圧倒的な説得力をもって覆します。
これを聞けば、ナイキのエアシューズが「ケガの防止」にほとんど貢献しないことを、納得せざるを得ません。
他にも、ランニング前のストレッチはケガの予防に効果がないとするデータなど、目からウロコの話満載
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
一般市民ランナーの読み物としては、こんな世界があるのかと感心しきりの内容だった。
刺激もあり、走りや目標として良い影響を及ぼしてくれる。

ただ、日本語訳は難解・・・というか、日本語訳がもっとうまければもっと良い本になったはず。惜しい。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読みにくいという感想も多々あり、確かに色々と話が区切りごとに飛ぶので読みにくい。

しかしそんなことはどうでもいい。
読み進めるうちに、私たちも銅峡谷のレースにたどり着く。
その部分は、文章量としては短い。
でもここがこの本の核心部。
伝説のタラウマラ族のアルヌルフォ、生けるレジェンドのスコット、そしてカバーヨ・ブランコその他、いやいやその他というにはキャラが濃すぎるんだが。
短いが、アルヌルフォとスコットが未開の地で恐らくはとんでもないスピードで走っていることが想像できる、その文章,光景が核心部。
何もかもが全く異質。
生まれ育った背景,環境,持っているもの…全てが異なっている2人がただ走っている。
勝負ではあるが、ただ勝ち負けを決める勝負をしている訳ではない。
いや、やっぱり勝負もないのかもしれない。
ただ楽しんで、ただ走っていたのかもしれない。
なんだかうるうるしてくる。
トレイルランニング(別に歩いてもいいと思うが)は、自分の中で繋がったと感じた。

なお、EAT&RUN(スコット・ジュレク著)にアルヌルフォらの写真が掲載されている。
その中に、スコットとアルヌルフォが並走している写真がある。
2人とも、微笑んでいるようにみえる。
これをみるとまた何故だか、うるうるしてくる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック