通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
BORDER(1) (カドカワコミックス・エース) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

BORDER(1) (カドカワコミックス・エース) コミック – 2014/3/20

5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BORDER(1) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • BORDER (2) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • BORDER (3) (カドカワコミックス・エース)
総額: ¥1,836
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「オレは一度死んだんだ」捜査中に頭を撃たれ、生死の境を彷徨った捜査一課の刑事、石川安吾。奇跡的に蘇生した彼は『死者と対話する能力』を手に入れてしまい――!? 強力タッグで贈る超感覚サスペンス、開幕!


登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/3/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041210712
  • ISBN-13: 978-4041210710
  • 発売日: 2014/3/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
テレビドラマのアンダーグラウンドな雰囲気に比べると、小手川ゆあ先生の絵柄はやさし
くて頼りなさそうにみえました(すみません、小手川ゆあ先生のマンガを読むの、初めて
なんです)。でも、犯罪被害者の亡霊と会話ができたとしても、容易に真犯人逮捕、即
事件解決といかないところはドラマと同じなんですね。解決してもどこか物悲しい。

テレビドラマとはまた違う事件が描かれているので、コミックはコミックで石川安吾巡査
部長の活躍が楽しめます。彼がどんな状況で誰の銃弾を頭部に受けたかの謎も、これから
徐々に明らかにされてゆくのでしょうか。

コミックオリジナルキャラの遥南(はるな)研修生が今後どんな役回りを演じることになる
のか。こちらも見逃せないところですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
どこかでアルカナの続編と宣伝されていて購入しました。
小手川ゆあさんも、金城一紀さんも好きなので続編でなくても購入したと思いますが、アルカナも好きなので、その点も期待していました。
霊が見えるということと主人公が警察という部分以外は、続編と感じられるところはあまりないように思います。登場人物も今のところリンクしていないようです。
作品は普通に面白いです。そりゃ、このふたりが組めばおもしろいものが作れるでしょう。今後どうなるか期待します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
おっとり捜査から19年。傑作O42 君のナイフを経ての「BORDER」は
原作?付だが完全にコミックは小手川ワールド。

ヘビーな物語、透明感のある絵柄が冷たい鉛を突き付けてくる。

男性は凛として女性は聡明、ここに失われた日本人の理想像があったりするから
読み手はとても心地よい。流行りの巨人モノとは違う大人のマンガ。

ドラマでも小説でもない、小手川ゆあ「BORDER」の清冽な世界。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
角川文庫版でも、小説が出ていて、ドラマとは内容が異なり、小説は小説で楽しめるのだとか。

こちらも、設定以外は、ドラマと異なった描き方をしています。
小手川ゆあ先生ならではの、少しほんわかした隠し味が加わり、充分楽しめます。

続きが気になります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みゆり 投稿日 2014/6/10
形式: コミック Amazonで購入
ドラマ版BORDERが好きだったのですが終わってしまったので
心にポッカリ開いた穴を埋めようと、こちらの漫画を手に取ったのですが、
おもくそ萎えました。

絵も下手だし、キャラの描き分けもできていないし、
顔の整った男女の顔は1種類しか描けないようで、髪型が違うだけ。
本来は面白いストーリーみたいだけど、漫画家の力不足で台無し。

ドラマ見た人はこの漫画は読まない方がいいかも。
もうちょっと色々と上手な漫画家さんはいなかったんでしょうか。
ドラマの出来がよすぎただけに、落差が酷いです。泣ける。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック