この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

BOOKS ON JAPAN 1931 - 1972 日本の対外宣伝グラフ誌 (英語) ハードカバー – 2012/10/26

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ハードカバー, 2012/10/26
"もう一度試してください。"
¥ 5,583 ¥ 6,975
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

──世界へ向けられた日本のグラフィズム、その開展と結実。
本書では、1931年から1972年までに出版された日本の対外宣伝グラフ誌を106点選び、刊行年ごとにその表紙と中ページを掲載、制作背景やスタッフなどの概要を紹介しています。本書でいう対外宣伝グラフ誌とは、日本工房『NIPPON』や東方社『FRONT』に代表されるような、国家の政治的、軍事的方針や文化水準を直接宣伝している本の他に、欧文で制作された観光宣伝、輸出製品のカタログ、博覧会のカタログ、オリンピック案内の類も対象としています。
こうした国家や大企業の主導で企画された対外宣伝グラフ誌の制作には、充実した印刷設備が用いられ、日本の写真・グラフィックデザイン史のなかで重要な仕事を残した才気あふれる人材が登用されています。例えば『NIPPON』では名取洋之助、河野鷹思、山名文夫、亀倉雄策、熊田五郎、土門拳、藤本四八。『FRONT』では林達夫、原弘、多川精一、木村伊兵衛、渡辺義雄、濱谷浩などが参加。また輸出製品や観光・文化宣伝のカタログ・冊子には、藤田嗣治、横山大観、佐野繁次郎、棟方志功、岡本太郎などの画家・芸術家、小石清、植田正治、東松照明、石元泰博、細江英公、二川幸夫などの写真家、北園克衛、岡秀行、花森安治、永井一正、粟津潔、田中一光、杉浦康平、細谷巌などのアートディレクター・グラフィックデザイナーが起用されています。その結果、完成した誌面では、世界の潮流を組み込んだ日本独特のグラフィズムが展開されました。
対外宣伝グラフ誌の誌面・エディトリアルデザインには、刻々と変貌していった日本の姿が報道写真や広告記事を通して如実にあらわれています。その時代を生きた人々、存在した都市、あるいは支配した思想が克明に記録され、時を経た現在でも強烈なパワーを放ち続けています。現在に生きる私たちだからこそ、その時代がつくりあげた視覚メディアの意義を俯瞰することができ、その今日までの発展を考察することができるはずです。

内容(「BOOK」データベースより)

世界へ向けられた日本のグラフィズム、その開展と結実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 224ページ
  • 出版社: ビー・エヌ・エヌ新社 (2012/10/26)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4861008263
  • ISBN-13: 978-4861008269
  • 発売日: 2012/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 2.5 x 25.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 451,111位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
FRONTは高名でしたが、こんなにも宣伝誌があるとは思ってもいませんでした。特に子どもを被写体にした木村伊兵衛作品は秀逸です。2020年の東京オリンピックの対外宣伝誌が、どの様になるか楽しみです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告