Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[石塚真一]のBLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)
Kindle App Ad

BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル) Kindle版

5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 620 ¥ 290

紙の本の長さ: 200ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

止まるわけにはいかない宮本大は、
単身ヨーロッパに渡る。
降り立ったのはドイツ・ミュンヘン。
伝手も知人もなく、ドイツ語も知らず、
テナーサックスと強い志があるだけだ。
「世界一のジャズプレーヤーになる・・・!!」
練習できる場を探すところから始まる挑戦。
大の音は、欧州でも響くのか―――

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 61870 KB
  • 出版社: 小学館 (2017/3/10)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XK8D5BX
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
BLUE GIANT SUPREMEでの名セリフとなるであろう
「いつか世界一になる奴と、知り合えたらステキだなって。」

この言葉がとても胸にくる新しいストーリーを
ジャズプレーヤーとしての一歩を

また良いマンガが生まれるのを感じさせてくれる楽しませてくれます
特に最後のページ、最高でした

とても良かった
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
一読して、まずそんな感想を抱いた。
前作の10巻でかなり賛否が分かれるである展開をしたからこそ
その分、もっと、人種の壁や、自分の演奏に対する疑問や不安に直面させた方が良かったのでは?
(・・・・そうすると、ますます読者が離れてしまうか?)

他の方も書かれているが、こんなに簡単に見ず知らずの青年を家に入れてくれる人物の登場等
東京に出てきた時よりむしろ、容易にチャンスが巡ってきた感じがしないでもない。

練習に対する疑念、取り組み方に対する危機感。
楽器と自分の乖離など。
もっと掘り下げて欲しかった。

大という人間は根幹の部分で非常に強い。
日本でも、それは要所要所で描かれてきて、だからこそ、常人と違い成功していくのだろうけど・・・

読者からするとあと、もう少し“ゆらぎ”や“動揺”のようなものが描かれていないと
彼に共感しにくくなってきた気がするのは自分だけだろうか?

良かったシーンとしては教会のシーン。
本当にさりげなかったけども、良かった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今までの流れから、留学先はジャズの本場アメリカ、これはあまりにストレートすぎて面白くないと思っていましたが、まさかのヨーロッパしかもドイツとは。ある意味ポジティブな驚きでした。しかしながらよくよく考えてみると中世以降ドイツはクラシック音楽の中心であり、現代においてはポップス、ロックの市場規模はアメリカに次いでいる。ビートルズも然り、イギリスの若手ミュージシャンたちはドイツで武者修行したあと、世界へ羽ばたく、というパターンも多い。ドイツのジャズ事情が「開けて」いるのかどうか明らかではありませんが、それだけに今後の展開に楽しみが増えるのではと期待しております。もう一つドイツの国民性が孤独な留学生の心情を際立たせる、というのもありですね。陽気なイタリアや華やかなフランスではこのような雰囲気は出なかったと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
困難や苦難が表れても、前向きに、ひたむきに、情熱的に進もうとする大の人間性に心打たれる。
自分もこんな人間になりたい、だから目の前のことに一生懸命取り組もうという気持ちになれる。

大は人に恵まれているのだけど、それは運が良いからではなく、大の魅力がそうさせているのだと強く実感する。
上手くいかないとき、ついつい周囲のせいにしてしまいがちだけど、その周囲を作っているのも自分なんだと思う。
大のように魅力的な人間が周りに自然と集まってくる、そんな人間に少しでも近づきたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
新しい舞台、ミュンヘン編です。
BLUE GIANTの東京編序盤とどのような形で差をつけるか楽しみにしていましたが、
なるほど、国が変わっても大は大なのですね。良い意味で期待を裏切られました。

ただ、東京編とは違い、悩み苦しむ内容が深くなった気がします。
言葉も文化も全く違う場所でどのようにJazzを伝えていくか奮闘する大には、
社会人になった今だからこそ学ばされる点があるように思います。
まだまだ始まったばかりですが、次巻が楽しみでなりません!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
JASSを解散し、ドイツでのJAZZ修行に踏み出たダイを描く「BLUE GIANT」の第2部である。
実に魅力的な第2部の始まりだ。
物語の魅力を書く前に一つ触れたいのはドイツ・ミュンヘンの街並みや、人の表情がとてもよく描けていること。
ドイツの寒い冬の様子がコマの一つ一つから伝わってくるし、楽器をもって歩き回っているアジア人に対する不信の目を向ける警察や地元の人たちの好奇に満ちた表情が実によく伝わってくる。登場する人物の表情がこれまでの日本編で描かれた日本人のそれとはちょっと違う。どこか冷たそうな感じがする。そのことがかえってダイの置かれている状況を説明しているように思えるのだ。
誰も知り合いはいない、コネも、アテもない。言葉だってわからない。全く初めての土地でただただ自分を追い込んでいく主人公のダイ。仙台や東京にいた時と同じように、出来るだけ大きな音でサックスを吹く練習を川のほとりで一人続けるダイ。そのひたむきさと真正直なところが見知らぬ土地でもダイの周りに人を呼ぶのだろう。 川べりでサックスを吹いていた時に手袋をくれた夫人もそうだろうし、自分のアパートを貸してくれたクリスもその一人に違いない。

ユキノリの想定外の事故の後、So Blueの演奏を経て、これまでとは一味違うダイがここにはいる。独りぼっちだからこそ余計に
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover