通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
BLUE GIANT 7 (ビッグコミックススペシ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BLUE GIANT 7 (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2015/11/30

5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 620
¥ 620 ¥ 340

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLUE GIANT 7 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • BLUE GIANT 8 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥1,860
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

3人の音が、強く高く伸びる第7集。

大達、10代のジャズトリオ「JASS」。
その全力の演奏が、客を増やし始める。
初めて受け取ったギャラ、
トリオを羨む中年バンド、
悩み前進しながらライブを行うことで
大達は道を切り拓いてゆく。
そして、ピアニスト雪祈は、
憧れ続ける日本一のジャズクラブに
出演しようと、ある男を招きーーーー?


【編集担当からのおすすめ情報】
巻末にジャズ界のレジェンド、
ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーターに
石塚真一がインタビューした特別記事掲載です!!


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091874061
  • ISBN-13: 978-4091874061
  • 発売日: 2015/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
相変わらず、イイ!
なにがイイって、最終ページ! 石塚先生、入魂の1枚!
これを見ずして、何を読むっていうんだ!!
さぁ、オクさん、今すぐamazonでカートに入れて、” レジに進む ”をポチッとな!

しかし、私の1番の見どころは そこじゃナイ。
" JASS " の初めてのLIVEにたまたま居合わせたジイさま。
その後、3度のLIVE全てに描かれていたジイさまが、ついにセリフを口にする。
これがねぇ・・・・・なんともねぇ・・・・・グッとくることをねぇ・・・・・言うんですなぁ・・・・・。
それを聞いた玉田の眼のアップ。
えぇ、えぇ、オジサンもね、ちょっともらってしまいましたよ。
よかったなぁ、玉ちゃん・・・

よ~し、玉ちゃん! 今夜はオジサンのオゴリだ、朝まで飲むぞ!!
オジサンは、成長する君のドラムを見るために、単行本を買っているんだ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
常に前を向いて懸命にJAZZに挑み続ける主人公ダイとその仲間たちの青春録。 収録されているエピソードからはこれまで同様、作者のJAZZに対する限りない愛情がほとばしっている。
ライブスポットで徐々にその存在感を知られるようになっていくダイたちのトリオ、JASS。 遅ればせながらドラムを始めた玉田の苦闘、ダイが開こうとしているインプロビゼーションへの扉、ユキノリの苦悩、、、。 三者三様の音楽(JAZZ)に対する取り組みが本巻の読ませどころである。

あらためて単行本で読んでみて気が付いたのだが、第51話「The sidewinder」でダイが橋の下でテナーを吹きながら自問する、、、「なぜいつも音楽とつながれないんだろう」、、、自分は「気持ちが弱い?」「勇気が足りない?」「ビビっているのか」のセリフは56話「How my heart sings」でJAZZクラブSo Blueのマネージャー平がユキノリに告げる批判的コメントと同じだ。 つまり、平は聴いている人を引き付けるJAZZは演奏者のテクニックではなく、音楽の中に自分を溶かしこみ、一体化していき、JAZZそのものになる―自分をさらけ出す、人生そのものだ―ということを言っているのだ。 同じようなことを飛び入りでセッションに参加したJAZZギタリストの川喜多も言う - 「沢辺は上手いよ。、、、「上手さ」には
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
初めてのギャラで母親とアキコさんに花束を贈る「繊細でいい子」の雪祈がおそらく本当の彼なのでしょう
しかし彼は先輩バンドに才能がないと言い、ファンからのサインもあしらってしまう
自分も雪祈の気持ちが痛いほどわかります、先達の巨人たちの虚像にならって自分を偽る、本当の自分を出さずに理想の自分を演出しようとする
ハービー・ハンコックもウェイン・ショーターも偉大なジャズの巨人ですがきっと等身大の自分で生きてきたはずです、巻末のインタビューでは自分のルーツを隠すこと無く語る彼らがいます
平は雪祈が自分を偽っていることを見ぬいて、「君はおくびょうなのか?」と言ったんでしょうね

上に書いたことは何度も読んで思ったことです
漫画でも音楽でも触れる度に新しい発見があるものが僕は素晴らしい作品だと思います
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
レビューを書かずにはいられない展開。
今巻ではダイ、ユキノリ、玉田の3人それぞれの音楽に対する姿勢、考え方をしっかり描き等身大の人間として描かれていると思う。
3人は音楽のレベルや立ち位置が異なっているが、ライブという舞台を用意することで読者にスッと入りやすいように、分かりやすいように配慮されている。
この巻では最後の方でユキノリの人間性に触れられているが、それが嫌らしくなく、スッキリと読者にわかりやすく伝わるのはユキノリの人間性、セリフに現れているように思う。
玉田の頑張り、努力がオジさんの一言で評価され、涙を浮かべるところにこの作家さんの人の良さ、ストレートさが滲み出ているように感じてならない。
いつかユキノリが立ち直り、さらなる成長を遂げるのを楽しみにしたい。
頑張る人間、セクシーです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック