通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル) コミック – 2015/7/30

5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 620
¥ 620 ¥ 274
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLUE GIANT 6 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • BLUE GIANT 7 (ビッグコミックススペシャル)
  • +
  • BLUE GIANT 5 (ビッグコミックススペシャル)
総額: ¥1,860
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2016年、最も売れた本をジャンル別でご紹介 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

18トリオ、初ライブ決行の第6集!!

動き出した
大、雪祈、玉田のトリオ。
玉田は必死に2人に追いつこうと練習し、
雪祈はオリジナル曲作りに苦心し、
大は新しい武器を手に入れようともがく。
そして、迎えたトリオの初ライブーーー
客は入るのか?
演奏は成功するのか?


登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091872573
  • ISBN-13: 978-4091872579
  • 発売日: 2015/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 阿呆 投稿日 2015/7/31
形式: コミック
初ライブで「二人の足を引っ張った」と感じ、グループを抜けようとする玉田。
次の日の練習で、昨日のショックから立ち直れずに練習を途中で抜け出す玉田。
抜け出した先の公園で、マウスピースで練習するブラバン部員に「頑張れよ」とだけ声をかけ、「違うな」
と引き返し、「頑張ってじゃなかった、先輩さ、ぶっとばそう」と激励する玉田。
飯をたらふく食い、「ユキノリも、大も、全員ぶっ飛ばしてやる」と覚醒する玉田。

彼から目が離せません。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
マスター:「ドラマー変えた方がいいよ」
雪祈:「ウチのメンバーのことなら口出し無用す」

初ライブで2人のジャイアントに打ちひしがれ
絶望のどん底玉田に雪祈がかばったセリフに見えるが
なによりも凡庸に厳しい雪祈が同情やあわれみで
こんなこと言うはずがない。

全くレベル的には絶望的な玉田ながら
なにかを感じたのだと思います

以前に雪祈自身が言っていた一流ドラマーの必須条件
「ドラマーは耳が良くなくては駄目」未知数な玉田ながら
本能的直感的に可能性を感じたのではないかと思います。

芸術の世界はどんなに頑張っても駄目なモノは駄目
それは当然なのですが誰に才能があるのか
やってみなければ誰も判らない。

大の才能も雪祈の才能も天賦だとすると
玉田はそれとは異質の「努力」から生まれた才能
「へこたれない」才能はすでに世界一かもしれません

がんばれ玉田!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今までの1~6巻で、文句無しの最高傑作。

特に、第42話 ” Once Around ”
最初から最後まで、一切セリフなし!
淡々と、静かに、あまりにも静かに、雪祈の周りで風景が流れていく。
BLUE GIANTのストーリー上で、必ずしも必要とは思われない回ではあるが、
一番 ” 音楽 ” を感じる。
何度も何度も見返したくなる、強い力のある一遍。

そして、第46話。ついに、今までで最高のセリフが雪祈の口から放たれる。
「 ウチのメンバーのことなら、口出し無用なんで。 」
何度となく描かれた、大の ” わかりやすい形での優しさ ” 。
それを、全て吹き飛ばす、メガトン級の男節、いや漢節。
心が震えました。雪祈さん、自分おっさんですが、抱かれてもいいです・・・・

巻末のボーナストラックのせい(?)で、大の成功は約束されたこの物語であるが、
大よりも、雪祈や玉田の成功を心より願う。

というか、そんなことより
めばえ音楽教室のドラムのあんちゃんが、出てこないじゃないか!
そんなの、イヤだぁぁぁぁぁぁぁ!!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
アマチュアとプロとのはざまで、通常、我々は成果品としての音を聴きますので、プロになってしまってからの音に相対することになります。

しかし、当然プロはいきなりプロになった訳ではありません。

ある状態にまで成熟するのに時を要しているので、アマチュアの時代にはそれなりの迷い、逡巡があるものです。

昔はこちらの「前史」は不要でした。それが商品化されるようになったのは、おそらくテレビマンガの『巨人の星』あたりがきっかけです。

あれはひどくて、父親星一徹は暴力的だし、姉は柱の陰で泣いているし、家庭が楽しくないでしょう。

それとは異なり、こちらは3人の青年がおのおのの立場で、おのおのの志に従って、それぞれ孤独に悩みます。

面白いな、と思ったら、既に読者は、「前史」に引き入れられているのです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
旦那と貪るように読んでます。
一度目、二度目、三度目…と読むたびに内容が深みを増すようで、
大ファンです。次巻楽しみにしています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「Blue Giant」6巻を読んで思うのは、作者石塚氏の物語と絵の組み立て方の巧みさだ。
同時進行で隔週刊ビッグコミックの連載を読んでいるときには気が付かなかったつながりが単行本で初めて分かることも多い。
5巻でボクが一番好きなのは「42話Once Around」。
このチャプターには全く会話が出てこない。が、繰るページ、繰るページから会話や音が聞こえてくる。 そこにではさまざまに人が見せる音楽-JAZZ-とのエピソードや付き合いが描かれる。トランペットを初めて手にした男から受けたインスパイアが沢辺のオリジナル曲「First Note」につなげていく展開は毎回様々な形で見せる作者のJAZZに対する限りない愛情表現のひとつであるだろう。

ダイのJAZZに対する愛情と熱情はこれまでの5巻とまったく変わることがなくまっすぐだ。 沢辺の反対を押し切ってライブを実施し、お互いを鍛えあう姿が第6巻の見せどころである。 また、ダイや沢辺との技量の差をライブの度に実感するやりきれなさを胸の内に持ちながらも、ますますファイトを燃やす玉田の姿も読んでいて清々しい。 腹いっぱい飯を食べて、気持ちを切りかえる、というのが若者らしくっていいね。
今回単行本を読んでいて今更のように気がついたのだが、初めてのライブスポットが"JAZZ HO
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック