BLUE 2 がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,500
通常配送無料 詳細
発売元: 玉光堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

BLUE+2

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 2,045 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 455 (18%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,723より 中古品の出品:1¥ 2,080より

Prime Music Prime Music


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLUE+2
  • +
  • PLEASE+4
  • +
  • 初期のRCサクセション+4
総額: ¥6,375
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2015/10/7)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック
  • 収録時間: 47 分
  • ASIN: B013PRSX6M
  • EAN: 4988031115299
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 69,612位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ロックン・ロール・ショー
  2. Johnny Blue
  3. 多摩蘭坂
  4. ガ・ガ・ガ・ガ・ガ
  5. まぼろし
  6. チャンスは今夜
  7. よそ者
  8. あの娘のレター
  9. ボスしけてるぜ <ボーナストラック>
  10. キモちE <ボーナストラック>


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
2015年5月の「シングル・マン」のリマスター再発に続くリマスター第2弾は「PLEASE」と「BLUE」。練習スタジオでの一発録りで録音されたこのアルバムは、各楽器の音の分離が悪く、またS/Nの状態など良くないものだ。マスターテープがそのような状態であるため目の覚めるようなリマスター効果は期待できない本作ではあるが、それでも少しでも各楽器の音を際立たせようとした努力が伺える。。「チャンスは今夜」と「よそ者」のつなぎに違和感があるが、フェイドアウト~フェイドインのタイミングが原盤と変わってしまったようだ。

長い不遇の時代から抜け出し、書き溜めた楽曲から8曲をチョイスした本作は、「多摩蘭坂」「まぼろし」「よそ者」といった内省的な佳曲がちりばめられた名盤。後のアルバムではシンセサイザーの発達とともにどんどんデジタル楽器が取り入れられるのだが、この時期はシンセサイザーの使用は極わずかで、ホーナークラビネット、KORG CX-3、YAMAHA CP、フェンダーRHODESといった一面「アンプラグド」な楽器が使われているため、エバーグリーンな輝きを失わない。

このリマスターシリーズには「EPLP」は含まれないらしい。「EPLP」収録のシングル作品が「シングル・マン」「PLEASE」「BLUE」に分けてボーナストラックとして収録されている。自分はそのよ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前のリマスター再発は入手出来なかったので久しぶりに聞いた。最初のCDよりかなり音が明るく聞き易くなった。楽器の音が素直に聞こえるようになった。ボーナストラックはあまり必要はなかったかな、EPLPは入手出来るがEPLP2が入手出来ない。EPLP2にしかない曲があるので出して欲しいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 わいじょん トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/10/8
“あの娘のレター”の音を消されているところ。やっぱりこのリマスターもザーっというノイズ処理のままでした。まぁあれは自主規制ではなく、清志郎がアナーキーのレコードを聴いてピーピーとやたら歌詞を消されているのが、かっちょい~と思ってやったということのようですから、これが清志郎の考えるスタジオ版の“あの娘のレター”ということになるのでしょう。(いつもの洒落で言ってただけなのかも知れませんが)けれどもこれ本当にいい曲なので、気持ちよく清志郎の歌詞を追っているといきなりリズムが止まってしまうのはやっぱり残念。何度かリピートする気は失せます。
ちなみにこれからの発送分は全て良品に代わっているらしいですが、初回出荷分は今回リリースの3作とも盤面に誤植があります。バンド名が“RCセレクション”って・・・。RCでおなじみ雑誌宝島風に言うと、実にVOWな間違いでもう笑うしかありません。珍盤として価値が出るかも。
このアルバムは“リハーサルスタジオに16chのレコーダーを持ち込んでの”録音(私はリリース当時はでかい倉庫にレコーダーを持ち込んだと聞いてましたが)ということで、ほぼモノラルの団子状態の音のかたまりみたいなサウンドが特徴ですので、リマスターといってもあんまり意味がないような感じですし、おまけの2曲は雰囲気壊すだけで、めずらしいテイクでもなんでもありませんし、微妙な再発です。でも私はスタジオアルバムではこれが一番好きかな。ブルーでせつないんですよ。
3 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック