¥ 3,459 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: Felista玉光堂

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,497
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: バンダレコードweb店
カートに入れる
¥ 3,499
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: イーベストCDDVD
カートに入れる
¥ 3,780
+ ¥ 350 関東への配送料
発売元: ときめき ライフ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

BLOOD+(1) 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 3,459
OFF: ¥ 321 (8%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Felista玉光堂 が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:4¥ 3,459より 中古品の出品:4¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ソニーピクチャーズストア 】 - 新着タイトル、ランキング、セール商品など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 喜多村英梨, 小西克幸, 吉野裕行, 矢島晶子, 大塚芳忠
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2006/01/01
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BO2MOW
  • JAN: 4534530012197
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 222,545位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

沖縄を舞台に、人間の姿に擬態して血を喰らう異形の生物“翼手”を追う少女“小夜”と仲間たちが繰り広げる死闘を描いたバトル・アクション・アニメ。声の出演は喜多村英梨、小西克幸ほか。第1、2話収録。

レビュー

監督・シリーズ構成: 藤咲淳一 キャラクターデザイン: 箸井地図 メカデザイン: 寺岡賢司 総作画監督: 石井明治 美術監督: 東潤一 音楽: マーク・マンシナ 声の出演: 喜多村英梨/小西克幸/吉野裕行/矢島晶子/大塚芳忠/小杉十郎太/長嶝高士/甲斐田裕子/諏訪部順一/伊藤健太郎/小清水亜美/門脇舞
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 叢叡世 投稿日 2006/12/18
小夜の身辺を取り巻くストーリーから始まるという訳ですが、まあ、ある意味導入部分ですから、色々と期待を込めた上で、評価は上げときましょうか。
分からんようでも、判りやすい。
ストーリーは実は二の次で小夜の立場が重要なんではないかと。
アニメーションは綺麗ですね。背景も、アクションも。
弁当をかっ食らうシーンもいいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
5年ほど前に映画で登場した作品がもとになっているのですが、自分はそれを見ていないので、今回の第一印象はすごいものがありました。女子高生が日本刀をもって、翼手(怪物)をバッタバッタと斬り・・・こんなのあり?と思うほど、自分の考え方がいい意味でひっくり返されました。女子高生、日本刀、怪物・・・似ても似つかぬこれらの要素を一緒にするなんて・・・なんて斬新なアイデアなのかと感心したほどです。
それに背景も沖縄の在日米軍基地の問題など、今現在議論されている政治的な関係も絡んできてるところがまた面白い。もちろん、アニメとして放送されていますが、いろいろ考えさせられることもあり、アニメ=子供の番組と考えるのは間違えですね。
女子高生が怪物を斬っていく爽快感と歴史をうまく組み合わせていて、ほんとにこれからの展開に期待大です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アニメといえばセル画を数多く描いて動かすというのが全盛期のイメージなんですが、結局は人件費の問題やクリエイターへの過重な負担による人材不足と近年はアニメ業界的に縮小傾向になっている気がします。そのような状況では意欲的な制作陣や才能ある若手が新しくチャレンジするにもアニメ制作にこだわりすぎてはコストもリスクも伴って難しいと思うんですよね。この作品をTVで見ていてふと最近レンタルで改めて見直したら、話自体も面白いのですが制作スタイルに興味が沸きました。専門家ではないのでなんとなくですが、不必要なセル画は削ってセリフ回しで盛り上げたり、背景から浮かび上がって登場人物が人形劇のようにアクションしたり、柔らかい動作や重厚な難しい質感を表現するときはさりげなくCGを差し込んだり…と一見手抜きに見えてもしっかりと構成されているので特に違和感なく従来のアニメのような躍動感があると思います。
加えてエンディングやオープニングでのクリエイターごとの絵コンテやその時点ではブレイク前の旬な若手を採用したシーズンごとの主題歌など、随所において好感をもてるアニメ制作のスタンスでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す