BLOND SAURUS がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,637
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

BLOND SAURUS

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,637 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 307 (16%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、関西エクスプレス 大阪本店【当日お急ぎ便対応】【安心返金保障】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の REBECCA ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLOND SAURUS
  • +
  • POISON
  • +
  • TIME
総額: ¥5,107
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2013/2/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 収録時間: 46 分
  • ASIN: B00AAKVXC4
  • JAN: 4582290389325
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 40,495位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
5:26
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
4:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
4:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
4:36
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
4:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
4:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
4:15
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
10
30
4:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

内容紹介

レベッカのオリジナルアルバム7枚をBlu-Spec2で再発。レベッカ7枚目のアルバム。オリジナルアルバムとしては最後のアルバムとなる。プロデューサーにフランソワ・カーボキャンを起用して、ダンサブル、POP、そして美しいバラード等が散りばめられた豪華なアルバム。

■Blu-spec CD2

【初回仕様限定盤】レベッカ同時発売7タイトル購入でCD7枚収納特製ボックスプレゼント施策応募券封入

※初回仕様の在庫がなくなり次第、通常盤に切り替わります。

メディア掲載レビューほか

レベッカのオリジナル・アルバム7枚をBlu-Spec2で再発。本作は通算7枚目、オリジナル・アルバムとしては最後の作品。プロデューサーにフランソワ・カーボキャンを起用して、ダンサブル、POP、そして美しいバラード等が散りばめられた豪華な一枚。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
REBECCA最後のオリジナルアルバム。
発売当時はそれほど感じなかったが、今改めて聞くとすでにバンドが崩壊
寸前だったことを感じ取れるアルバム。
REBECCAのNOKKOを求めるサウンドリーダーの土橋さんと自分
の夢を現実化させるため更なる一歩を踏み出そうとするアーティストとし
てのNOKKOさんの音楽的対立が記録されている。後に土橋さんは、
CompleteEditionⅡのライナーでこのアルバム製作時には
すでにメンバーのまとまりがなかったと書いているが、そのことを如実に
表している曲が2曲ある。それは8曲目とNOKKOさんが、はじめて曲
を書いた(公式の音源となった)9曲目である。8曲目の歌詞は象徴的で
REBECCAのNOKKOと現実のアーティストのNOKKOとの狭間で
アイデンティティを模索する心情が歌われている。9曲目は完全にバンド
サウンドとはかけ離れた曲で、ここには他のメンバーの出る幕がまるでない。
この曲に限らず小田原さんのドラムも心なしか大人しく感じられる。
高橋さんのベースもサウンドメイキングに徹している感がある。
高い完成度を誇る「OneMoreKiss」の後に発表されたとは思えない
リズム隊の大
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
昔のCDももっていましたが、やはり・・音はいい。ソニー系のCDが今の時代の音源と遜色なく聞ける、ああ・・幸せ。
さて、本作品ですが、レベッカオリジナルでは、ラストアルバムとなりますが、完成度が高く、個人的には、ブロンドザウルスから、始まる、ナンバーが当時のツアーのオープニングナンバーでしたので、圧巻のステージが思い出されます。今、聞いても新しい、サウンド、飽きがこないダンスビート。ラストにして、完成したレベッカのサウンドが凝縮されています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
レベッカの最後のアルバムでしたが私は好きですよ。
今でもたまに聴いています。

コットン ラブなんか切ないメロディーで好きです。

まだの方は一度聴いてみては?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/21
形式: CD
当時このアルバムが出るまでかなり待たされた記憶がある。  そしてようやく待望のリリース!  ワクワクドキドキしながら聴いた!   でも何か変な感じがした!  レベッカらしさが無い様な気がして・・・ 案の定しばらくして解散してしまった!  最後のオリジナル・アルバムがこんな中途半端なモノになってしまった事が今でも悔やまれる。  
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
学生のころ当時付き合っていた彼女へプレゼントしたアルバムです。
今でもレベッカを車で聞くほどのファンです。

あれから22年経ちました。

2. ヴァニティ・エンジェル
8. ネックド・カラー

この二つが心を揺さぶりますね。

レベッカは永遠ですね。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最近10年ぶりに聞いて見ました。
なんだか、心に響くサウンドでした。
当時はこのアルバムはあまり聞いていませんでしたが、今では全アルバムの中でヘビロテです。
今回は同時にイヤホンも買い直したのですが、4曲目のコットンラブを聞き比べして決めました。
個人的には中低音が比較の基準にしましたが、いいイヤホンは音がいいですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
言わずと知れたレベッカ最後のオリジナルアルバム。当時、初めてレベッカを知ったのは大ヒットとなった『フレンズ』で、以降、レベッカのアルバムを収集することになったが、引っ越しを重ねるうち、すべてのアルバムが紛失。そんなおり、最近NOKKOさんをユーチューブにて拝見し、懐かしさを覚え再収集を試みた次第。
実をいうと私は当時、このアルバムは好きではなかった。単に気に入った曲がないという単純な理由からで、こうして年月を経て改めて聴きかえしてみると、逆に一つひとつの曲事態には赴きを感じる。が、全体を通して聴くとまとまりというか、このアルバムで何を伝えたかったのかのかという感覚的なモヤノヤした感じを覚える。そういう意味で、やはり『レベッカ』というバンドの終焉を告げるアルバムだったのかなぁと思った次第です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す