日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

BLEACH

シーズン1
 (391)2004すべて
幽霊が見える以外は普通の高校生、黒崎一護が死神・朽木ルキアと出会い、死神の力を譲渡されたことで死神代行として空座町にいる虚(ホロウ)退治を請け負うことに……死神の力を手にした一護は死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)の動乱に巻き込まれ、熾烈な戦いの中劇的な成長を遂げていくのであった。 ©久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
出演
森田成一折笠富美子松岡由貴
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語

体験期間後はAmazonのdアニメストア for Prime Video (¥440/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話 死神になっちゃった日
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    黒崎一護(くろさき いちご)・15歳。ユーレイの見える高校生。特異な能力ゆえに心霊現象のトラブルに巻きこまれる毎日を送る一護は、最近自分の霊力がさらに強くなっていることを感じていた。ある日、街中で幽霊の女の子を襲って化け物が暴れているところに遭遇する一護。化け物の姿は一護以外見えていない。女の子をかばって逃がそうとする一護。襲いかかってくる化け物。その時、黒装束の少女が現れ、刀をかまえて化け物に立ち向かっていった。 [SF/ファンタジー][アクション/バトル]
  2. 2. 第2話 死神のお仕事
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    死神化した一護がホロウを撃退した翌朝、一護の家族は昨夜の事件をまったく覚えていなかった。不思議に思いながら登校する一護は、学校で転校生としてやってきた昨夜の死神・朽木(くちき)ルキアと再会する。死神の能力の大半を一護に奪われたルキアは、自らの能力が戻るまで死神代行として戦うことを一護に迫る。しかし、ルキアの命令を拒否する一護。その頃、一護のクラスメイト・井上織姫(いのうえ おりひめ)のもとに不穏な影が忍び寄ろうとしていた。
  3. 3. 第3話 兄の想い、妹の想い
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ホロウとは尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと導かれなかった人間の魂が墜ちたもの。ホロウに墜ちた魂は、亡くした心を埋めるために生前もっとも愛した肉親の魂を求める。織姫の兄が墜ちたホロウが狙うのは、当然妹・織姫の魂だった。急いで織姫の家を目指す一護。しかし、すでにホロウは織姫の家に現れていた。無理やり肉体から魂を抜かれてしまう織姫。一緒にいたクラスメイトのたつきも組み伏せられる。果たして一護は間に合うのか?
  4. 4. 第4話 呪いのインコ
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    一護のクラスメイトのチャド(佐渡泰虎/さど やすとら)が『呪いのインコ』を学校に持ってきた。インコに霊的な気配を感じ、魂葬(こんそう)を行うことを決める一護。文句を言いながらも自ら死神の仕事をこなしはじめる一護に感心するルキア。その日の夕方、ケガをしたチャドが黒崎医院に運び込まれる。チャドの体についた傷から強烈なホロウの気配を感じる一護とルキア。チャドがホロウに狙われている?そして翌朝、チャドの姿が病室から消えた。
  5. 5. 第5話 見えない敵を殴れ!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    『呪いのインコ』に取り憑いていたホロウ・シュリーカーと戦うルキアとチャド。力が戻っていないルキアとホロウを見ることが出来ないチャドは連携しながらなんとかホロウと互角に戦う。しかしこれまでに何人もの死神を撃退してきたシュリーカーは何重にも罠をはっていた。そのころ一護は、インコの少年の魂の凄惨な記憶にショックを受けて倒れた一護の妹・夏梨(かりん)を家に送っていてルキア達の危機に気付いていなかった。
  6. 6. 第6話 死闘!一護vsイチゴ
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    死神としての活動に必要な物資を仕入れるため、浦原商店を訪れるルキア。店長の浦原喜助(うらはら きすけ)は飄々としてつかみどころのない人物であるが、この店には浦原が尸魂界から買いつけた不思議な品物が売られていた。ちょうどルキアが前から注文していた義魂丸(ぎこんがん)というアイテムも入荷したところだという。それは死神と化した一護が抜けた後の一護の体に仮の魂を入れて動かす為のアイテムだった。さっそく使ってみる一護だったが…。
  7. 7. 第7話 ぬいぐるみからコンにちは
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    改造魂魄(モッドソウル)に体をのっとられた一護は、ルキアと共にその行方を追う。近所の小学校に現れた改造魂魄を見つけた一護だったが、その能力で強化された足技に苦戦をしいられて取り逃がしてしまう。さらに戦闘の最中にルキアの伝令神機(でんれいしんき)にソウルソサエティからホロウ出現の連絡が入るが、電池切れで正確な位置が分からない。一方逃げだした改造魂魄は、ホロウが小学生を襲おうとしている気配に気がついていた。
  8. 8. 第8話 6月17日、雨の記憶
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    6月17日は一護の母・真咲(まさき)の命日。その日は何を差し置いても墓参りに行く黒崎家。一護は死神代行も休むつもりでいたが、霊園には先回りしたルキアが待っていた。「おふくろは死んだのではなく殺された」と聞かされたルキアは、霊力の強い一護を狙ったホロウが真咲を殺したのではないかと話す。それは一護の触れられたくない傷だった。強がって走り去る一護。そこへ、現世の滞在日数を過ぎても戻らないルキアを連れ戻す為に西堂(さいどう)という死神が姿を現す。
  9. 9. 第9話 倒せない敵
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    一護達の前に姿を現したグランドフィッシャー。疑似餌を使って霊力の強い魂を持つ人間を襲い続ける最悪のホロウ。一護はその疑似餌を見て愕然とする。それは6年前、母の死の際に一護の前に現れた少女の姿をしていたのだ。「どういうことだよ…。テメエ、まさか!」怒りにまかせてグランドフィッシャーに斬りかかる一護。しかし、冷静さを欠いた攻撃は簡単にかわされて逆にピンチに陥る。さらに一護を助けようとしたルキアも吹っ飛ばされてしまう。
  10. 10. 第10話 ぶらり霊場突撃の旅!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    カリスマ霊媒師・ドン観音寺(かんおんじ)が悪霊を退治する人気テレビ番組「ぶらり霊場突撃の旅!」のロケが空座町(からくらちょう)にやってくる。しかし心霊番組が大嫌いな一護は、織姫や啓吾がどんなに騒いでも興味を示さない。ところが一心(いっしん)と遊子(ゆず)に付き合わされてロケ見物に出かけることになってしまう。周囲のバカ騒ぎにうんざりする一護は、ロケ現場でホロウに墜ちかけている地縛霊を見つける。さらに観音寺がその地縛霊に余計な刺激を与えてしまい…。
  11. 11. 第11話 伝説のクインシー
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    一護の仲間たちともすっかりとけこんでいるルキア。なんのかんのありながらも毎日死神の仕事を遂行する一護。今日も指令にしたがってホロウ退治に出かける2人だったが、指示のあった場所にはホロウの姿はなかった。その場にいた霊の話から確かにホロウが現れたということは確認できたのだが…。仕方なく残っていた霊の魂葬をする一護たち。その2人を物陰からじっと見つめる影があった。
  12. 12. 第12話 やさしい右腕
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    死神を憎む最後の滅却師(クインシー)・石田雨竜(いしだ うりゅう)が、一護に勝負を持ちかけてくる。それは、『撒き餌を使ってホロウを街におびき寄せ、どちらがより多くのホロウを倒せるか』という最悪の方法だった。拒否する一護の意向を無視して勝負を開始する石田。空座町に次々とホロウが集まってくる。ホロウは霊力の高い人間から襲う習性がある。家族の身を案じて走り出す一護。しかし、ホロウに狙われているのは夏梨たちだけではなかった。
  13. 13. 第13話 花とホロウ
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    チャドと夏梨に続き、織姫とたつきの元へもホロウの魔の手が迫る。学校に出現したのは、種子を飛ばして人間を操り、他の人間を襲わせる卑劣なホロウだった。操られた生徒たちに囲まれる織姫とたつき。なんとか逃げ出そうとするが、ついにたつきにまでも種子が撃ち込まれてしまう。たつきは体の自由を奪われながらも必死に抗うが、業を煮やしたホロウの直接攻撃で吹き飛ばされてしまう。その瞬間、織姫の中に眠っていた何かがはじけた。
  14. 14. 第14話 背中合わせの死闘!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    押し寄せるホロウの大群に別々に立ち向かう一護と石田。戦いの最中語られるクインシー滅亡の歴史。そして石田が死神を憎む理由。死神を見返す為に意地を張って一人で戦い続ける石田だったが、予想を越えて出現してくるホロウの群れに内心で焦りを感じ始めていた。そんな石田に対して自分の戦う理由を話し、力を合わせて戦うことを持ちかける一護。戸惑う石田。その時、巨大な力をもつ新たな敵が2人の前に出現しようとしていた。
  15. 15. 第15話 コンのウハウハ大作戦
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    一護の妹・遊子(ゆず)に洗濯してもらったコンは、ついでに人形用のドレスや花飾りで見事にドレスアップされてしまう。激怒するコンだったが、一護はまともに相手にしない。一護達とは数々の困難を乗り越えた本当の仲間だと思っていたのにまったく大事にされてないと感じたコンは黒崎家を飛びだす。そして本当の自分の居場所を求める旅に出かけるのだったが…。一方ルキアは、現世になじんでしまっている自分に違和感を感じ始めていた。
  16. 16. 第16話 阿散井恋次、見参!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ルキアの前に現れた尸魂界からの使者。ホロウとの戦いの為の死神の部隊・護廷十三隊の六番隊隊長の朽木白哉(びゃくや)と副隊長の阿散井恋次(あばらい れんじ)。白哉はルキアの兄、恋次はルキアの幼なじみである。斬魄刀(ざんぱくとう)を振るい、ルキアから死神の力を奪った人間の居場所を聞き出そうとする恋次。思いもかけない人物達の登場に激しく動揺するルキア。そのころ一護はコンから、思いつめた表情のルキアが出ていったことを知らされていた。
  17. 17. 第17話 一護、死す!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    斬魄刀の真の力を解放して一護に襲い掛かる恋次。その猛攻の前に成すすべの無い一護。しかしルキアは知っていた。一護は、目の前の敵がいかに強大でも退くことをしないということを。このままでは一護が殺される!ルキアは恋次に飛びかかり、必死にその攻撃を妨げようとする。「逃げろ!一護!」叫ぶルキア。その時、崩れ落ちていた一護が自らの斬魄刀を拾い上げて立ち上がる。そして、一護の体からかつてない強大な霊圧が流れ出す。
  18. 18. 第18話 取り戻せ!死神の力!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    圧倒的な白哉の攻撃に何も出来ずにルキアを尸魂界に連れ戻されてしまった一護。かけつけた浦原によってかろうじて一命を取りとめた一護は、ルキア奪還の為に尸魂界に行くことを決意する。翌日、学校に顔を出した一護は、クラスメイト達からルキアの記憶がまったく消えていることに呆然とする。しかし、思いもかけない人達がルキアの存在を憶えていた。そして、死神の力を失った一護の力を取り戻す為の浦原の特訓が始まる。
  19. 19. 第19話 一護、ホロウに墜ちる!
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    死神としての力を取り戻す最終試練「絶望の縦穴(シャタードシャフト)」。因果の鎖を断ち切られて肉体から霊体を切り離された状態の一護は、72時間以内に死神の力を取り戻さないとホロウになってしまう。浦原商店地下の特訓場に掘られた深い縦穴の底で冷たい汗を流す一護。そのころ、一護と供に尸魂界に行ってルキアを助けることを決意した織姫とチャドは、自らの力を自在に使いこなせるように夜一(よるいち)の特訓を受けていた。
  20. 20. 第20話 市丸ギンの影
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    尸魂界では、白哉のルキア処刑に対する対応を巡って三番隊隊長の市丸(いちまる)ギンが白哉の前に姿を現していた。そのころ、死神の力を取り戻した一護は浦原によって斬魄刀の特訓を始めていた。斬魄刀にはそれぞれに名前があり、所有者が名前を呼ぶことで秘められた力が解放される。解放されていない斬魄刀しかもたない一護は、己の内に眠る斬魄刀の力を呼び出すことを迫られる。そして、一護たちが尸魂界に出発する日を向かえる。
  21. 21. 第21話 突入!死神の世界
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    『穿界門(せんかいもん)』に突入した一護、石田、織姫、チャド、夜一。現世と尸魂界をつなぐ通路に生息する『拘突(こうとつ)』に飲みこまれそうになりながらもなんとか尸魂界に到着する。一行が最初に足を踏み入れたのは、『流魂街(るこんがい)』と呼ばれるこの世界に導かれた魂が最初に住まう場所。人影のない流魂街の向こう、死神が住む『瀞霊廷(せいれいてい)』目指して走る一護。その時、空から巨大な壁が降ってきて一護の行く手をふさぐ。さらに、門を守る死神が姿を現す。
  22. 22. 第22話 死神を憎む男
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    開かれた『白道門(はくとうもん)』の前に立ちはだかる護廷十三隊の三番隊隊長・市丸ギン。隊長という存在を知らない一護は、いきなりギンに斬りかかる。驚愕する夜一を横に平然としている一護。一方ギンは、一護の名を聞くといきなり斬魄刀を解放して攻撃してきた。かろうじて斬月(ざんげつ)で防御する一護だったが、結局、門は閉ざされてしまう。途方にくれる一護達。その時、隠れていた流魂街の住民が一護達の前に姿を現す。
  23. 23. 第23話 ルキア処刑、14日前
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    イノシシに乗った男達に襲撃を受けた一護達。そのリーダーの志波ガンジュと名乗る男と殴り合いをする一護だが、決着がつかないまま突然鳴り響いた目覚まし時計に勝負を中断される。現れた時と同様にあっという間に去って行くイノシシ軍団。ボーゼンとする一護達。翌朝、瀞霊廷に入る方法を知る『志波空鶴(しば くうかく)』という人物を探しに旅立つ準備をする一行。しかし一護は、昨夜のガンジュとの決着をつけるために長老の家に留まると言い張る。
  24. 24. 第24話 結集!護廷十三隊
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    瀞霊廷に突入する方法を知る人物『志波空鶴』は、流魂街一を名乗る花火師だった。さらに先日イノシシに乗って現れたガンジュは空鶴の弟だったのである。驚く一護達の前で突入方法を説明する空鶴。それは一護達を霊力で固めた砲弾にして志波家が誇る火筒で打ち上げ、空から瀞霊廷に突っ込むというとてつもない方法だった。無理やり霊力の砲弾を作る訓練をさせられる一護達。一方、ガンジュは死神に対して複雑な感情をもっていた。
  25. 25. 第25話 巨大砲弾で中央突破?
    2004/01/01
    23分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    ガンジュのアドバイスでなんとか砲弾の形成の為の霊力のコントロールに成功する一護。突入のメドが立ったことで瀞霊廷内での心得を話そうとする夜一。しかし砲弾形成の練習で力を使い果たした一護はその場で気絶するように眠ってしまう。寝ている一護の側で必死に砲弾をコントロールする口上を練習するガンジュ。瀞霊廷突入にはガンジュも同行するという。出発直前、ガンジュは自分が何故死神が嫌いなのか、その理由を話しだす。
316件のエピソードをすべて表示

詳細

監督
阿部記之
出演
杉山紀彰安元洋貴伊藤健太郎置鮎龍太郎
シーズンイヤー
2004
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.7

391件のグローバルレーティング

  1. 37%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 23%のレビュー結果:星3つ
  4. 11%のレビュー結果:星2つ
  5. 9%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

ストロングTKG2018/12/05に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
脚本に無理がある
確認済みの購入
まずビジュアルについて。あれはメイクさん仕事したのかというぐらい毛穴が目立ちます。そのくせアップが多い。
映像でおかしなピンボケがあちこちにあります。演出とかじゃなく。
出来がいい悪いかというより、アクションと原作ビジュアルを意識しすぎて、他に手が回ってない印象でした。
そして、ストーリーは原作の二つのお話をミックスしているため、すっきり終われませんでした。だったらどうまとめるのかというと難しいので仕方ないのかもしれませんが、せめてキャラは絞って欲しかったです。同級生たちを削れば死神についてもう少し掘り下げられたのではと思います。原作未読の方には石田は何?ツンデレなの? という印象だったかと思います。吉沢亮はいい味出してましたが、またまたアップで髭生えててメイクさん仕事してって感じです。
ルキアの役の人が違和感あった方が多いようですが、良く動けていたと思いました。髪型などどうでもいい。ただ、セリフが単調かつ早口気味、大体キョトン顔でした。あれは果たして本人の演技力の問題なのか、ディレクションの問題なのか気になりました。
あとMIYABIさんの演技が・・・というコメがありますが、ミュージシャンだからとか関係ないです。知りませんそんなことは。個人的には「演技が下手」ではなく配役に合ってなかった印象でしたが。
気になって集中できなかったので星二つ。
アクションは良かったと思うのでその分です。あのでかい刀でスピーディなアクションはすごいと思います。それだけに力のこもっているところと、そうでないところがはっきりした作品でした。
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すてすけ2018/12/26に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
完璧
確認済みの購入
完全な駄作
途中でトイレに行っても一時停止しないでいいやと思える作品
38人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Kindleのお客様2018/11/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
原作読んでます。
確認済みの購入
各俳優人、熱演してますし戦闘も迫力あります。内容もうまくまとめられてますし大変満足してます。続編作って欲しいです。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
しゅー2020/04/11に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
何がしたかったのか。。。
確認済みの購入
良かった点
・ホロウ、武器がリアルだった
ホロウが原作よりも化物って感じで禍々しい感じ
滅却師の武器も恋次の武器もかっこよかった

悪かった点
・キャスト
演技も×、見栄えも× ただのコスプレ大会
・脚本
ツッコミ所満才過ぎる
霊圧が低い一護から力を取り戻せば死ぬからかばってたのに最後はすんなり抜き取る
恋次に刺された石田も何事もなかったかの様に元通り
ルキアが人騒がせな事して何も残らないと言う後味のない話に仕上がってる

BLEACH原作の大ファンですが
そういうのを抜いても映画として残念でした。
これ見て良かったとか感動したとか言う人と呑んでみたいですな
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/12/11に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
楽しみにしてたのに、ガッガリした。
確認済みの購入
あまりに、ひどい。原作は、面白いのに、何ですか?この作品で、何がいいたいのか、さっぱりわからない。ただ、人気の役者に頼っても駄目だと思う。ストーリーがなってない。損した気分。ゴメンナサイ。自分は、駄目でした。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
かつーーん2018/12/19に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
白哉見るたび残念な気持ちになった
確認済みの購入
内容はよかったと思います!!

ただ白哉がなんか違う、
登場するたびに考えさせられた。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
fs2019/01/06に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
コスプレ映画
確認済みの購入
コスプレ感が凄いです。特に白夜が酷い。
CGは良かった!
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/12/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
うーん。
確認済みの購入
キャストに無理があったような。でも 福士蒼汰はかっこよかった。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示