通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス) ペーパーバック – 2006/8/4

5つ星のうち 2.8 69件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 421
¥ 421 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • BLEACH 23 (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • BLEACH 22 (ジャンプ・コミックス)
  • +
  • BLEACH 24 (ジャンプ・コミックス)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

A blend of Six Sense and Buffy the Vampire Slayer. A normal 15-year-old who could see ghosts met the "Goddess of Death" together they went on an adventure to rid of demons and evil spirits of the afterlife. Also an anime. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 188ページ
  • 出版社: 集英社 (2006/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088741404
  • ISBN-13: 978-4088741406
  • 発売日: 2006/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 69件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 211,184位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
現世に舞台が戻ってから面白さが半減していたけど、この巻でそれがさらに強まった感がある。

戦闘に魅力がなくなり、逆に突然恋愛が前に出された。もはや作者が何を書きたいのかわからない。

まず、他の人も書いているように、強さの定義が曖昧になってしまった。

一角のことで、いかに卍解がすごいものか、そこまで辿り着くのにどれだけの苦労と努力が必要なのか、

卍解した一護の秘めた能力や、その成長率がいかにすごいかという、尸魂界編で強調された重大なものの一つが、これでなくなってしまった。

ここまでくると、他の面々も簡単に卍解を習得しそうな気がして、さらに面白さが減った。

また、一護その他のキャラや、たつき、破面によって殺された級友たちに対するフォローはほとんどないのに

(級友にいたっては、死んだことさえ誰も口にしていない)、織姫と乱菊の恋愛相談は事細かに描かれている。

絵だけで見ても、そのシーンだけやけに力が入っている。少女漫画並みに恋愛色が入ってきた巻だった。

今後のBLEACHに一護と織姫の恋愛を望む人にはお勧めかもしれないけど、そうでない人には、矛盾点も多いため、つまらないと思う。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
本誌でここら辺り読んでいなかったけれど、想像以上に酷かった。
・不必要な描写が多い
 やたらと目立つ織姫の内面描写は結局本編で活かされなかった。加えて人物を掘り下げるための描写でなく、単に人気キャラと絡めて自分の気持ちを垂れ流しているだけ。
 特に「嫉妬」の所が、一護の友人で尚且つ意外に洞察力のある茶渡との治療中での遣り取りなら少しは分かる。何故親しくもない乱菊に?
 でも嫉妬やアイスより死んだ同級生たちを悼む気持ちは無いのか?
 死神は現世生活を満喫するのでなく、敵の後手に回った責任を感じて欲しかったし、ルキアは浦原に会いにいく展開を自分は読みたかった。

・1巻に一度? 下ネタ、エロネタ好きだな。
 ジャンプという低年齢の子供も読むこと、何より本筋にタッチしてないことから必要性を感じない。それより話を進めたり、掘り下げて欲しい。

・絵が見づらい
 一角の卍解シーンが特に。「ドン」の黒く大きな筆文字、見開き、武器の大きさ・形状の三重苦。一番の見所は武器を構える一角なんだからそこに焦点定めて見やすく描けなかったのだろうか?

 流石に本誌はもう読むの止めたけれど、読者だった者として言いたい。
 ゲームを出して副収入を得ている以上、自分の好きキ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
どこを読んでも描ききろうという気概がまったく感じられない。

今まで描いてきたキャライメージと、勢いのみをそのままながれで描いているだけで、ひとつの話を作り上げようという勢いが連載当初にくらべてまったくない。

キャラの些細な言動や住む世界から広がっていくような物語の興奮や、この先を想像してドキドキするようなイマジネーションが綺麗さっぱり消えてしまった。

この人が今一番やりたいことが漫画じゃなくなってしまったんだなあ、と思いました。がっかりです。

最後にひとつ。この人は織姫を通して理想の女を描いているんだろうか?ネチネチネチネチ描きすぎて、正直大変気持ち悪い。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
一角の卍解で、19巻で白哉が事細かに発言していた「卍解について」はその場の空気を盛り上げるためだけのものであったと認識する結果になり、非常に残念でした。そして主人公の一護がたった数日で卍解を会得したことさえもインパクトが薄くなってしまったような気がします。
尺魂界編までは腑に落ちない部分はあっても、自分の義を通すためだったり、誰かのために葛藤し、悩み、戦ったり・・という思いに溢れていたように感じましたが、今は【強い敵が登場】→【戦わなければ】という上辺の部分を感じ取るだけのような・・。しかも全体的に足並みは揃っておらず。連携という言葉はなさそう。しかしその中で、唯一表現豊かに描かれているキャラが。
それは織姫。下手をすれば主人公の一護よりも細やかに描かれているように受け止めました。彼女が嫌いということではないですが、その他のキャラの表現が乏しいので気持ちがついていかない・・。
最近になってようやく、1巻からずっと読み続けてきていながら最大のカンチガイをしていたのだと気づきました。一護とルキアがメインで物語が進行していく訳ではないんですね、ブリーチは。
個人的には現世が好きだったので、4巻で伏線が張られたと思っている7人がこれからどうなるのか・・不安です。(啓吾は片足つっこんできていますが)

嫌なら読まなければいい、という
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー